ピンキープラスは、40代のバストアップにも良いという噂は本当?

ピンキープラスは、40代のバストアップにも良いという噂は本当?

「最近胸が小さくなった?」と夫に言われてしまいました。

私は若い頃はDカップ、最大でEカップだったこともあります。

しかし40歳を過ぎたあたりから、小さくなると言うより萎んできた印象。

ハリもなく垂れてしまっています。

そのせいか、以前のブラジャーをつけるとスカスカ。

BやAカップ用のブラでも間に合ってしまうほどです。

母乳で垂れて縮んだ胸で悩んでいたら・・

私は30代後半で子供を2人生んでいて、下の子はつい最近まで母乳で育てていました

ですから赤ちゃんに母乳を与えた反動で、一時的に萎んでしまった可能性も考えたのですが、卒乳しても膨らみが戻ってくる気配がありません

いつまで経っても胸が変わらないので、夫も気になっているようです。

私に面と向かって小さい胸が嫌だとまでは言いませんが、一緒に外出した時に、若くて胸も大きい女性に目が行ってしまうのを何度か見かけています。

妻としてはやっぱり夫にとって自分が1番でありたいと思ってしまうので、どうしてもモヤモヤしてしまいます。

浮気したわけではないのですから、そこは寛容になるべきですよね。

また私の胸が小さくなったことも一因なので、文句を言って逆に指摘されるのも嫌だなと感じます。

1番の解決策は私の胸をもとに戻すことなのですが、豊胸手術以外で戻す方法はあるのでしょうか?

正直手術に踏み切るほどとは思っていないので、ほかに方法があるなら試したいと思っています。

そんな時、姉から「ピンキープラス(pinky plus)」というサプリが良いという話を聞きました。

バストアップサプリとして、もともとAカップの人がCになるなど、効果も高いようです。

ユーザーは20代の若い子が中心のようですが、姉も含め、私のように40代近い人や50代でも利用しているとか。
ピンキープラスは50代のバストアップにも良い?

1度小さくなった胸でも戻せるのか、詳細をチェックしてみることにしました。

「ピンキープラス」で女性ホルモンをサポート

そもそも胸が大きくならない理由の1つに、女性ホルモンの不足や乱れが挙げられます。

女性ホルモンはその名の通り、女性としての体を維持するために役立つ成分です。

不足してしまえば女性体型を保つのも困難になってしまうんです。

また量は備わっていても、怠惰な生活を送るなどしてバランスが乱れてしまえば結果は少ない場合と同じ。

つまりバストアップのためには、女性ホルモンがたっぷりの量で、きちんと作用していることが求められます。

ところが生活が健康的でも、年齢に応じて減少してしまうのもまた女性ホルモンの特徴。

そのため、私のようにある程度年齢を経た女性の場合は、体内で作り出すだけでなく、外からの摂取も重要となるんです。

ピンキープラスの場合はまず、ブラックコホシュというハーブの抽出物に目をつけました。

ブラックコホシュには植物性エストロゲン(フィトエストロゲン)が含まれています。

エストロゲンというのは女性ホルモンの1種であり、それに近い成分ということ。

摂取すると、体内で女性ホルモンと同じ働きを担ってくれるんです。

物質名はイソフラボンで、大豆などに含まれている成分としても知られています。

副作用とブラックコホシュ

ブラックコホシュにはホルモンバランスの調整という効果もあるため、万が一通常よりも女性ホルモンが増えてしまった場合、減らそうと努めてくれるんです。

バストアップに効果的な成分・素材はいくつかありますが、摂取量が多すぎると、かえって体調不良を起こす種類も多いですね。

しかしブラックコホシュならうっかり多く摂取してしまった時も、自身の調整作用で適量を見極めてくれます。

よほど大量摂取しない限りは、副作用などの懸念もないそうです。

ただし、ブラックコホシュでも肝臓が弱い人は要注意

こちらも摂り過ぎることが前提ですが、バランス調整される前に不調が出てしまうこともありますから、量は規定されている数値を守って使いましょう。

それでも気分が良くないなどの変化が出た場合は、量を減らしたり一時的な中止をするなど、対処してください。

妊娠中や授乳中の方、子宮など女性特有の部位に病気を抱えている方も同様です。

お母さんが健康でも、赤ちゃんはまだ免疫力などが十分でないため、ブラックコホシュの効果が良くない方向に作用するかもしれません。

母乳のために大きくしたいと思う方は、妊娠前までに使っておくか、かかりつけの病院で相談をし、許可をもらえたら使ってください。

ブラックコホシュで女性特有の問題も解決?

また女性ホルモンを補うことは、女性にありがちなトラブルを回避することにも繋がります。

生理時の体調不良や生理そのものの遅れを防いだり、冷えや腰痛の負担軽減、また更年期に見られる症状の緩和も該当

私も年齢的には更年期目前なので、事前にある程度防ぐことが出来るなら助かります。

これらは植物性エストロゲンの効果に加え、ポリフェノールの1種であるタンニンや女性ホルモンを助けるトリテルペン配糖体、また免疫アップの効果を持つアルカロイドの働きもあるからです。

タンニンには美肌、トリテルペン配糖体は抗炎症や健康維持、アルカロイドは健康維持に良い作用を持っています。

アルカロイドは毒物のイメージも強いですが、中には薬となる成分も多く、ブラックコホシュに含まれるのも同じなんです。

バレリアンで安眠できる?

メインのブラックコホシュ以外にも、ピンキープラスには様々なハーブが含まれています。

まずカノコ草とも呼ばれるバレリアンは、不眠サポートに良い休息ハーブとして有名です。

バレリアン自身が眠りやすくするのをサポートしたり、筋肉の緊張を解きほぐしたり、ストレスを軽減させてくれるサポート効果も併せ持っていることから、より眠りやすい状態を引き出してくれるのでしょう。

首や肩のコリに悩んでいる方にもおすすめです。

使用した翌朝もスッキリ目覚めることができるので、安眠できるからいつまでも寝ていたいと感じることもなさそう。

また女性に関わることで言えば、生理痛の負担を軽くするサポートもしてくれます。

ほかにもビタミンやミネラルが含まれていて、栄養面でも充実したハーブです。

ちなみに厳密に言うと、バレリアンの効果は脳から分泌されるリラックス成分、GABAの活動を促すというもの。

バレリアンをハーブティなどで摂取するときは、GABAも外から一緒に取り入れるのもありかもしれませんね。

ブラックコホシュ同様、過剰摂取をしなければ副作用はありませんが、胃への負担を考慮して、弱い方や病気治療中の方は控えましょう。

ロディオラロゼアで活動的に

同じくストレス軽減サポートが期待できるのがロディオラロゼア

リラックスして休みやすい状態になるバレリアンとは逆に、運動能力をアップさせてくれるのが特徴です。

スタミナやエネルギーのアップを促す効果があります。

マカや高麗人参などと同じ種類の植物ですね。

ほかには抗酸化物質が豊富で、体内の余分な活性酸素の除去を行い、体を若々しく保つとも言われています。

若々しさも言い換えればエネルギッシュ、運動や容易な状態ですから、疲れやすい人に向いています。

活性酸素は肌荒れとも関係してくるので、取り除くことで美肌も期待できますね。

血流を健康にしてくれるヘンプオイル

ヘンプオイルは麻の実から抽出した油のこと。

麻というと大麻を連想してしまう方もいるかもしれませんが、麻薬などに用いられるのは葉の部分であり、実の部分は対象ではありません。

主な効果は巡り促進です。

生活習慣が元になる動脈硬化やコレステロール値の上昇を予防するサポートも期待できると言われています。

加えて代謝アップの効果もあるため、体内に溜まった老廃物を排泄しやすくしてくれます。

むくみなど、脂肪以外の理由で太っている方には嬉しい成分ですね。

また人間に必要な必須脂肪酸、リノレン酸を備えています。

油の中では最も含有量とバランスがよく、スプーン1杯ほどで1日に必要な分を補えるほどだとか。

加えて保湿に優れることから、化粧品に活用されていることも多いです。

ウコンを発酵させると良いことがある

最後の素材はウコンですが、生の状態ではなく発酵させたウコンが採用されています。

ウコンそのものもビタミンやミネラルなど栄養素に富んでいますが、醗酵させたウコンは含有量がさらにアップ。

ミネラルの場合、5、6倍ものアップがあるそうです。

普段の食生活で、栄養が偏っている人は満遍なく得られるのでぴったりですよ。

また、主に二日酔い対策として使われるイメージが強いのは、醗酵した後でも同じで、肝機能のアップを助けてくれます。

あるいはブラックコホシュのデメリットである、肝臓が弱い人への対策も兼ねているのかもしれませんね。

ほかにもお腹がスッキリしないことへのサポートや疲労ケアの効果も持っています。

お腹スッキリ作用はヘンプオイルと同じく代謝促進の効果の1つ。

しかし発酵ウコンの場合、必要な栄養素は吸収しやすくなるという効果も備わっているんです。

上記の成分など、必要なものは排泄せず、しっかり体内で効果を発揮してもらえるのが嬉しいですね。

ワイルドヤムエキス末もプラス

メイン成分でこそないものの、原材料一覧を見ると、ワイルドヤムも入っているのが分かります。

ワイルドヤムもまた、バストアップサプリで有名な植物の1つ。

女性ホルモンのうち、こちらはプロゲステロンの代わりとなるジオスゲニンという成分が特徴です。

全体のバランスを考えると、エストロゲンだけでなくプロゲステロンの調子も整えたほうが良いのは明らか。

女性ホルモン同様の効果を発揮するということで、こちらも生理や更年期の緩和に役立ちます。

またもう1つサポニンという成分も含まれていて、巡りアップやダイエットにも良いと言われています。

胸は大きく、でもお腹は細くという女性らしいボディ構築を助けてくれるんですね。

スペシャルコースなら初回ワンコイン

ピンキープラスを購入するときは、都度購入ではなく定期購入を検討したいところ。

スペシャルコースと名付けられた定期購入では、製品価格がわずかワンコイン。

消費税と送料が加算されても、1000円ちょっとでスタートできます。

さらに2回目以降も3000円ほどのコストで、定価の半額近い値段で続けられるんです。

ただしコスパを下げる代わりに、3ヶ月分の継続が条件。

ピンキープラスの場合は1袋が15日、約半月分なので、受け取り回数に換算すると6回ですね。

その間は解約できないのですが、継続することで効果を実感しやすくなるのであまり問題にはならないかと思います。

しっかり継続して美乳で綺麗なハリも出してバストアップしたいですね。

しかしどうしても1回分だけ試したいという方が居れば、都度購入の方が良いかもしれません。

ちなみにどの購入方法であっても、梱包は無地。

バストアップが目的であると周囲にバレにくいのもポイントです。

1日2粒で体調不良もなく簡単に飲める

錠剤は飲みにくさが原因で続けられなくなることもありますが、ピンキープラスなら2粒で済むのでその心配もないです。

またブラックコホシュの効果にもある通り、生理中やその前後で体調が悪化することもありませんでした。

むしろ、今まであったイライラや頭痛もなくなったぐらい

バスト以外の問題がなくなったので、気持ちもリフレッシュできていたように感じます。

そして肝心のバストですが、3ヶ月かかってCにまで戻すことができました。

女性ホルモン、かなり減っていたんでしょうかね。

しかもただ膨らんだだけじゃなくて、肌ツヤも良い感じ

サプリで全身に効果が及んだせいか、顔の肌質もなんだか綺麗に見えます。

小さくなったことを気にしていた夫は、今では私の胸をちらちら見てくるぐらいです。

ここ数年は買い物など、必要な時しか一緒に外出しなかったのに「子供を実家に預けて2人で旅行でもどうか?」って誘われちゃいました。

せっかくなのでOKして、恋人気分で楽しんでこようと思います。

まとめ

胸が小さくなってしまった人は、女性ホルモンの減少が理由かもしれません。

女性ホルモンをサポートしてくれる成分、植物性エストロゲンを素材としたサプリは多いですが、反面、プエラリアなど副作用が強いものもあるので、続けにくいと思う人もいるでしょう。

もし不安なら、ブラックコホシュがメインのピンキープラスがおすすめです。

副作用もなく良い変化が実感できますし、ただ大きいだけでなく、肌質も良いバストを作ってくれますよ。

ほかの素材の効果で、リラックス&リフレッシュした生活が過ごせるのも魅力です。

もう40代だからと諦めるのはちょっと待ってください。

ピンキープラスで、若い子に負けない胸を取り戻しましょう。

こちらの記事もどうぞ。
ピンキープラスはドラッグストア(薬局)でも市販?楽天・Amazon等どこの販売店が最安値?
pinkyplus

rs

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved