ニキビからほくろに変わることもあるの?予防できる?

ニキビからほくろに変わることもあるの?予防できる?

私は自分が出産し、間近で新生児を見たときに、生まれたての赤ちゃんにほくろがないのを見てとても驚きました。

今考えるととても恥ずかしい話ですが、ほくろは生まれつきあるものだと思っていたからです。

しかし、大きくなるにつれてほくろはどんどん増えていきます。

なぜ生まれた時はほくろがなかったのに、時間が経つにつれてほくろが発生してしまうのか?

そんなことが気になってほくろのメカニズムについて調べてみると、ほくろはメラニン色素が皮膚の一部に集中して発生するものだと言うことを知りました。

つまり簡単に言ってしまうと、メラニン色素の集合体のようなものです。

主な原因はやはり紫外線で、紫外線を浴びることによりメラニン色素が増加して一部に集まりほくろとなるのです。

そして、ほくろについて調べている途中で意外な事実が発覚しました。

その事実とは、ニキビを放置しているとほくろのような状態になってしまうことがあるということです。

もちろんメカニズムから考えると、正しくはほくろではありません。

しかし見た目はほくろと同じような状態になっています。

ニキビがほくろのように変化してしまうのは、色素沈着を引き起こすからです。

ニキビはもともと肌の炎症により引き起こされていますから、この炎症が長引くことにより色素沈着を引き起こしやすい状態となります。

そして、色素沈着は黒ずんで見えることが多いため、見た目ではほくろと変わらないような状態を作り出してしまうのです。

では、ニキビから発生してしまうほくろのような状態を予防するためには、私たちは一体どのようなスキンケアを行っていけばよいのでしょうか。

まず1番大切なのは、ニキビを長引かせないことです。

ニキビを長期間放置してしまうとニキビ跡を引き起こしてしまったり、色素沈着を引き起こす可能性が非常に高いです。

ですから、できるだけ早くニキビを改善し、再発しないような予防対策を行うことが大切です。

肌に炎症を引き起こしニキビを発生させてしまう大きな原因は、肌の再生能力の衰えです。

私たちの肌はもともと一定周期で再生を繰り返しているため、この作業によって古い角質や老廃物を取り除き新しい皮膚を再生することができます。

しかし、この肌の再生能力は年齢を重ねるにつれてどんどん周期が長くなり、皮膚を再生するスピードは遅くなってしまいます。

つまり、ニキビを作らさないためには肌の再生能力であるターンオーバーを活性化させてあげることが大切です。

ターンオーバーは年齢を重ねるだけではなく、肌状態が悪くなると正常に行われなくなってしまうため、常に肌を健やかな状態に保つことが必要となってきます。

肌を健やかな状態に保つためにまず必要なのは、しっかりと潤いを与えて保湿してあげること。

そして、肌に負担のかかる成分は極力排除し、元気な状態に導いてあげることが大切です。

最近ではドラッグストアなどでもニキビケアアイテムが数多く販売されています。

しかしパッケージ等に騙されることなく、配合されている成分をしっかりと確認してから取り入れるようにして下さいね。

◆成分を見ても、どれがいいのかわからないと悩む方は、エクラシャルムを使ってみてください。

保湿成分も豊富でターンオーバーを活性化させてニキビやニキビ跡を目立たなくするのが、エクラシャルムだからです。

お肌に優しく保湿しながら、吹き出物(大人ニキビ)ができないようになる!と口コミでも人気です。
エクラシャルムの口コミ!ニキビ改善は本当?

エクラシャルムは、オールインワンなので、洗顔後に塗るだけでいいのも簡単でいいなと感じます。

エクラシャルム公式サイト↓
エクラシャルムでW保湿でニキビケア!

m+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved