日焼けしやすい妊娠中・授乳中のUV対策

日焼けしやすい妊娠中・授乳中のUV対策についてです。

妊娠中は、肌のかゆみや乾燥、皮膚の黒ずみなどの肌トラブルに悩まされることが多くなります。

なぜ妊娠中に肌トラブルが多くなるかというと、その大きな理由はホルモンバランスの変化です。

妊娠すると黄体ホルモンが盛んに分泌されるようになり、その影響で肌荒れやメラニン色素の沈着などを引き起こすと考えられています。

つまり、妊娠中は紫外線を浴びた時に造られる「メラニン」が過剰に反応しやすくなっている状態というわけで、普段よりも日焼けしやすくなっているのです。

妊娠を境に敏感肌や乾燥肌になり、中には産後も体質が変化したままの人もいますので、あとで慌てないためにもこの時期は肌のお手入れもしっかりとしておきましょう。

授乳中も妊娠中と同様に女性ホルモンの分泌量は通常時と異なりますので、日焼けしやすい状態にありますし、肌トラブルにも要注意です。

とくに、もともと敏感肌の人はこの時期に紫外線に当たると真っ赤に反応して炎症を起こしやすいので注意しなければなりません。

日常生活における、たとえば洗濯物干しなどのちょっとした短い時間でも紫外線対策を忘れないようにします。

日焼け止めももちろん使うのですが、薄手の長袖カーディガンやパーカーなどを利用したり、外出時には日傘や帽子、アームカバーやストールなどを上手に取り入れていくのもおすすめです。

最近は洋服やアームカバー、ストールなどもUVカット機能を備えたものが多く取り揃えられているので、ぜひ有効活用しましょう。

そして日焼け防止の定番である日焼け止めですが、妊娠中や授乳期は日焼け止めを選ぶ際に「紫外線吸収剤」が無添加のものを選ぶようにするのがよいようです。

紫外線吸収剤は肌への刺激が強いので、これが無添加の日焼け止めを使うことで、日焼け止めが原因で起こる肌荒れなどを避けることが出来ます。

日焼けにはサンバーン(炎症して赤くヒリヒリする日焼け)とサンタン(皮膚が黒くなる日焼け)があります。

サンバーンは症状が派手なので日焼けしたことをすぐに認識できるのですが、肌の表皮だけでなく奥の真皮層にまで届いてじわじわとダメージを与えて皮膚を黒くしていくサンタンの原因の紫外線UVA波にはとくに注意をしましょう。

その時はそれほど日焼けしているようには見えないのに、いつのまにかダメージが蓄積されていき、気付いたら元の肌の色の戻すのに数年はかかってしまうほど黒くなっていたということもあります。

日焼けによるシミもUVA波が原因で、何年もかけて肌表面に現れたりしますので、妊娠中や授乳期にはとくにケアを怠らないようにしましょう。

とはいえ、あまり神経質になってしまうとストレスになってお腹の赤ちゃんにもよくないので、数年後の美白美肌を思い描きながらUVケア、スキンケアを楽しんでくださいね。

例えば、花の香りで癒されながら美白ケアをできるのはオラクル化粧品です。

妊娠中・授乳中の敏感になっている肌でも安心して使えて、保湿・美白効果には定評があるのでおすすめです。
公式サイト→まずは一週間!『オラクル トライアルキット』

また、紫外線吸収剤が無添加で石鹸で洗い流せる日焼け止めはSPF25・PA++のママバターUVケアクリームです。

日常の紫外線対策には申し分ありませんし赤ちゃんにも使えるのがポイントです。
化粧下地にも使えて便利です。
公式サイト→ママバター UVケアクリーム

そしてエトヴォスの無添加ミネラルファンデーションSPF30でPA++なので日焼け止めになりますし、長時間、肌を自然に綺麗にカバーしてくれます。

ニキビ肌でも乾燥肌でも使えますし、妊娠中・授乳中の敏感肌にも安心して使えてとても重宝しますよ。
私は、日焼け止めの代わりとしても愛用しています。
ぴたっと密着、毛穴カバー!新感覚のミネラルファンデ

関連記事:

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved