白髪染め煌髪(きらり)とくろめヘアカラートリートメントの違い

白髪染め煌髪(きらり)とくろめヘアカラートリートメントの違いを比較して選び方について書きました。

どちらもダメージヘアも元気になると口コミで人気ですね。

●まず、くろめヘアケアートリートメントからです。

くろめヘアケアートリートメントの最大の特徴は、他の白髪染めに比べて髪や地肌に優しく、刺激が少ないことです。

天然成分にこだわり、大分県産の「くろめ昆布」から抽出された成分が、
痛んだ髪を修復し元気にしてくれ髪の内側から保湿し、さらさらで艶のある美しい髪になれると口コミでも大人気!!

一回でしっかりと色が染まるわけではなく、何日か使用し続けることで白髪がだんだんと染まり、髪や地肌も傷めることなく健康的な髪へ導いてくれます^^

なので、くろめヘアケアートリートメントを選ぶなら、白髪がわりと少なめな方や、地肌や髪の痛みに悩んでいる方、白髪染めで毎回地肌がひりひりしてしまう方には向いているかと思います。

ツンとする匂いもないので、白髪染めしている感覚ではなく、風呂場でシャンプー後のトリートメントをしている感覚でできますね。

何年も白髪染めを使用し続けると、地肌や髪は痛んで当然・・・。
痛めば痛むほど白髪染めの染料が入りにくくなり、より染毛力の強い毛染めを求めてしまう。

地肌や髪が痛んでいると、それだけで老けて見えたりもするので悲しいですよね。
痛みやすい髪や地肌の方にぴったりです。
レビュー→無添加のくろめヘアカラートリートメントの効果とメリット
kuromeheakara

そして、白髪染め煌髪(きらり)についてです。

キラリも、同じく直接地肌に塗るタイプのヘアカラートリートメントとして、とても人気があります。

くろめヘアケアートリートメントと比べると、染毛力が強いです。

ですが使用方法はすごく簡単ですよ。

シャンプーする前の髪に直接、素手で塗り、時間を置いてからシャンプーします。
だから、お風呂場以外で毛染めができる手軽さが口コミでも人気です。

自宅でする白髪染めは、用意や後片付けが面倒ですよね。
なるべく手間はかけたくないですから。

きらりも天然成分配合ですし髪に優しいので、市販の毛染めや美容室の毛染めほど強い刺激は全くありません。

髪や地肌をいたわることができて白髪を染められハリやコシも生まれます

同じくらいの容量でお値段もほとんど変わりません。

私はアトピーで敏感肌ですが、しっかり染まってほしいと願ったので煌髪(きらり)を選びました。
パッチテストをしたら問題がなかったので安心して、使用中ですよ。
良い感じで簡単に染まって、髪が元気でサラサラになったので満足です。
体験→白髪染め煌髪(きらり)の効果と他との違いは?

白髪は個人差ありますし、染まり具合や痛み具合もそれぞれなので自分にあった白髪染めを探すことが大事かと思います。

敏感肌で全体的に薄毛がちで白髪は少しだけという方には、くろめヘアカラートリートメントが向いています。
やさしく艶染め「くろめヘアカラートリートメント」

<2015/11/1追記>
★煌髪(キラリ)は販売終了しました。

関連記事:

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved