強い日差しでも大丈夫な無添加の日焼け止めは?

<質問>
無香料・無着色なところと値段に惹かれて
今年の日焼け止めを買ったのですが、
あとからこちらのブログで調べてみたら、
紫外線吸収剤が入っていることがわかりました…。
もったいないのでこれは使い切ろうとは思っているのですが、
紫外線吸収剤が入っていても
日にあたる時はなにも塗らないよりはマシでしょうか?
また、日常使いで次買う時はこちらで
おすすめされているママバターの日焼け止めを
買おうと思っているのですが、
長時間強い日差しにあたる時は
強力な物じゃないと不安なので
SPF50でおすすめはありませんか?

<回答>
日差しが強い場合は、紫外線吸収剤が入っていても
何も塗らないよりは、良いです。

ただ、紫外線吸収剤入りの日焼け止めを
長期間使えば使うほど肌荒れしやすくなります。
ですから、早めにお肌に優しい無添加のクレンジング剤で
きれいに落として保湿を十分にしておくほうがいいです。
クレンジングに関してはこちらをどうぞ。
肌に良いクレンジングは?

紫外線を浴びすぎるのはお肌に良くないですが
紫外線吸収剤が入った強い日焼け止めも
使い続けるのはお肌に良くないからです。

次回からは、お肌に優しい無添加の
日焼け止めクリームを使うといいですね。
ママバターの日焼け止めは、日常にも
使うのにぴったりな日焼け止めです。

そしてSPF50の無添加をお探しとのことですが
長時間日差しに当たる場合も
SPF50である必要はないです。
SPFの意味はこちらの記事に詳しいですが
紫外線の種類と日焼け止めの指標
SPF1だと日焼け止め効果が20分続くと言う意味ですから
SPF50の場合は20分x50=1000分(=約16.67時間)になります。
しかし、紫外線を16時間も浴び続けるとは
考えにくいですからSPF50をつける意味は
ないと考えられます。

朝6時から夜7時まで外にいても
13時間だからです。
そして日差しが強いのは通常
朝10時から午後3時くらいまでです。

そしてSPF50でも汗をかいたり
触ったりしたら落ちますから
塗り直す必要があります。
もし塗り直す必要がないと書かれていたら
相当強い成分が含まれるので
お肌には良くないです。

ですからSPF50で強いのを使うより
SPF25くらいで20分×25=500分(=約8時間)くらいで
お肌に優しい無添加の日焼け止めを
途中で1回塗り直すほうが
結局は日焼けしにくいですし
肌荒れもしにくいです。

私の場合、普通はママバターは使わずエトヴォスの
ミネラルファンデーションのみ日焼け止め代わり
使ってお昼も塗り直しなしで大丈夫なのですが
夏や日差しが強い所に長時間いる場合には
この2種類を重ねて使っています。

使い方はSPF25でPA++で子供や敏感肌でも安心な
ママバターUVケアクリーム
塗ったあとに日常使っている
無添加でUVカット効果も
SPF30でPA++
エトヴォスのミネラルファンデーションをつけています。
ニキビ肌でも乾燥肌でも使えます。

作用も長時間持続しますし、自然にカバーできて
石鹸で洗えてお肌に優しいので気に入っています。
詳しくは、こちらをどうぞ。
体験記事→無添加ミネラルファンデーションでツヤ肌体験

そして途中でミネラルファンデーションを
1回つけ直すだけでいつも十分です。
夕方も日差しが強い場所の場合は
夕方にもう一度塗り直すこともあります。
さらにアウトドアで日差しが強い場所の時
紫外線対策の服や帽子やスカーフやグッズも活用しています。
日傘がさせるところでは日傘も使っています。

つまり、日差しがすごく強い場所でも
SPF50を使っていないです

SPF25でPA++の日常使いの
日焼け止め用のクリームを下地にして
SPF25でPA++の無添加のミネラルファンデを
重ねて使って、お昼にもう一度つけているだけです。

SPF50にこだわらなくていいです。
作用時間が違うだけで強くカバーするわけでは
ないからです。

それより紫外線吸収剤が無添加で
お肌に優しい石鹸で洗い落とせる
日焼け止めを使うほうがいいです。

そして日焼け止めをしっかり使った後は
綺麗に落として無添加でお肌に優しい
保湿スキンケアをしっかりすることが大事です。
日焼け後などトラブル肌等に良い無添加の化粧品の
具体例はこちらを参考にどうぞ。
トラブル肌に良い具体的な無添加化粧品は?

★関連記事★
日焼け止めは塗るタイプとスプレータイプどちら
*紫外線吸収剤について詳しい記事です。

窓ガラスからも紫外線?&クレンジングは?

顔の美白方法

顔以外の美白方法

関連記事:

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved