歯を白くする方法

歯を白くする方法についてです。

<質問>
歯が黄ばんでいるのですが、
白くするためにはどうすればいいですか?

<回答>
歯が黄ばんでいる原因を取り除いて
歯を白くするケアをするといいです。

まず、歯を黄色くする(着色する)原因に
なる食べ物を食べたり飲んだときは
素早く歯磨きをするといいです。

歯を着色しやすい食べ物は、洋服などに
こぼすとシミになりやすい食材です。

例えば、コーヒー、紅茶、コーラ
ウーロン茶、赤ワイン、ソース、カレー
ケチャップ、チョコレート
ブルーベリー、クランベリー等濃い色のベリー
人工着色料が入っている食べ物などは
歯が黄色くなりやすいので
控えめにしたり、もし飲んだり食べたりしたら
すぐに歯磨きをするといいです。

イソジン(ポビドンヨード)のうがい薬も
歯が着色しやすいので注意しましょう。

タバコも、歯が黄色くなってヤニがつきます。
タバコは有害なので吸わないようにしましょう。

なおシュウ酸を含む食材は、
色がつきやすい食べ物や飲み物といっしょにとると
着色強化になるので注意しましょう。

シュウ酸を含む食材は
ほうれん草、大根、なす、トマト、タケノコ、
さつまいも、バナナ、ビール、コーヒー、紅茶、ココア、
チョコレート、ピーナッツ、緑茶などです。
単独でも着色しやすいものも多いですが
そうでないものもあるので
組み合わせに注意して食べたら、すぐに
歯磨き習慣にすると大丈夫です。

歯を白くすることばかりに気がいって
栄養素が足りなくなると困りますから
食べたらすぐ歯磨きするといいですね。

嗜好品のコーヒー、紅茶、コーラ、烏龍茶などは
歯を白くしたい場合は、回数を減らしたほうがいいです。

反対に歯が白くなりやすい食材の例を
書き出します。

パパイヤのパパイン酵素はタンパク質を分解して
歯の表面の汚れを落としてくれます。
セロリやごぼうの食物繊維が多い野菜は
歯もきれいにしやすいです。

パイナップルも歯についた汚れを落としやすいです。
チーズは歯を丈夫にするタンパク質やカルシウムや
リンが多いので歯に良いです。
ブロッコリーや人参は歯のエナメル質を丈夫にします。

食べ物だけでは、歯は白くならないので
ホワイトニング効果がある歯磨き等
使うとだんだん白くなりやすいです。
ha

重曹(食用)を歯ブラシにつけて
優しく磨くのも研磨作用があるので
歯を白くすると言われています。
磨きすぎると歯のエナメル質がとれるので要注意です。
私も重曹で歯磨きをしたことがありますが
口の中がシュワシュワしてちょっと苦手でした。

普通の歯磨きの場合も、ごしごし磨くと
研磨されすぎてエナメル質がとれてしまい
歯が弱ってしまって黄ばんだりしますから
優しくソフトに磨くようにしましょう。

なお、メイク時に肌の色を白くしすぎると
歯が黄色く見えやすいです。
少し濃いめの肌色だと歯が白く見えやすいです。
メイク時に鏡を見ながら肌色を調整してみるのも良いです。

確実に急いで真っ白にしたいときは
ホワイトニング専門の歯科
処置をしてもらうといいです。

そしてふだんからホワイトニング効果が高い商品を使って
自宅で白くしておくのも大事です。

ホワイトニング効果が高い!と口コミで人気なのが、薬用パールホワイトproEXプラスです。

継続で真っ白な歯も期待できますよ。
詳しくは↓


以上、自宅で歯のお手入れが簡単にできるホワイトニング商品です。

不自然に白い歯は、変な感じですが
自然に白い歯は、魅力的です。
日頃から意識して歯のお手入れもするといいです。

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved