加齢で薄毛の原因はコラーゲンが減ったせいなの?

加齢で薄毛の原因はコラーゲンが減ったせいなの?

現代人に急増する薄毛や抜け毛。

今まで、薄毛や抜け毛の原因はホルモンであったり遺伝であると思われてきました。

しかし、先日東京医科歯科大が驚きの研究データを発表し、薄毛の原因はコラーゲンの減少だというニュースが話題を集めました。

このニュースによると、

加齢により薄毛が起きる原因はタンパク質であるコラーゲンが減少し、育毛を促す「毛包」という器官が縮小するためだとされています。

東京医科歯科大は、以前から薄毛に対しての研究を行っており、マウスを使って臨床実験を行っていました。

このマウスにおいての実験によると、加齢により幹細胞のDNAに傷が残り、17型コラーゲンを分解して減少すると、毛包が小さくなっていることを確認したというものでした。

これは、マウスだけではなく人間の頭皮でも同じような仕組みが働いていると考えられており、50代〜70代の毛包は20代〜30代よりも小さく、17型コラーゲンの量も減少していたとされています。

そこで、この発表されたデータも踏まえた上で私たちにとって何が1番薄毛に効果的なのか検証してみると、ある商品の名前が浮かんできました。

その商品は、マイナチュレです。
マイナチュレ育毛剤の口コミ効果!女性薄毛改善で一番人気の理由は?

マイナチュレは、育毛剤とサプリメントがそれぞれ発売されていますが、一般の育毛剤に多い男性ホルモンに特化した成分ではなく、加齢からくる薄毛に対応し、タンパク質やアミノ酸を多く含んでいる事でも人気を集めています。

マイナチュレ育毛剤公式サイト↓
980円訴求バナー
無添加育毛剤マイナチュレ

今回の東京医科歯科大の研究発表データも考えると、今後は薄毛の治療法も大幅に変わってくるかもしれませんね。

m

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved