ストレスでニキビや吹き出物が出来るのはなぜ?

ストレスでニキビや吹き出物が
出来るのはなぜでしょうか?
理由を調べていましたよ。

ストレスが強いと

皮膚内部の有棘層(ゆうきょくそう)の中の
ランゲルハンス細胞が減るので免疫力が弱ってしまって
少しの刺激でも肌トラブルになりやすいのです。

ランゲルハンス細胞は、主に免疫を司っています。
〜〜
ランゲルハンス細胞は皮膚免疫を司る
沢山のレセプター(受容体)を持っています。
外部から侵入する細菌やウイルス、化学物質、
かび、放射線、紫外線、温熱、寒冷等の刺激や、
皮膚内部の状況を常に脳へ伝達し皮膚の均衡を
保つセンサーの役目を担っているそうです。
〜Wikipediaより引用です。

ランゲルハンス細胞は皮膚バリアを保ちながら
外に抗原を取りに行くこともありますし
病原体の侵入があると免疫系細胞に警戒態勢をとらせたり
それだけでなく感染や炎症に対する皮膚の反応を弱めたりと
皮膚のバリア機能と密接な関係があるんですね。

このランゲルハンス細胞の数が
ストレスや紫外線や加齢などで数が減ってしまうのです。

そうなるとばい菌や異物などアレルゲンが
混入しやすくなるのでトラブル肌になりやすいです。

ニキビ肌、乾燥肌、アトピー肌、いずれの
トラブル肌もランゲルハンス細胞を
減らさないことが大事です。

紫外線予防は日焼け以外でも
ランゲルハンス細胞を減らすので大事です。

そしてストレスをためない工夫が大事ですね。
楽しいことを考えると肌も元気になります。

加齢もランゲルハンス細胞が減るので
若返りたいですよね^^
ストレスがたまると老化しやすいので
ストレスをためない工夫が一番大事だなと思います。

肌トラブル予防にランゲルハンス細胞を減らさないように
ストレスを回避して老化予防もしたいですね。

★ストレスがたまって熟睡できない時は、ストレスを解消に導いて寝付きを良くして疲労回復にもなる睡眠サプリメントの北の大地の夢しずくを飲むといいです。
レビュー北の大地の夢しずくの睡眠効果以外の効果

熟睡できてストレスも軽減すれば、ニキビや吹き出物もできにくくなります
公式サイト→北の大地の夢しずくで熟睡して疲労回復

関連記事:

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved