カサカサで乾燥が酷い時も石鹸で洗顔したほうがいいの?

<質問>
カサカサで乾燥が酷い時も
石鹸で同じように洗顔してもいいのですか?
最近、なぜか肌がカサカサしています。

<回答>
カサカサで乾燥が酷い時は、
洗顔方法を迷いますよね。

普段使っている洗顔料が無添加で
優良な保湿できる石鹸であれば
普段と同じ石鹸で構いません。

その理由は、今までに乾燥以外に
大きなトラブルがなかったのであれば
使っていた石鹸が問題なのではなく、
保湿ケアに問題が生じている可能性も
あるからです。

むしろ、肌の調子が良くない時に、新
しい洗顔料に変えてしまう方が、トラ
ブルがあった際に何が原因でトラブル
が生じたのかがわからなくなってしま
います。

こういう場合は、洗顔後の保湿ケアを
普段使っているスキンケアアイテムで
良いので、時間をかけて行うほうが乾
燥を改善してくれます。

洗顔後に丁寧に保湿ケアをすると
いいです。
クリームや美容オイルなど手を温めて
から
優しく顔につけて伸ばすといいです。

朝だけ水洗顔にしてもいいとは
思いますが、その場合も保湿ケアは
しっかりしておくといいです。

私が乾燥時に必ず使う保湿アイテムは
ジオリーブオイルFです。

その他で人気なのはエミューオイルで
純度が高いエミューの雫です。
100%無添加で保湿力が高いです。
公式サイト→100%ナチュラルエミューオイル「エミューの雫」

そして乾燥しやすい季節は、
食べ物などにも注意してみてください。
乾燥の季節を乗り切る保湿ケア

ただし使っている石鹸が合成香料や
合成界面活性剤が入っている比較的
安価な石鹸である場合は、それらの
添加物が原因で乾燥を引き起こして
しまっている可能性があるので、
天然界面活性剤を使用している
無添加の石鹸に変えた方がいいです。

洗顔フォームなどのチューブタイプの
洗顔料も合成香料や合成界面活性剤が
多く含まれていますので、ずっと乾燥
肌が気になっていた
という人も、これ
を機会に無添加の石鹸へ変更すると
いいです。

普通の石鹸や、よく市販されている洗
顔フォームなどに含まれている合成界
面活性剤は、泡立ちがよく洗い上がり
もすっきりしますが、角質層の天然保
湿成分を破壊し、肌のバリア機能を
低下
させてしまいます。

ですから、バリア機能を低下しない
保湿効果もある無添加の石鹸を選べば
肌の潤いを破壊することがないので、
洗顔後の保湿ケアを丁寧にすれば
カサカサの乾燥肌を改善していくこ
とができます。

無添加の優良な石鹸はいろいろあります。

例えば、
カサカサでニキビができやすくて
角栓なども気になる場合は
ノンエー石鹸が向いています。
保湿しながらニキビを改善します。
レビュー→NonA石けんがニキビ肌に効果がある理由は?
有害物質も無添加なので安心です。

あるいは、
顔のくすみやシミやシワや毛穴の
開きなど改善したい
場合は
保湿効果もある無添加石鹸
二十年ほいっぷがぴったりです。
私も、毎日愛用中です。
アトピーでも乾燥肌でも
安心して使える無添加石鹸です。
泡立ちが良いです。
体験→二十年ほいっぷの体験!くすみが消えて色白になった!

いずれの場合も、洗顔後は十分に
保湿ケアをするといいです。

それでもカサカサが改善しない時や
保湿成分が浸透しない時は
肌のバリア機能が劣っているので
バリア機能の修復に役立つ
みんなの肌潤糖を洗顔後に使うと
カサカサや乾燥が改善しやすいです。
乾燥のかゆみも改善します。
アトピーや乾燥肌に特に向いています。
体験記事→みんなの肌潤糖でかゆみ改善と保湿体験

私も全身に愛用しています。
肌潤糖でマッサージケアをすると
その後に使うスキンケア商品の
肌への浸透がアップして
潤いがアップします。
公式サイト→みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)の強力保湿でアトピーケア

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved