NewコントロールジェルMeとコントロールジェルMeの違い

「コントロールジェルMe」は
保湿効果が高い天然植物成分がメインで出来ているため、
子供でも敏感肌の方でも安心してムダ毛を薄く細くして
ツルピカ肌に出来ると評判の抑毛ジェルです。

コントロールジェルMeは、
品質向上のために1〜2年に
1回の頻度でバージョンアップし、
常に進化を遂げていることでも有名ですよね。

最近8回目のバージョンアップがあり、
NewコントロールジェルMe」となりました。
お肌をつるピカに導く話題のムダ毛対策ジェル

容器の見た目が変わりましたよ。
DSC_0597

新バージョンは旧バージョンと
中身は何が変わったのでしょうか。
今回はその違いについてご説明しましょう。

まず、「従来のつるピカ成分」を増量しています。
そして「新つるピカ成分」
新配合しているということが違いです。
それだけではちょっとわかりにくいので
具体的な成分で解説しましょう。

従来から配合されている「つるピカ成分」として
大豆エキスとヒオウギエキスがありますが、
これに加えアマチャエキスが配合されました。
アマチャエキスは、消炎、保湿、
そして柔軟効果があり、肌を乾燥から守ります

「新つるぴか成分」として新たに加わったのは、
ウンカリアトメントサエキス(AC-11)
ペルベチアカナリクラタエキスです。

ウンカリアトメントサエキスは、
アマゾンに自生する蔓植物で、
「キャッツクロー」と呼ばれています。
原住民にはお茶として愛用されて来ましたが、
AC−11がDNAの修復や、
免疫力のUPをさせる働きがあると
研究で報告され、新世代の
アンチエイジング原料として
注目を浴びているものです。

ナティブ海藻エキスであるペルベチアカナリクラタエキスは、
優れた保湿効果のあるエキスです。
イソフラボンを含むので強い抗酸化作用と
アンチエイジング効果があります。
女性ホルモン様作用と老化防止ホルモンのDHEAに
類似しているのがナティブ海藻なのです。
その他にもアミノ酸、ペプチドを
豊富に含み、ハリやたるみ改善の素材として、
日本ではまだ知名度は低いのですが、
美容先進国のヨーロッパでは
美容液によく用いられている成分でもあります。

このように、保湿効果に加えて
アンチエイジングの効果にも定評のある
成分が新たに加わったのがNewバージョンというわけです。

ちなみに、使用感も少しバージョンアップしています。
旧バージョンよりも塗ったときに
サラサラするようなテクスチャーになっていますが、
塗った後はしっかり保湿され
しっとりした手触りになっています。

私も今使用中ですが
朝は、洗顔後にNewコントロールジェルMeだけでも
しっとり潤っています。顔のくすみも改善して
きている感じですよ。産毛も薄くなって
つるつるピカピカの肌を体感中です^^
顔の化粧水として使っています。
敏感肌でも大丈夫でしたよ。

★NewコントロールジェルMeも
保湿効果が高い天然ハーブがメイン
なおかつ抑毛効果が高いので
敏感肌や子供でも安心してムダ毛処理できます。
レビュー記事→NewコントロールジェルMeでムダ毛が消えてツルピカ美肌
だんだんムダ毛が薄く細くなってくれるので
ツルピカ美肌になります。
NewコントロールジェルMeになってさらに進化しています。
公式サイト→お肌をつるピカに導く話題のムダ毛対策ジェル

*豆乳ローションで効果がなかった方も
使う方が多いです。
脱毛サロンで半永久脱毛後の
産毛処理に使う方も多いです。

関連記事:

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved