乾燥の季節を乗り切る保湿ケア

乾燥の季節を乗り切る保湿ケアについてです。

秋冬の乾燥シーズンは肌の保湿対策に
もっとも気を使う時期でもあります。

スキンケアを念入りにすることは
もちろんですが、毎日の食生活に
おいても保湿ケアにつながるように
工夫していくことが大切になってきます。

肌の保湿をサポートする栄養素は
ビタミンA・B群・C・Eです。

ビタミンAは新陳代謝を高め、乾燥を
防ぐ
効果があります。
不足すると肌が乾燥してしまうので
緑黄色野菜をたっぷり摂るようにしましょう。

ビタミンB群については特に
ビタミンB2が代謝を改善し、
肌ダメージを修復してくれます。
豚肉、レバーや大豆、卵、チーズや
ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれます。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けます
赤ピーマン、パセリ、芽キャベツ、
みかん、柿、ユズ、レモン、
イチゴ、ジャガイモなどに多く含まれます。
ローズヒップや柿の葉にも多いです。

ビタミンEは血行促進と抗酸化作用
大豆、ナッツ類、ごま、アボカドに
多く含まれています。
モロヘイヤ、だいこんの葉、かぼちゃ
等の野菜やうなぎ、イワシ、真鯛、
ぶり、たらこ等にも含まれているので
色々な食材から摂るようにします。

そしてネバネバ食材に含まれている
ムチンという成分も肌の保湿と
弾力性を保つ働きをするので要チェックです。
納豆、ヤマイモ、サトイモ、
ジュンサイ、オクラ、なめこ、昆布
ワカメなど、ネバネバしたり
ヌルヌルしている食材にムチンが
含まれています。
nattou

ムチンは体の細胞を若く保ち肌老化を
防ぐ
重要な役割を果たすものです。

加齢とともにムチン成分が減少して
体細胞の保水力が減り、みずみずしさがなくなります。

肌の保水力が低下すると肌表面には
乾燥によるちりめん状の小じわ
増加して肌の弾力性も失われていきます。

ですから、ムチン成分の多いものを
積極的に食べることも保湿ケアにつながるのです。

食事以外では、加湿器を利用したり
濡れたタオルを部屋に干すなど
湿度調整をして環境を整えましょう。

アロマディフューザーを利用している
人は肌を保湿して小じわなどを改善
してくれるフランキンセンスという
アロマ精油をチョイスするといいです。

保湿に効果が高いスキンケアでは、
みんなの肌潤糖が一番おすすめです。
洗顔後に使う砂糖スクラブです。

みんなの肌潤糖は、肌のバリア機能を修復するので
乾燥も改善できて潤ってきます。
乾燥のかゆみも改善します。
アトピーや乾燥肌に特に向いています。
体験記事→みんなの肌潤糖でかゆみ改善と保湿体験
私も愛用しています。
全身に使うので100gのお徳用を使っています。
感謝している強力な保湿スキンケアです。

肌潤糖でマッサージケアをすると
その後に使うスキンケア商品の
肌への浸透がアップして
潤いがアップします。

肌潤糖を薄めてローションみたいに
して美容液みたいに使って
美肌になった友人もいます。
公式サイト→みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)の強力保湿でアトピーケア

他には、30代以降の方で
さらに完璧に肌を乾燥から
守ってエイジレスな肌になりたい時は
バランシングゲルで保湿ケアが効果的です。

とくに乾燥肌で毛穴の開きやくすみ
たるみが気になる場合

バランシングゲルが向いています。
口コミ→バランシングゲルの口コミ

保湿成分のセラミドが3種類以上入り
ヒアルロン酸より保湿効果が高い
プロテオグリカンも含むバランシング
ゲルは、肌のバリア機能を修復して
潤う肌に導いてくれるので、
乾燥シーズンをプルプル肌で乗り切れます。
公式サイト→【NATURAL ELEMENTS】バランシングゲル
*定期購入でお得に購入しても、
お肌に合わなかったら1回でやめられるので、
定期コースをお勧めします。

関連記事:

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved