メルラインは妊娠中や授乳中のニキビに使える?

メルライン(MELLINE)は妊娠中や授乳中のニキビに使えるでしょうか?

普段ニキビに縁のなかった人でも、妊娠中にニキビができることがあります。

これは妊娠を継続させるために、2つの女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)がさかんに分泌されるためです。

この二つの女性ホルモンのうち、特にプロゲステロンが皮脂の分泌に関わっていて、皮脂分泌が過剰になりニキビができやすくなります。

授乳中のニキビの原因は、主にストレスといえるでしょう。

昼夜問わず、母乳を赤ちゃんに与えるため、慢性的な睡眠不足にもなりがちです。

そのため、お肌のターンオーバーもうまくいかず、ニキビができやすくなってしまうのです。

このような妊娠中のニキビ、授乳中のニキビにもメルラインは使えます。

むしろ、病院で処方されるニキビ治療薬の方が、妊婦さんや授乳中の女性には影響が出る可能性があるので、化粧品にとどめておく方が安心です。

メルラインは、保湿成分中心なのもニキビ対策スキンケアの基本を押さえているので、安心して使える理由です。

成分はヒアルロン酸、水溶性コラーゲンを中心に、10種類の保湿成分配合で、無添加になっています。

顔のリフトアップ効果もあるので、授乳中に下ばかり向いて顔がたるむのも加齢でたるむのも改善してくれるのもメリットです。

メルラインは、あごやフェイスラインニキビのケアがメインですが、顔の他の部分ももちろん、首や背中や胸、お尻など全身のニキビケアにも使えます。
レビュー→メルラインの口コミと効果

妊娠中や授乳中は、薬を使うと赤ちゃんや母乳に影響が出る事が多いので、病院でもらったニキビ薬が家に残っていても安易に使わないようにし、メルラインなど基礎化粧品でのスキンケアを重視するようにしましょう。

きちんと洗顔&保湿ケアができていれば、ニキビは改善していきます。

メルラインは、保湿成分がリッチな分、さらにスキンケアでのニキビの改善を早めてくれるのでおすすめですよ。
MELLINE(メルライン)
melline

y

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved