夏は脂性肌冬は乾燥肌の改善方法は?

季節で肌質は、変わりやすいですね。
夏は脂性肌冬は乾燥肌の改善方法についてです。
なお季節に関係ない乾燥肌でニキビ肌の改善方法も同じです。
参考にしてください。

<質問>
夏はすぐに顔が脂ぎるような肌質なんですが
冬になると乾燥がひどく化粧水、乳液を
きちんとしていてもすぐに乾燥で粉ふき肌になります
(口周りが)

夏も冬も 改善したいのですが改善策がわかりません
夏は、あぶらとり紙がかかせません
冬は、クリームがかかせません
どうしたらよいでしょうか。高校2年生です。

<回答>
夏も冬も改善策としては、
洗顔のしすぎやあぶらとり紙の使い過ぎや
クリームのつけ過ぎが原因の場合が多いので、
減らしてシンプルなお手入れに変えるといいです。

まず、あぶらとり紙を使いすぎると体が皮脂が足りないと
勘違いして、さらに皮脂の分泌を盛んにしてしまうので
顔がテカりやすく脂性肌になりやすいです。

あぶらとり紙は使わなくても良いくらいですが
気になる場合でも1日2枚くらいまでにしたほうがいいです。

あぶらとり紙の代わりに
ティッシュで軽くあぶらを抑えるのもいいです。
ごしごししないように注意しましょう。
皮膚が傷つくからです。

浮いたあぶらを優しくそっとティッシュで
おさえるだけくらいにするといいです。

無添加の化粧水をスプレーして水分補給してあげるのも
皮脂が出過ぎずにいいです。

そして洗顔のしすぎでも皮脂の分泌が増えますから
1日2回までにしましょう。泡で優しく洗います。
ごしごし洗わないようにしてください。

冬になると乾燥肌になるとのことですから
皮膚内の水分が不足していて皮脂が出すぎている
可能性も高いからです。

そして冬になると乾燥肌になるのは
たぶん、冬はクリームのつけすぎです。
クリームをつけすぎると、お肌が弱って
乾燥しやすくなります。

特に鉱物油が入っていたり化学合成物質が
多い質が悪いクリームだと肌あれや乾燥肌になるからです。

乾燥肌には水分補給が大事です。お肌の乾燥は水分不足で
起こっているからです。

水分補給には、無添加の化粧水などをたっぷり
使って皮膚に水分が十分に肌に吸収されて保湿できるようにします。
kesyousui
高校生でしたらお肌が若いので、しばらくすると
自分の皮脂が自然に出てくるようになるはずなので
それだけでも大丈夫だと思います。

ただ化粧水だけでは粉ふき肌になって大変という場合は
化粧水で水分補給したあとに100%無添加の美容オリーブオイル
100%無添加の馬油を薄く塗るといいです。
塗りすぎないことがコツです。
水分補給を十分にしたあとそれを保護する感じで
薄く伸ばして塗ると、効果的です。

あとは洗顔や食事なども注意したほうがいいです。
詳しくはこちらをどうぞ。
乾燥肌や顔の赤みの改善方法

高校生とのことなのでこちらの記事も参考にしてください。
高校生でも化粧水やクリームや馬油が必要?

<関連記事>
乾燥肌でニキビ肌のスキンケア方法

関連記事:

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved