二十年ほいっぷとよか石鹸の違いは?

くすみがとれると口コミで人気の
くすみ専用洗顔の二十年ほいっぷと、
ニキビや毛穴に良いと評判の
然(しかり)よか石けんの
違いは一体何なのでしょうか
また、どちらが毛穴ケアに良いのでしょうか。


二十年ほいっぷとよか石鹸の特徴は?

二十年ほいっぷの特徴は、
しわ•シミが気になってきた方
くすみが気になる方
そして毛穴が目立っている方
向いている石鹸です。

石鹸を泡立てた時の泡のキメ細かさに
こだわりがあり、肌のキメに入り込んで
取り除きにくい汚れまですっきり落としてくれます。

2種類のくすみを解消して
キメが細かい明るい肌にするのが
特徴です。
sengan

メインの成分はホエイです。
いわゆるヨーグルトの上澄み液が
このホエイなのですが、ホエイが汚れを
落とし、保湿効果を高めてくれます

また、プラセンタエキスや、
ヒトオリゴペプチド−1、
コエンザイムQ10、
セラミドも含まれていますから
保湿や美白効果も期待できます。
レビュー→くすみ専用の洗顔石けんの二十年ほいっぷの体験

一方、長寿の里の然(しかり)石鹸の特徴は、
毛穴の黒ずみが気になる方や繰り返す
ニキビ肌の方にぴったりです。

成分を見てみると、
メインの成分は火山灰シラスです。

火山灰の天然ミネラル分が
毛穴の奥まで入り込み、
汚れを吸着してくれます。

また、炎症を抑える効果のある
グリチルリチン酸と美肌効果のある
アロエエキス、ローヤルゼリーエキス、
コラーゲンが配合されている洗顔石鹸です。
だからニキビや毛穴の黒ずみ改善効果
期待できる石鹸です。
レビュー→然(しかり)よか石けんで毛穴の黒ずみ改善

二十年ほいっぷとよか石鹸の違いは?

では、毛穴ケアに向くのは
どっちでしょうか?

どちらがより毛穴ケアに向くのかと
いうより、毛穴の開きが気になるか、
毛穴の黒ずみが気になるかで
選択が変わってきます。

二十年ほいっぷと長寿の里の然(しかり)よか石鹸は
毛穴ケアでも、かなり違いがあります。

二十年ほいっぷはシミ、しわ、くすみ
毛穴の開きが気になる
20代後半から30代以降の方に、
おすすめの洗顔なのです。
毛穴の開きを目立たなくして
明るいキメが細かい肌に導きます。
公式サイト→肌を輝かせる『二十年ほいっぷ』

一方、然(しかり)よか石鹸は、
毛穴の黒ずみに対応していて、配合
成分にグリチルリチン酸があること
からもニキビケアにも対応している
石鹸だということがわかります。

よか石鹸は、10代〜20代前半の
思春期ニキビ世代の方や
毛穴の黒ずみが気になる方に
おすすめの洗顔なのです。
角栓の改善にも効果があります。
公式サイト→桜島の火山灰から生まれた『自然派洗顔石けん』

自分の毛穴の状態を観察して
毛穴をどうケアしたいかで決めると良いですよ。

関連記事:

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved