ホットミルクの快眠効果とその他の効果は?


ホットミルクの快眠効果とその他の効果についてです。

<質問>
寝る前の水分補給は翌日むくむと聞いたので控えてたのですが、
ホットミルク(砂糖入り)を飲むと快眠できると聞き、数日間続けていたら、
むくむどころか体重が減っていました。ホットミルクには
快眠効果以外にどんな効果があるのか知りたいです。

<回答>
熟睡することで、成長ホルモンが
たくさん分泌されて、新陳代謝がよくなって
美肌効果や太りにくくなる二次効果が期待できます。

ホットミルクを飲んでむくまず痩せたというのは、
きっと熟睡できるようになったことで、
体の新陳代謝がよくなったからかもしれないですね。

ホットミルクの効果は、快眠効果が有名です。
冷たいミルクだと胃が冷えますから
あたためて飲むことがコツですね。
hotohitoiki

なお、ホットミルクに砂糖は入れなくても大丈夫です。
もし甘くしたいときはハチミツやメープルシロップや
てんさい糖のほうがお腹に優しいです。

私はホットミルクにカモミール(ハーブ)を入れて
寝る前に飲むことも多いです。
カモミールの作用もでて、リラックス効果と
鎮静効果が期待できます。

そして、ホットミルクの快眠効果以外の
効果としては、牛乳にはカルシウム分が多いので
交感神経の働きを緩和してイライラした気持ちが
落ち着きやすくなります。
牛乳のタンパク質は、鎮静効果があるので
心がリラックスできます。リラックス効果ですね。

他にも鉄やビタミンAやビタミンBも含まれます。
ビタミンBは、神経を静かにする作用があるので眠りやすくします。
牛乳は、ビタミンやミネラルが豊富なので
ホットミルクを飲むと美容効果も期待できす。

そして快眠効果に話を戻すと
牛乳には必須アミノ酸のトリプトファンが含まれるので
そこから休息成分のセロトニンが作られて、
その何割かは睡眠ホルモンのメラトニンになるので
熟睡できやすくなります。

トリプトファンを含むバナナと
牛乳を合わせても、快眠効果が期待できます。

なお、睡眠ホルモンのメラトニンの形で摂取しつづけると
体内でメラトニンを作りにくくなって依存してしまうので
眠れなくてもメラトニンを直接飲むのではなく
材料になるトリプトファンを含む食材やサプリメントを
飲むほうが健康的に自然な眠りになるのでおすすめです。

牛乳アレルギーがある方は、豆乳で
ホット豆乳にしてもいいです。
豆乳にもトリプトファンが含まれるからです。

以下にトリプトファンの含有量を書きます。
100g中に
牛乳は、42mg含有
豆乳 53mg含有
バナナは10mg含有です。
その他のトリプトファンを含む食材については
こちらWikipediaをどうぞ→Wikipediaトリプトファン

なお、トリプトファンを含む食材や
ホットミルクを飲んでも熟睡できない場合は
100%天然成分のこころの青汁マインドガードDX
試すといいです。熟睡できると口コミでも人気です。
口コミ記事→こころの青汁マインドガードDXの口コミ

毎日、ぐっすり熟睡できれば美肌にもダイエットにも
健康にも良いです。

自分にぴったりな快眠効果がある食材やサプリメントを選ぶといいです。
もちろん何でも1つに偏ると良くないです。
バランスが良い食事を心がけてくださいね。

関連記事:

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved