肌が黄色いのも二十年ほいっぷで改善する理由

肌が黄色いのも二十年ほいっぷで改善する理由についてです。

日本人は、肌が黄色いと言われていますが、それは白人と比べてると黄色く見えるというだけで、生まれた時から黄色い色で生まれてくるわけではありません。

では、どうして肌が黄色いと悩む女性がとても多いのか。

その理由は、肌の色が黄色いということではなく、肌がくすみにより黄色く見えているというところにあります。

肌がくすむと、全体的にトーンダウンする印象がありますが、肌内部にある角質層のくすみが進行すると、肌全体の色は黄色く変色すると言われています。

角質層のくすみを引き起こす大きな原因は、乾燥です。

肌が乾燥している状態は、自然と防衛本能が働くようにできています。

肌内部の水分をどうにか維持しようという防衛本能が働き、角質層を故意に分厚くすることで、水分が逃げてしまわないように守ろうとします。
その結果、分厚くなった角質層は肌表面を黄色くみせてしまい、「黄くすみ」という現象を引き起こすのです。

この角質層のくすみを改善するのに役立つと言われているのが20年ほいっぷです。

この洗顔は、職人さんが20年かけて編み出した「直火釜練製法」という方法を用いることで成功した洗顔で、余分な汚れを落としながら潤いを守ってくれる画期的なくすみ専用洗顔です。

私も、顔だけでなく乳首やVIOラインやお尻や肘、膝など全身美白にも使って満足しています。
二十年ほいっぷの口コミ!くすみが消えて色白になった体験

最近肌が以前よりも黄色く見える。
ファンデーションがイエローよりになってきた。

もしも、このような症状で悩まれている方は、是非20年ホイップをお試しくださいね。
くすみを解消して明るい透明肌に導いてくれますよ。
詳しくは→肌を輝かせる『二十年ほいっぷ』

nijyunenhoippuaetumei

m

関連記事:

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved