トリロジー cブースター トリートメントの口コミ!毛穴・シミ・たるみに効果?

トリロジー cブースター トリートメントの口コミで毛穴・シミ・たるみに効果があるのかチェックしました。

トリロジー cブースター トリートメントは、ビタミンC美容液です。

ビタミンCは様々な肌悩みによいといわれる一方で、弱点の多い成分としても知られています。

空気などによる酸化、水、熱などのデメリットによって、スキンケアとして手元に届くころには、せっかくの効果がなくなっているなんてこともあるそうです。

高額だったのに、使っても効果がないというのは損ですよね。

もしビタミンCの効果をきちんと得たいのであれば、トリロジー cブースター トリートメントが便利です。

トリロジー cブースター トリートメントは、ビタミンCの弱点の多さをカバーした美容液ゆえ、効果も期待しやすいと高評価です。
詳しくは→世界中で賞を獲得のオーガニックコスメ「トリロジー」公式サイト

今回は、トリロジー cブースター トリートメントがなぜ様々な肌悩みをケアできるのかをチェック。

口コミをもとに、ビタミンCが劣化しにくい理由やほかの成分などを探ってみました。

トリロジー cブースター トリートメントの口コミ!

最初に、トリロジー cブースター トリートメントを使っている方々の口コミを見てみました。

【著作権上や表現の問題等から、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

・シミケアやニキビケアを試しても、なかなか上手くいかなかったニキビあとがきれいになった。(30代女性)

・香りもよく使いやすい。周囲からの肌評判がよくなった。(20代女性)

・肌ケアがしっかりでき、気分も毎日上向きでいられる。(40代女性)

公式サイトから引用

・1週間ほどでも、シミに変化が感じられるので継続への期待も膨らむ。(40代女性)

・自分で作るタイプの美容液、かつ作ったら消費は早めにというスタンスなので、飽きっぽい私でも続けなきゃと忘れずに継続できる。(30代女性)

引用元https://www.cosme.net/product/product_id/10181963/reviews

トリロジー cブースター トリートメントはシミはもちろん、ニキビあとなど、ほかの色素沈着による肌トラブルにもメリットがあるようです。

完全に対処できるには時間がかかりそうですが、1週間と早いうちから変化は感じられるため、効果があるか半信半疑という方にも向いているかもしれませんね。

また自分で作るタイプというと手間がかかる印象もありますが、それが逆に、きちんとやらなければとプラスに働いている方もいました。

毛穴・シミ・ニキビあと、たるみ等が気になる人にビタミンc美容液のトリロジー cブースター トリートメントは人気と言えますね。
詳しくは↓

毛穴・シミ・たるみに効果の理由はビタミンC美容液だから?

トリロジー cブースター トリートメントは、トリートメントと名前がついていますが、ビタミンCをメインにした美容液です。

全体の6%をビタミンC、しかも純粋なピュアビタミンCで構成しています(成分表示などはアスコルビン酸表記)。

ビタミンCは抗酸化が期待でき、スキンケアにおいて万能と言われるだけあって、シミはもちろん、毛穴の悩みやたるみなどにも効果を発揮。

ほかにも肌の乾燥や荒れなどにも向いています。

ただビタミンCは、抗酸化という力を持っている割に、自身は酸化にとても弱いのがデメリット。

ほかのスキンケアでも、ビタミンC誘導体など、弱点を防ぐ形で含まれていることが多いです。

対しトリロジー cブースター トリートメントは、使用直前に完成させることで、空気を始めとした酸化の要因に関わりにくくさせているのが特徴。

新鮮な状態でビタミンCを肌に届けることで、酸化による効果の劣化を防ぎ、スキンケアを行いやすくしています。

トリロジー cブースター トリートメントの使い方のコツは

トリロジー cブースター トリートメントは化粧水の後に使うものなので、まずは洗顔と化粧水までステップを進めましょう。

トリロジー cブースター トリートメントを使う番になったら、初回は美容液を作るところから。

作るといっても、蓋内部に含まれるパウダーをボトルの中へ落として混ぜるだけ。

パウダーが完全に溶けるまで容器をよく振ったら、蓋を付属しているスポイト付きのものと交換しましょう。

ちなみに1回の目安はスポイトで3、4滴。

手に取って、顔や首などに満遍なく広げましょう。

その後、いつもの乳液やクリームなどを重ねて完了です。

トリロジー cブースター トリートメントを塗り広げる時、ゴシゴシと強くこすってしまいそうな方は、手のひら全体にトリロジー cブースター トリートメントを広げ、手でパックするように顔や首を抑えるのもおすすめ。

優しく使って、肌への負担を抑えるのも効果を感じやすくするコツです。

トリロジー cブースター トリートメントの全成分(原材料)から見た効果

トリロジー cブースター トリートメントは、ビタミンC以外にも様々な成分を含んでいます。

例えばデイジーフラワーエキス

主に肌のハリに役立ち、ハリを出すことによって肌の明るさや透明感も期待できる植物成分です。

植物成分では、ローズヒップオイルも含まれており、必須脂肪酸によって美肌に導いてくれます。

また口コミでもあった香りに関わるのがマンダリンオレンジピールエキスです。

マンダリンオレンジの果肉ではなく、皮の部分を採用しているのが特徴。

爽やかさがある香りで気持ちのリフレッシュをさせてくれると共に、肌のキメなど調子を整えるのが得意です。

美容成分では、保湿に役立つヒアルロン酸も含まれています。

小麦由来のヒアルロン酸で、潤いはもちろんエイジングケアとしての側面も持っています。

加えて、これら全ての成分が天然由来、なおかつオーガニック認証を受けているのもポイント。

品質や安全性にこだわる方にもトリロジー cブースター トリートメントは、おすすめです。
詳しくは→世界中で賞を獲得のオーガニックコスメ「トリロジー」公式サイト

トリロジー cブースター トリートメントでシミ美白の仕組み

トリロジー cブースター トリートメントによるシミケアは、ビタミンCとデイジーフラワーエキスが担当。

デイジーフラワーエキスは直接肌を白くするというより、肌にハリを取り戻させることで、光の反射などから透明感ある肌に見えやすくしてくれます。

ヒアルロン酸の潤いや、ローズヒップオイルで適度に油分も与えることで、シミの原因となる外からの刺激に対抗しやすくなるのも特徴です。

トリロジー cブースター トリートメントの毛穴ケアの仕組み

毛穴ケアはビタミンCやマンダリンオレンジピールエキスでの、肌の引き締めで行います。

キメ細やかで整った肌導く効果によって、たるんで広がった毛穴をキュっと引き締め、目立ちに対処。

毛穴そのものが引き締まることによって、黒ずみなど汚れが入り込むリスクも抑えてくれます。

トリロジー cブースター トリートメントでたるみケアの仕組み

たるみケアは、ビタミンCとデイジーフラワーエキスのハリアップ効果で対処。

またヒアルロン酸で潤いと共にエイジングケアも行うことにより、みずみずしい肌に近づけてくれます。

だからトリロジー cブースター トリートメントでたるみケアにも良いですね。

トリロジー cブースター トリートメントのメリットとデメリット対策

トリロジー cブースター トリートメントは、ビタミンCを始めとする成分によって、様々な肌ケアが期待できるのがメリット。

一方デメリットは、成分によるアレルギーと使う際の手間でしょうか。

自然由来にこだわっている分、成分の中にアレルギーとなるものが含まれていると、反応がより出やすいかもしれません。

当てはまる方は事前に原材料を改めて確認し、かかりつけ医に相談して許可をもらってください。

アレルギーが軽度だから大丈夫!という方も、パッチテストなどをして問題なく使えるかきちんと確かめましょう。

またトリロジー cブースター トリートメントは美容液として今のスキンケアにプラスするものなので、毎日のケアが1ステップ増えることになります。

パックなどのように時間のかかるケアではありませんが、今の時点でもスキンケアが面倒という方は、続けられるか今一度考えてみましょう。

あるいはトリロジー cブースター トリートメントで得られる効果と被るスキンケアがある場合は、そちらを一旦やめて、スキンケアにかかる時間を増やさないのも手です。

数日ならともかく、ずっと使い続けているのに変化がないアイテムなら、継続するよりやめた方が肌の為になります。

中身があるのに捨てるのはもったいないのであれば、ボディケア用に回してもよいでしょう。

妊娠中や授乳中も使える?

トリロジー cブースター トリートメントは10種類の無添加を実践しています。

除外されている主な添加物は、石油由来成分や合成香料、合成着色料、動物由来原料、パラベン、シリコン、アルコールなど。

石油由来成分や動物由来成分は、それらを含んでいる成分なら軒並み除外ということですから、実際はもっと多くの無添加と言えるかもしれませんね。

また成分のところでも触れましたが、全ての原材料が天然由来かつオーガニック認証を受けたものです。

それゆえ肌が過敏になりがちな、妊娠中や授乳中の方にもおすすめ。

ただ感じ方に個人差はあるので、悪阻がひどい時などは無理をせず、一旦休んで様子を見たり、かかりつけ医に相談して決めましょう。

男性の肌でも毛穴・シミ・たるみに効果?

男性が使えることも、トリロジー cブースター トリートメントの魅力。

ビタミンCはもちろん、ほかの成分も女性にしか効果がないものではないため、男性でも毛穴やシミといった肌トラブルが気になっているならおすすめです。

ただトリロジー cブースター トリートメントは単体で使うのではなく、普段使っているスキンケアに合わせるものです。

今特にケアしていないという男性は、別途化粧水などを用意してください。

敏感肌・アトピー肌やニキビ肌でもOK?

妊娠中のところでも触れたように、トリロジー cブースター トリートメントは無添加とオーガニック素材で作られた美容液です。

ゆえに敏感肌やアトピー、ニキビ肌の方でも使うことができます。

ただこちらも、刺激が気になるなど少しでも違和感を感じたら様子を見ましょう。

不安な方は、事前に腕などでパッチテストをしてみるのもおすすめです。

ドラッグストア(薬局)でも市販?

ところでトリロジー cブースター トリートメントは、どこでも買えるのでしょうか?

試しに近所のお店で確認してみましたが、ドラッグストアや薬局など、販売していそうな店舗での扱いはないようです。

トリロジー cブースター トリートメントはインターネット通販限定の商品みたいですね。

楽天・Amazon・ヤフーなど最安値でコスパが良いのはどこ?

一方インターネット通販では、楽天やAmazon、公式サイトなど様々な場所で確認できました。

しかしこれらのサイトでは、メーカー及び公認店かの確認を忘れずに。

メーカーや、メーカーが許可しているお店でない場合、品質の劣化や、最悪別の品物が届くこともあるからです。

ただぱっと見、公式サイトが1番お得なので、楽天やAmazonなどへのこだわりがなければ、公式サイトでの購入をおすすめします。

公式サイトであれば、定期コースで毎回1個のみ(およそ2週間分)なら初回は定価の10%オフ、毎回2個セットなら初回は定価の50%オフで購入することが可能です。

いずれも送料は常に無料

また2回目以降は個数に関わらず、定価の10%オフで継続することができます。

さらに継続が4回目以降になると、1個入りなら定価の15%と割引率がアップ。

2個セットなら20%オフでの継続となっています。

加えて3回目と6回目にはプレゼントが同梱。

その時によって内容は変わりますが、割引券などが含まれていることもあるため、次回の購入をよりお得にできる可能性もあります。

ちなみにトリロジー cブースター トリートメントの定期購入は、発送ペースの変更や一時的な休止にも対応。

うっかり使い忘れて余っている時は、妊娠中で一時的に肌に合わなくなったかも?と感じた時に活用しましょう。

解約ももちろん可能

定期コースを申し込んでいた場合でも、1回の利用のみで解約することもできるので、肌に合わず使えなかったら…と不安な方も申し込みやすいです。
詳しくは→世界中で賞を獲得のオーガニックコスメ「トリロジー」公式サイト

トリロジー cブースター トリートメントの口コミまとめ

トリロジー cブースター トリートメントは、普段のスキンケアに追加する美容液。

酸化に弱いビタミンCを含んでいますが、直前に混ぜ合わせて作ることによってデメリットを解消、鮮度の高い美容液として使うことができます。

ビタミンCの抗酸化を始め、成分の効果を得やすいため、シミはもちろん様々な肌悩みもケアしやすいです。

無添加やオーガニック認証など品質にも気を使っており、敏感肌や妊娠中の方のケアとしてもおすすめ。

トリロジー cブースター トリートメントで、毛穴・シミ・たるみなど長年の肌悩みをスッキリさせちゃいましょう。
詳しくは→世界中で賞を獲得のオーガニックコスメ「トリロジー」公式サイト