産後薄毛と加齢薄毛の違いと改善方法

産後薄毛と加齢薄毛の違いと改善方法についてです。

産後の薄毛と加齢による薄毛や抜け毛。

これらの薄毛の原因は、似ている部分と異なる部分があり、改善方法も全く同じではありません。

では、どのように似ていてどのように違うのか。

この点についてわかりやすくご紹介していきますね。

まず、似ている点から話しますと、産後の薄毛は女性ホルモンの低下が大きく関連しています。

妊娠中は、妊娠を維持するために急激に体内で女性ホルモンが増えますが、産後は元の体に戻ろうと、逆に急激な勢いで女性ホルモンは低下します。

そして、この女性ホルモンの低下という点では、加齢にも同じことが言えます。

女性は、月経が止まる「閉経」が近くなると、女性ホルモンの分泌量が低下しますので、そのために薄毛や抜け毛を起こす人も少なくないからです。

次に異なる点です。

女性ホルモンが関連して起きる産後の薄毛・抜け毛に対して、加齢による薄毛や抜け毛は頭皮環境の劣化も原因として挙げられます。

長年積み重ねてきたカラーやパーマで頭皮はかなりダメージを受けており、そのため薄毛などの症状が起きているケースも少なくないのです。

これらの薄毛・抜け毛を改善する方法としては、男性向けの育毛剤ではなく女性の脱毛に特化した成分が配合されている女性専用の育毛剤を使用するのが大切です。

男性に比べると、商品自体の数がとても少ないのですが、最近では女性の薄毛が注目されていることから、女性専用育毛剤も随分と成分が向上して作られています。

例えば、産後薄毛でも加齢薄毛でも改善効果が高い!と最近人気の女性専用の育毛剤がベルタ育毛剤です。
ベルタ育毛剤で薄毛や抜け毛が改善する理由

女性で産後の薄毛や抜け毛、加齢の薄毛などで悩んでいる方は、是非試してみてくださいね。

ベルタ育毛剤公式サイト↓
ベルタ育毛剤


m

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved