背中ニキビがかゆくて繰り返す!スキンケアと食べ物の注意は何?

背中ニキビがかゆくて繰り返す!スキンケアと食べ物の注意は何?

いつも鏡でチェックしているお肌の調子やファッション、スキンケアですが、鏡で見えない後ろ姿を気にしたことがありますか?

欧米では、後ろ姿にこそ非常に気を使っておしゃれを楽しんでいる方が多いとか。

背中が大きく開いたドレスや水着姿になったときに、自信を持って背中を見せられますか?

実は、見えない部分だから気付きにくい背中ニキビに悩んでいる方がとても多いそうです。

見えないので、気付いた時には痛みやかゆみが出て赤く腫れあがっている。

手が届きにくい部分なので、1人では薬を塗る事もできませんし、どの程度のニキビなのかを確認するのも一苦労。

結局そのまま放置して、また何度も繰り返してしまう。

中には、ニキビがとても大きくなって、炎症もひどくなり病院に行かなければならなくなってしまう場合もあるそうです。

本当に厄介なニキビですよね。

かきむしってニキビ跡になってしまう前に、背中ニキビの対策をしましょう!

背中ニキビの原因

背中ニキビで悩んでいる人が多いという事は、背中はニキビができやすい場所だと言えるでしょう。

でも、なぜ背中ニキビはできやすいのでしょうか?

改善策を知る前に、背中ニキビができてしまう原因を見ていきましょう。

実は背中は皮脂分泌量が多い

前述したように、顔は鏡で見られるものですから、皮脂が多く出ていればそれなりの対策をする方も多いでしょう。

背中はとても皮脂の分泌量が多い部分でもあります。

しかも、常に洋服や下着などで覆っている事が多いので、蒸れや擦れも発生します。

また、様々な理由で、通常でも皮脂が多くでる背中からさらに皮脂を過剰に分泌してしまう事があります。

代表的なものとしてストレスや食生活です。

人間は強いストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れます。

自律神経に交感神経と副交感神経と言うものがあると言うのはご存知の方も多いと思いますが、ストレスを強く感じると交感神経が優位に立ってしまう状態になります。

この交感神経が優位の状態になると、男性ホルモンを大量に分泌してしまうのです。

男性ホルモンと言うのは、皮脂の分泌を促進してしまう効果があると言われています。

過剰に分泌された皮脂は毛穴に溜まってしまい、古い角質や皮膚などと混ざり合い毛穴をふさいでしまう事になります。

毛穴が細く小さくなってしまうと、毛穴の中に角栓が詰まってしまうので、ニキビの原因になります。

顔のニキビも同じような理由で発生してしまう事がありますね。

ストレスはできるだけ、都度発散していくようにしましょう。

とても難しい事ではありますが、ストレスは体にも心にも大きな負担がかかるものです。

食生活の乱れ

炭水化物、糖分の多い食生活を送っていると血糖値が上がりやすくなります。

血糖値を下げるために【インシュリン】という成分が分泌されますが、この【インシュリン】は、男性ホルモンを刺激する役割も持っているため、皮脂を過剰に分泌することになります。

前述したように、ただでさえ皮脂分泌量の多い背中が、食生活の乱れでさらに過剰に皮脂を出してしまう場合もあるのです。

糖分や炭水化物の摂り過ぎは、ニキビだけでなく様々な体の不調や肥満の原因にもなります。

また、バランスの偏った食事や過度のダイエットなどで、必要な栄養素が不足するとニキビの原因を作ってしまう事もあります。

詳しくは食生活の改善の項でご紹介しますね。

マセラチア菌をご存知ですか?

マセラチア菌というのは、人間の皮膚に存在している常在菌です。

常在菌ですので、普段は悪さをするものではないのですが、このマセラチア菌は皮脂が大好物なのです。

白ニキビの中には、皮脂がたっぷりと詰まっている状態です。

この白ニキビの中にマセラチア菌が入り込んでしまうと、皮脂をエサにしてどんどん増殖してしまいます。

そして、増殖したマセラチア菌は中性脂肪(トリグリセリド)を【遊離脂肪酸】という刺激物に変えてしまいます。

結果的に内部が炎症を起こし、赤く大きなニキビへと成長してしまいます。

背中のすすぎ残し、気を付けていますか?

シャンプーを流したあとや、体を洗った際に背中を綺麗に洗い流していますか?

背中は見えづらい部分であるため、意外にシャンプーの泡やコンディショナー、ボディーソープのすすぎ残しが多い場所です。

シャンプーやボディーソープなどのすすぎ残しは、毛穴を詰めてしまう原因にもなります。

敏感肌の方の場合ですと、すすぎ残しが刺激になる事もあります。

お風呂で体を洗う際は、しっかりとすすぎ残しが無いか確認しましょう。

洗いすぎていませんか?

背中ニキビや汚れが気になるからと言って、過剰にゴシゴシと洗ってしまっていませんか?

洗顔も同じなのですが、皮膚は非常に薄いので、強い刺激を与えてしまうと守ろうとして皮脂を過剰に分泌してしまう事になります。

人間の皮脂膜の最適なペーハーは4〜6の弱酸性の状態です。

ペーハーのバランスが崩れてアルカリ性になってしまうと、細菌やカビの影響を受けやすくなると言われています。

通常、市販されている石鹸やシャンプーなどは皮膚をアルカリ性にしてしまう傾向にあるそうです。

本来皮膚は、アルカリ性になってしまった肌を弱酸性に回復させる能力を持っているのですが、洗いすぎや乾燥が酷くなってしまうと、皮膚を弱酸性に回復させる機能が低下してしまいます。

そうすると、皮膚の表面に常在菌の一種であるアクネ菌が増殖してしまいます。

アクネ菌は顔のニキビの原因で有名なので、ご存知の方も多いと思います。

敏感肌の方は尚更なのですが、出来るだけ柔らかいボディータオルを使用したり、刺激の少ない無添加の石鹸やボディーソープなどを使用してみましょう。

特に冬場などの乾燥が気になる時期は、過剰に洗いすぎないようにしてみましょう。

それだけで改善されると言う方もいるようです。

摩擦、汗、乾燥も

背中は基本的に、常に出している部分ではありません。

特に女性の場合は下着などで、摩擦が起きやすい状態にあります。

また、肌の乾燥は摩擦の影響を受けやすくなるとも言われています。

日常的に下着を外して生活するのは非常に難しい事ですので、できれば就寝時や休日などの家で過ごす時は、下着を外して生活するようにしてみましょう。

また、夏場などの汗をかきやすい時期は、汗を吸収乾燥してくれるインナーを着るなどして、できるだけ蒸れの少ない状態を作ることも大切です。

以上の原因が、主な背中ニキビの原因です。

あまりにも痛みが酷いニキビや、大きさが非常に大きいものなどは医療機関を受診しましょう。

背中ニキビを作らないスキンケア

では次に、背中ニキビを作らないためのスキンケアの方法を見ていきましょう。

普段、背中をしっかりとスキンケアされている方は少ないと思います。

しかし、背中の皮膚も乾燥するため、摩擦などの刺激を受けやすくなります。

ですので、日頃から保湿などのケアをすることがとても大切です。

また、かゆみや痛みを伴うニキビに刺激を与えてしまうと悪化してしまう可能性もあります。

まず、原因の部分でも少しお話ししましたが、背中を洗うときの注意点のおさらいです。

背中も優しく洗いましょう

ボディータオルやブラシなどで、ゴシゴシするととても気持ちいい部分ですが、背中ニキビ改善や予防の為には、できるだけ優しく洗いましょう。

既にニキビができてしまっている場合は、ニキビを傷つけて悪化させてしまう原因になりますので、普段よりもさらに優しく洗ってあげるようにしましょう。

赤ニキビは潰してしまうと、目立つ跡が残ってしまう事もありますので、細心の注意を払ってくださいね。

◆背中ニキビケアにも良い潤いキープの洗顔料は、NonA(ノンエー)です。

どんなタイプのニキビも、保湿しながらきれいな肌に導いてくれます。
詳しくは→NonA(ノンエー)石けんがニキビ肌に効果がある理由は?

背中のピーリング

そして、背中ニキビができていない場合に有効なスキンケアとして【ピーリング】と言うものがあります。

お顔のピーリングをされている方もいらっしゃると思いますが、それと同じで背中をピーリングします。

背中の角質が分厚くなって、毛穴が詰まりやすくなっている場合があります。

毛穴を詰めてしまうと、原因の項でお話ししたようにニキビを作る原因にもなります。

背中用のピーリング剤を使用して、皮膚を柔らかくしてあげるのも有効なスキンケアと言えます。

しかし!ピーリングはお顔同様にやり過ぎてしまうと、逆に皮膚にダメージを与えてしまう事があります。

使用頻度などは、しっかりと使用説明書を確認し、刺激が強いと感じた場合は使用頻度を減らしてください。

背中を掻かない

背中ニキビができてしまっているときは、その部分が痛かったりかゆかったりする場合があります。

特に大きなニキビになってしまうと、強いかゆみを伴う事があります。

背中のニキビを掻いてしまうと、ニキビを潰して跡になってしまう事もあります。

しかもそれだけではありません、指や爪についている汚れなどで、他の毛穴を刺激してしまい背中ニキビを増やしてしまう可能性もあるのです。

ニキビが増えてしまうと、かゆみの範囲も広がってしまいますし、掻いたあとは痛みを伴う事もあります。

掻いているときは気持ちいい・・・のですが、絶対に良いことがありませんので、ニキビ用の薬を塗ったり、保湿してあげると少しおさまりますので、我慢しましょう。

ニキビ用クリーム

ニキビ用のクリームでケアしてあげるのも良い方法だと言えます。

かゆみや痛みの軽減にもつながりますし、ニキビを保護する効果も期待できます。

ニキビ用クリームや薬などを使用する際は、必ず背中と手指を清潔にしてから行う事が大切です。

汗や皮脂、汚れがそのままの状態で使用しても、ニキビを悪化させてしまう事もありますので注意しましょう。

背中にも保湿を

しっかりと保湿してあげる事で、皮脂の過剰分泌を抑えたり、摩擦などの刺激の影響を受けづらくなるので、背中ニキビにお悩みの方は、背中もしっかりと保湿しましょう。

また、お肌の乾燥は外部からの刺激や雑菌をバリアする機能も低下させてしまいます。

お顔と同様に、お風呂上がりの清潔な状態で保湿します。

背中はお顔よりも、角質が厚いため保湿効果の高いものを選ぶのが良いでしょう。

なお、1人暮らしなので背中に保湿剤を塗るのが大変!と言う方は、保湿効果のある入浴剤を使うのもいいです。

お肌に優しく保湿効果が高い入浴剤は、みんなの肌潤風呂です。

スプレータイプのものを使用する、または清潔なスプレーボトルに移し替えて使用するなどの方法を取るのも手です。

また、バスタオルの上にサランラップを大きめに広げ、そこに保湿剤を添付し寝転ぶ方法もあります。

その際、絨毯や床に付着すると滑って怪我をする原因を作ってしまいますので、この方法を行う場合はバスタオルの外に保湿剤が漏れ出さないように注意しましょう。

保湿ケアにもなって背中ニキビ専用になっているクリームがジュエルレインnです。
バージョンアップしてさらに効果的になっています。

私も背中にも顔にも使いましたが、潤いながらニキビケアになってかゆみも軽減したので気に入っています。

詳しくは→ジュエルレインnと旧ジュエルレインの違い!どこが新しいの?

また、あまり暑すぎるお湯で入浴するとお肌の水分や皮脂を奪いすぎてしまう事があります。

38〜40度までのぬるめのお湯で入浴するようにしましょう。

食生活の改善

続いては、背中ニキビを作らないための食生活改善についてです。

食生活というのは、子供のころからずっと変わらないと言う方が多いので、改善するのはとても大変な事です。

また、極端な食事制限でのダイエットを行っている方も、栄養不足により背中ニキビが発生する可能性もあります。

食事の基本ですが、バランスの良い食事を心がけましょう。

原因の項でも少しお話ししましたが、炭水化物や糖分の摂り過ぎはインスリンの影響で男性ホルモンの働きを強めてしまう事があります。

では、どのような食べ物が背中ニキビ予防や改善に効果があるのかご紹介します。

ニキビ予防や改善に効果があると言われている栄養素は、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、ミネラルなどです。

これらの栄養素を多く含む食品は緑黄色野菜を含め非常にたくさんあります。

食生活を改善したい!と思う方はさらに調べてみてください。

なぜここに全て書かないの?かと言うと、食生活の改善は冒頭にお話ししたように簡単にできる事ではありません。

非常にたくさんある食材の中から、できるだけ自分が取り入れやすい、好きな食材を選んで食べていただきたいと思うからです。

そして、その食生活をできるだけ維持していく事が食生活改善のポイントにもなります。

筆者はダイエットのために、バランスの良い食事を摂るべく食生活改善を行いました。

結果的に二週間ほど継続すると、以前の暴飲暴食、糖分、脂質、炭水化物への異常な欲求は徐々に少なくなったという経験があります。

できるだけ無理のない範囲で、続けられそうな食材を選んでチャレンジしてみてくださいね。

また、しつこいようですが糖分、炭水化物、脂質の摂り過ぎはニキビを悪化させるだけでなく健康的にもあまり良くありませんので、摂り過ぎには注意しましょう。

◆背中ニキビケアにも良いサプリメントは何かないの?というと・・

背中だけでなく顔ニキビにも、肌荒れにも良いのがNonA.サプリメントです。

お肌にとって必要な栄養素がバランスよく配合されています。

栄養が偏りがちだと思う人は、飲んでみてください。

NonA.サプリメントで体の中からニキビケアできます。
詳しくは→Non A.サプリメントでニキビケア効果とその理由

まとめ

いかがでしたか?

美しい背中を手に入れて、背中の大きくあいた大胆なドレスや、水着を着こなしている姿を想像してみてください。

きっと、今まで悩んでいた背中ニキビから解放されることで、お肌の露出が増える時期がもっと楽しくなるはずですよ。

背中ニキビケアに実際に良かった人気アイテム3つ

上記記事で紹介した口コミでも人気の背中ニキビケアにも良い商品3つの公式サイトを以下に紹介します。

今の自分にとって必要なものを試してみてください。

◆石鹸で良かったのがニキビ専用石鹸のNonA(ノンエー)です。
NonA(ノンエー)公式サイト→薬用ニキビ専用洗顔石けん「NonA(ノンエー)」
nona-hikaku2

◆ピーリングと背中ニキビの保湿スキンケアで良かったのがジュエルレインnです。
ジュエルレインn公式サイト↓

◆体の内側からニキビケアに役立つ栄養を補給できるのがNon.Aサプリメントです。
Non.Aサプリメント公式サイト↓
Non.Aサプリメント

hour+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved