潤い肌になる正しい洗顔方法


乾燥が気になる季節ですよね。

今回は、潤い肌になるための正しい
洗顔方法をご紹介します。

まずはクレンジングです。
メイクをしたときは、肌にメイクが
残らないようにクレンジングは絶対に
必要です。素早くしっかり落とせる
肌に良いクレンジングがおすすめです。

例えば肌に優しくしっかり落ちる
のはオラクル化粧品のメイク落としです。
クレンジング後も潤います
体験→オラクル化粧品のメイク落としの体験

時間をかけすぎると、皮脂をとりすぎ
てしまいますし、肌にクレンジングが
残ることで、乾燥の原因になってしま
いますので、力は入れずにささっと
1分以内に終わらせるのがコツです。

次に洗顔です。
洗顔は、泡を十分に泡立てて
泡でマッサージするようにクルクル
指の腹で小さな円を描くようにまわ
しながら洗うと、血行もよくなり、
肌に適度な刺激を与え、
リフトアップ効果も得られます。
このステップも長くても2分以内ですませましょう。

洗顔料や石鹸は無添加で肌に
優しいものを選ぶといいです。

私が、今一番お気に入りなのは
2種類のくすみを消して美白して
潤いながら明るい肌になる二十年ほいっぷです。
体験→二十年ほいっぷの体験で色白肌になった

そして、すすぎです。
水温には特に注意しましょう。目安は
25度〜30度くらいです。

熱すぎるお湯は、皮脂を洗い流してし
まい、乾燥肌の原因となりますので、
ぬるま湯か冷たすぎない水で
20回程度すすぎましょう

すすぎ過ぎると自然と出てくる必要な
水分や皮脂まで流してしまうので、
やり過ぎに注意しましょう。

また、目の周りや小鼻は洗顔料が残り
やすいので丁寧にすすぐのがコツ。

最後に、タオルの使い方です。
顔をゴシゴシ拭きとるのは厳禁です。

タオルは、あてるだけで十分です。
タオルを押しあてて、水気をそっと
押さえるような感じで使います。

あとは無添加で刺激が少ない
保湿力がある化粧水やクリーム
などでしっかり保湿ケアをすれば、
乾燥を防ぎ潤い肌へと近づきます。

トラブル肌でも安心な潤い肌になる
無添加化粧品の具体例は、こちらをどうぞ。
トラブル肌やニキビ肌に良い具体的な無添加化粧品は?

関連記事:

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved