角質の働きと厚い場合と薄い場合の弊害と角質ケア

角質の働きと厚い場合と薄い場合の
弊害と角質ケアについてです。

お肌にとって角質は
どんな働きをしているのでしょうか。

角質とは簡単に言うと、皮膚の
1番外側の薄い膜のようなもので
0.02ミリほどの薄い層です。
特に日本人は薄い人が多いです。

角質は外からの異物の進入を防いだり
体の中の水分が蒸発しすぎないように
防いでくれる働きをしているのです。

私たちが普段お肌のお手入れというのが、
角質層をきれいにすること

健康的な肌は28日周期で生まれ変わります。
古くなった角質がはがれ落ちるのが、
「ターンオーバー」です。

生活習慣が乱れている方のお肌は、
ターンオーバーが正常に行われずに
古く不要な角質が肌の中に溜まったままの
状態になるので、にきび、くすみ、ざらつき
乾燥などの肌トラブルを招きやすくなります。

古い角質は洗顔などでゴシゴシ洗わずに、
肌に優しい角質ケアできる洗顔料を使い
汚れを浮かして落とすようにしましょう。
そして、洗顔後はたっぷり
保湿することをお忘れなく

角質が生まれ変わることで、
肌が明るくなりハリや弾力が
回復して肌トラブルも防ぐことができます。

食事も大事です。
肌のターンオーバーを改善するには
ビタミンB郡やビタミンAや
ビタミンEが多い野菜をメインにして
良質な蛋白質や脂質、炭水化物と
バランスが良い食事が美肌には大切です。
yasai2

お肌は、食べたものから
創られています。

角質の厚い、薄いは個人差あるので
それによってお手入れの仕方も違います。

角質の薄い人は、
肌のバリア機能も弱いという状態です。
冬の低温や乾燥が皮膚への強い刺激となり、
赤みが出やすくなります。
敏感肌の方は、角質層が薄い方が多いです。

角質ケアとしては、
肌に水分をたっぷり与えてあげること。
角質層に水分が満たされていると、
肌のバリア機能もしっかりと保たれるので
肌荒れなどの皮膚トラブルも起こりにくくなります。

反対に、角質の厚い人は、
肌の奥まで化粧水などが
浸透しにくかったり
角質が固くなることで
ニキビが出来やすくなります。

肌に優しい角質ケアできる洗顔料などで
古い角質を落とし、肌に保湿成分を
浸透しやすいスキンケアを選んで
使うと良いです。

角質が薄い人でも厚い人でも
保湿しながら古い角質も
綺麗に落ちて角質層のくすみも解消
する石鹸が「二十年ほいっぷ」です。
体験→二十年ほいっぷの体験!くすみが消えて色白になった!

保湿力も強く2種類のくすみも消えて
顔も色白になって洗顔後肌がつっぱる
こともなく潤います。私も愛用中です。
公式サイト→肌を輝かせる『二十年ほいっぷ』

そして角質が薄いアトピーや
乾燥肌や敏感肌の人の
肌のバリア機能を改善して
しっかり保湿してくれるのが
洗顔後に使う強力な保湿ケアアイテムの
みんなの肌潤糖です。
体験記事→みんなの肌潤糖でアトピーも改善
私は全身に使うので
100gのお徳用を愛用しています。
特にカサカサにぴったりです。
カサカサでニキビの方にも良いです。
公式サイト→みんなの肌潤糖で強力保湿とバリア機能を修復ケア

hadajyuntouotouyou1

角質が固く厚くなっていて
ニキビが出来やすいタイプには
みんなの肌潤糖クリアの方がいいです。
レビュー→みんなの肌潤糖クリアでニキビケア
やはり角質まで浸透して保湿して
肌のバリア機能を改善して
しっかり保湿してニキビケアできます。
公式サイト→みんなの肌潤糖【クリア】で保湿しながらニキビケア

自分の肌質にあったタイプの肌潤糖で
洗顔後に優しくマッサージする
強力に保湿できて角質ケアできます。

そしてマッサージ後には
肌に優しい無添加の化粧水
クリームなどを使うといいです。
ニキビやトラブル肌にきく具体的な無添加化粧品は?

関連記事:

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved