うふ肌ピーリングジェルはプラセンタ配合で敏感肌でも使えるって本当?


うふ肌ピーリングジェルはプラセンタ配合で敏感肌でも使えるって本当でしょうか?

アトピーで敏感肌の私でも安心できるピーリングジェルなのか?

噂や評判などから嘘がないのか、うふ肌について詳しく調べてみました。

古くなった角質の蓄積って厄介ですよね。

放っておけば老廃物が残った状態になるだけでなく、ニキビなどほかのトラブルも誘発させてしまいます。

角質がいつまでも落ない原因は、ターンオーバーの乱れとされますが、ターンオーバーを元に戻すためには生活習慣を見直す必要があります。

1日3食バランスよく食べ、たっぷりの睡眠時間を確保し、適度に運動をこなす。

仕事や家事、育児もあり、プライベートだって楽しみたい私たち現代人には、なかなか難しい話ですよね。

また30代40代と、年齢を重ねていけばターンオーバーにかかる時間も自然と伸びていきます。

50代以降になると、20代の頃の2倍になっている人もいるみたいです。

健康な状態でも角質が落ちにくくなるのであれば、ピーリングで人為的に落とそうと考えるのも無理ありません。

敏感肌とピーリング

ただそんなピーリングにも弱点があります。

それは敏感肌の人には、強すぎる刺激となってしまうこと。

ピーリングはフルーツ酸を含んだ専用のジェルなどで行いますが、敏感肌だと肌の負担になり、そこから別のトラブルが起こることも。

そんな敏感肌でも使えるピーリングジェルとしてうふ肌が今人気なのです。
詳しくは→うふ肌公式サイト

話を敏感肌に戻します。

また顔全体に古い角質が残っているならともかく、Tゾーンなど一部にしか存在しない場合に、顔全体をピーリングジェルで覆うと、新しい角質まで落としかねません。

角質は本来肌の保護のためのものですから、ピーリングで落としてしまうことでより肌が敏感になってしまいます。

ゆえに敏感肌の方はピーリングNG、根気強く生活態度を見直したり、スキンケアを変えるなどして地道に対策をするのが1番。

…なのですが、先ほども述べたように生活そのものを見直すには時間がかかりますし、既に習慣づいた行為を変えるのは大変です。

また年齢がある程度上の方の場合、それでも大した結果が得られない可能性も。

健康的な生活に意味が無いのではなく、若い頃に比べてターンオーバーが伸びているのが普通なので、ケアまでより長い時間を必要とすると言ったほうが良いでしょうか。

それゆえいつまでも対処できないと感じやすいです。

しかしもし、敏感肌の方でも使えるピーリングジェルがあるとしたらどうでしょう?

少なくとも、今蓄積している古い角質は取り除くことができますね。

それが先ほども出てきた、うふ肌ピーリングジェルなのです。

なぜ、うふ肌ピーリングジェルなら敏感肌にも良いのか、その秘密を見てみましょう。

先輩利用者からうふ肌の評価はいかほど?

まず手始めに、既にうふ肌ピーリングジェルを使っている人たちの評価を確認してみることに。

・うふ肌は、ポロポロ落ちてくるのが楽しく、終わったあとの肌がスベスベになるのもたまらない!

・疲れている時でも、使うと肌がきちんと整ってくれる。

・最初は効果無いと思ったけど、うふ肌を使った後に化粧水を塗布するとグングン吸い込んでくれる感じが気に入った。

メイクのノリがバッチリで、毎日のお化粧が楽しい。

・うふ肌のおかげで友人の前でも平気ですっぴんになれるようになった。

うふ肌公式サイトより引用
詳しくは→うふ肌公式サイト
【著作権上の問題により、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

うふ肌公式サイトゆえか、好意的な口コミが多いですね。

うふ肌ですっぴんでも自信が持てる結果だけでなく、角質の落としやすさや、普段使っているスキンケアやメイクにもプラスになるなど、ケア途中のメリットも感じられます。

ただほかのサイトなどを見ていると、うふ肌について必ずしも良い意見ばかりではありません。

公式サイトではないため実際の評価かどうかは不明ですが、肌がひりつく、ニキビがむしろ増えたなどの意見を目にしました。

こちらの記事も参考にどうぞ。
うふ肌の口コミ効果やコスパを評価!美白ピーリングジェルの噂は本当?

うふ肌の噂や悪い口コミ情報に嘘がないのか?どこまで本当なのか、改めて成分などをチェックしていきましょう。

うふ肌ピーリングジェルが敏感肌にもおすすめの理由

うふ肌ピーリングジェルは、医薬部外品の薬用ホワイトクリアジェルです。

ピーリングを行うことによって、ニキビ予防や乾燥によるくすみケア、毛穴や肌の黒ずみ対策、そしてシミやソバカスのケアが行えます。

角質の落とし方もほかのピーリング製品とは異なり、まずそもそもがケミカルピーリングではありません。

肌表面と溶かすやり方ではなく、ジェルが角質をまとめて絡め取るタイプ。

ケミカルピーリングの場合、使うことでポロポロ出てくるカスが角質じゃないケースもありますが、うふ肌ピーリングジェルでは、しっかり角質なんですね。

またうふ肌ピーリングジェルを使っても、角質を取りすぎないのも特徴。

毛羽立っている古い角質とは異なり、肌にしっかりくっついている新しい角質はジェルで取られにくいため、肌を過敏にする心配がありません。

さらにうふ肌ピーリングジェルは、5つの添加物を取り除いているのも特徴です。

対象となるのは合成着色料、防腐剤(パラペン)、石油系界面活性剤、鉱物油、そして紫外線吸収剤の5つ。

余計なものを配合していないのも、うふ肌が敏感肌に向いている理由です。

うふ肌公式サイトより引用
詳しくは→うふ肌公式サイト

【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

うふ肌は、美容成分で角質ケアと美白ケアを一緒に

うふ肌ピーリングジェルの主な成分は、プラセンタとアラントインの2つ。

うふ肌のプラセンタはアミノ酸や成長因子を多く含んでおり、ターンオーバーの調整に役立つ成分です。

メラニンが合成されるのを防ぐ役目も担っており、シミやソバカスケアにも、うふ肌がおすすめと言われる理由です。

ちなみにプラセンタの場合、もととなる動物がいますが、うふ肌ピーリングジェルの場合は豚のものを採用しています。

一方のうふ肌のアラントインは、抗炎症が期待できる成分です。

アラントインはニキビやニキビ跡に向いていますね。

また肌を調整してくれる効果もあるため、うふ肌ピーリングジェルを使った後のすべすべさ、きめ細かさが期待できます。

植物エキスで優しく肌ケア

ほかにも、うふ肌は、さくら葉や米ぬか、みかんの皮、海藻、アルピニアカツマダイの種子と言った植物エキスと、プルーン酵素の6種類を配合。

うふ肌のこれらの成分は、主にメラニンの生成を抑えるなど、美白面で貢献してくれます。

個別の成分の特徴も見てみました。

まず、うふ肌のさくらの葉はイソフラボンなどを含み、抗炎症や保湿におすすめ。

米ぬかはスキンケアで利用している人も多いと思いますが、ビタミンなど栄養が豊富です。

みかんの皮はポリフェノールが豊富で、UVケアに役立ってくれますよ。

海藻はミネラルやアミノ酸を含んでいて、保湿や肌の感触アップに貢献。

アルピニアカツマダイの種子は肌の調整が主な役目です。

最後のプルーンの酵素も米ぬかや海藻と同じで栄養面でのサポート。

こちらはミネラルが中心です。

うふ肌は天然成分で構成されているのも、敏感肌向けである理由の1つでしょう。

ただそれゆえに、各素材に対してアレルギーを持っている方のうふ肌の使用はおすすめできません。

仮にアレルギー反応が軽度であっても、どうしてもうふ肌を使いたいならかかりつけ医に伝えて、問題ないことを確認してからにしましょう。

うふ肌公式サイトより引用
詳しくは→うふ肌公式サイト

【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

うふ肌の利用は週に2~3回でOK

スキンケアは毎日行うものですが、うふ肌ピーリングジェルは1週間に2回もしくは3回行えば十分。

敏感肌に良いとは言え、うふ肌もピーリングなので、たくさん使ってもかえって肌に悪影響を及ぼす可能性が高いんです。

手順はまず、いつも通りクレンジングや洗顔を行いましょう。

ピーリングも洗顔に近い行為ですが、石鹸やメイク落としなどで落とせるものは、先に落としてしまいましょう。

そのほうがピーリングの効果も得やすくなるんです。

続いてうふ肌ピーリングジェルを手に取ります。

顔全体に使う場合は、1回あたり5~8プッシュが目安。

最初はうふ肌5プッシュで始めて、足りないなと思ったら適宜追加していくと効率良く利用できますよ。

優しくマッサージするように、ジェルを馴染ませていくと、ポロポロとカスが出てきますが、すぐに洗い流すのではなく、1分ほどそのまま待つのがコツ。

うふ肌ピーリングジェルには先述の通り肌に良い成分も含まれているので、余計なものを落としつつも、それらの成分を肌になじませるのがおすすめです。

その後、水で洗い流して終了です。

次に行うスキンケアも、いつも使っているもので構いません。

うふ肌は、顔だけでなく、首やデコルテ、手足などにも使えます。

ですから角質が溜まっているなと思ったらうふ肌ピーリングジェルを使ってケアしてあげましょう。

使用時に気をつけたいこと

うふ肌ピーリングジェルによるピーリング中の注意点は、まず1分待っている時にこすり続けないこと。

いくら敏感肌に良いとは言え、やりすぎは肌へのダメージとなってしまうので、成分の自然な浸透に任せてください。

うふ肌で肌がひりついたという低評価コメントは、もしかするとやりすぎが原因かもしれませんね。

またうふ肌が安心といえども目の付近への利用は避け、洗い流す際は水かぬるま湯で行いましょう。

目の周囲で角質が気になる場所があるとしても、無理をして目に入ってしまっては大変です。

うふ肌の成分を近くまで浸透させることでの成果に期待しましょう。

また熱湯では効果が出にくくなることもあるので、寒い日や水が苦手という人は、ぬるま湯程度に抑えてください。

ちなみにうふ肌でのピーリングは水分が多いと、ポロポロが出てきにくくなることもあるそう。

なので夜にうふ肌を使う場合でも、浴室ではなく上がってから使ってください。

気になるときは回数を減らしたりお休みをとって

敏感肌でも使えるうふ肌ピーリングジェルは、敏感になりやすい時期、すなわち妊娠中や授乳中、生理中でも使うことができます。

しかしこれらの時期は、敏感であるだけでなく、体調なども乱れやすい時期。

生理中以外は、お子さんにも影響がありますから、うふ肌を週に1回程度に減らしたり、お子さんが大きくなるまでは休止するのもありです。

そしてうふ肌の利用は、肌に異常がないことを確認した上で始めること。

怪我や病気などで、肌の状態が思わしくない時も、うふ肌の使用を控えてください。

またうふ肌を使っている最中に肌にかぶれやかゆみ、はれなどが現れたら、すぐに中止してください。

無理に、うふ肌を使うとかえって悪化する恐れもあるからです。

うふ肌の使用をストップしただけでは治まらない場合、我慢せず医療機関へ相談を。

うふ肌の最安値!初回は77%オフで利用可能

うふ肌ピーリングジェルは、メーカーの公式サイトから購入する場合に、定期購入を選択できます。

定期お試しコースという名前で、選ぶと初回は定価の77%オフで始められるのが魅力。

送料は発生しますが、2回目以降も30%オフで続けられるため、コスパは低いです。

うふ肌は、いつでも解約できる上、返金保証制度も利用できるため、損なく試すことができますよ。

また特典として、1週間分のうふ肌のサンプルもプレゼント。

うふ肌サンプルは、使いきりタイプなので、持ち運びにも便利です。

上記以外にも、うふ肌現品と詰替用がセットになった2ヶ月お試しコース、詰替用のみ1パック、2パックずつのコースなど購入方法の種類は豊富。

うふ肌もほかの製品と同じくボトルより詰替パックの方が安いので、今後も続ける場合はコースを切り替えるのもありですよ。

返金保証はサンプルの使い心地で判断?

さてうふ肌の返金保証制度ですが、いつでも申請できるわけではありません。

定期お試しコースの場合は、現品は未使用、特典であるサンプルサイズを使って判断するのが条件です。

ちなみに定期2ヶ月お試しコースは現品を使い、セットの詰め替えが未使用の場合に申請可能。

うふ肌をたくさん使ってから使い心地を見極めたいのであれば、2ヶ月コースの方が良いでしょう。

メーカーに返金を申請し、未開封の製品と明細、返金用振込用紙に記入して返送することで手続きが完了します。

あくまで購入金額分のみの返金であり、送料や振込手数料(返金時の手数料も含む)は差し引かれる点にも注意。

うふ肌の1ヶ月コースの場合もともとが安価なので、返金申請を行っても、戻ってくる金額が少ない可能性も考慮しておきましょう。
詳しくは→うふ肌公式サイト

ほかのお店でも、うふ肌を購入できる?

ちなみにうふ肌ピーリングジェルは、メーカーの公式サイト以外の場所では購入できません。

ドラッグストアや薬局はもとより、インターネットでもAmazonや楽天市場と言ったモールサイトでのうふ肌の販売は確認できませんでした。

うふ肌もオークションサイトやフリマサイトなどでは無いとも言い切れませんが、その場合はメーカー直営ではないため、金額が定額以上になっていることも多いので注意してください。

つまり、うふ肌は、公式サイトの定期購入が最安値でお得になります。

まとめ

ピーリングは角質を落とすのに便利ですが、肌が弱い方や使いすぎなど、制限も多いのがデメリット。

しかし角質を落とすためにはターンオーバーを整えなくてはいけないため、ほかの手段で対策を立てるのもまた、難しいと言えます。

もしどうしてもケアしきれないなら、敏感肌にも使いやすい、うふ肌ピーリングジェルを試してみましょう。

うふ肌は、天然素材や無添加など、弱っている肌にも優しい作りのジェルです。

ごわごわ肌には、さよならして、本来のツルスベ美白肌をうふ肌で取り戻してください。

⇩⇩お得なキャンペーン中の公式サイトはこちら
うふ肌
うふ肌公式サイト

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved