なぜ普通の石鹸では肌荒れするの?

スーパーやドラッグストアで売られて
いる固形の石鹸は昔から使われていて
価格も安いですよね。

しかし、普通の石鹸を使っている人は
少ないのではないでしょうか。

手洗いにはハンドドープ、
体にはボディソープ、
顔には洗顔石鹸というふうに用途に
よって使い分けている人が多いですよね。

普通の石鹸は安いけれど、泡立ちが悪
く、使いにくく、しかも肌に優しくな
というイメージがありますが、どう
してでしょうか。

普通の石鹸が肌に優しくなく、むしろ
肌荒れを起こしてしまうのは合成界面
活性剤や合成香料やエデト酸塩などが入っているから
です。
tmp.pdf

無添加と明記されているものでも、よ
くよく成分を見てみると、多かれ少な
かれ合成界面活性剤などが入っている
ものがたくさん市販されています。

こうした合成界面活性剤は肌にとって
どうして良くないのでしょうか。

合成界面活性剤は、肌のバリア機能を
破壊してしまう
からです。

泡立ちが良く、刺激が少なく、洗浄力
もあって、洗ったあとのつっぱり感や
キシミ、ごわつきがなく、むしろ洗い
上がりがしっとりとしますが、これが
合成界面活性剤のワナでもあります。

しっとりしている原因は、皮膚にまだ
合成界面活性剤の洗浄力が残っていて
水がなくても皮脂を洗い流しているか
らなのです。

合成界面活性剤フリーで香料なども入
っていない厳密な意味でもきちんと無
添加の石鹸であれば、すぐに洗い流せ
て、皮膚上に石鹸が残りません。

皮膚につっぱり感が残りますが、それ
は洗浄が良く出来ている証拠です。

逆に合成界面活性剤は、つっぱらず、
洗い上がりがしっとりしますよね。

このしっとり感が合成界面活性剤の
特徴なのです。

洗い流した後、時間が経ってもずっと
強い洗浄力が残しているので皮膚の乾
燥が進んでいき、角質層のセラミドな
どの天然保湿成分を破壊していきます。

だからバリア機能が低下し、肌荒れな
どの様々なトラブルを起こしてしまうのですね。

合成界面活性剤など無添加で
本物の保湿成分が含まれている優良な
洗顔料や石鹸でで肌に
優しいものを選ぶといいです。

例えば私が、今一番お気に入りなのは
2種類のくすみを消して美白して
潤いながら明るい肌になる二十年ほいっぷです。
体験→二十年ほいっぷの体験で色白肌になった

合成界面活性剤や合成香料など
無添加保湿成分にホエイを含むので潤います
予想以上に色白になったので
喜んでいますよ。
公式サイト→肌を輝かせる『二十年ほいっぷ』
nijyunenhoippuaetumei

*関連サイト*
無添加洗顔料で美肌の森

関連記事:

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved