春の美白ケアのコツ

乾燥の強かった冬が終わり、いよいよ肌の調子が一番良くなる春がやってきます。

この時期に抜かりなく美白ケアをすると、夏に思わぬところで日焼けしてしまうような事態を防げます。

そこで、春の美白ケアのコツをご紹介します。

まず、紫外線のお話から。
紫外線というと、夏がピークのようですが、実は一年中降り注いでいますよね。

確かに冬場は紫外線量が少なくなりますから夏ほど日焼け止めなどの紫外線対策をする人は少ないです。

しかし、春はそろそろ紫外線対策強化のシーズンです。

3月頃から徐々に紫外線量が増加し、梅雨時期の6月は雨や雲に遮られ、いったん紫外線量が減るものの、9月まではUVAもUVBもガンガン降り注きます。

ですので、3月から夏本番と同程度の効果のある日焼け止めに切り替えていくのが美白ケアのコツです。

帽子や日傘も必須ですね。
bousitosyoujyo

ちなみに、1日の中でも紫外線量にはピークがあります。

朝8時頃から紫外線量が増加していき、10時〜14時がピークとなります。

何気なく朝からスッピンで洗濯物を干している場合は要注意ですよ。
しっかり日焼け対策をしてから家事もスタートしましょう。

★なお紫外線対策で長時間、肌をカバーしてくれるので私が助かっているのがhanaオーガニックのUVミルクです。
HANAオーガニックUVミルクでファンデーションが不要

春先の暖かい日差しをあびたら、シミ化する前にビタミンC誘導体配合の美白美容液などでケアして、マメにメラニンを排出させていきましょう。

ビタミンC誘導体で浸透しやすく美白効果も高いと人気なのがビーグレンのCセラムです。

Cセラムも含んだビーグレンの美白セットで強力に美白ケアできます。
実際に使ってみたらホクロの色が薄くなりましたよ。
ホワイトケア

また、冬の乾燥によって肌のバリア機能が衰えたままの人も多い時期です。

目元や頬、口元が粉っぽくカサついている人は、保湿ケアを念入りにすることで、肌バリアが強くなるので、紫外線からのダメージを防御する力がつきますよ。

肌のバリア機能を修復してしっかり保湿するには、洗顔後に「みんなの肌潤糖」でマッサージすると効果的です。
みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)の強力保湿

みんなの肌潤糖は100%自然素材の無添加で、赤ちゃんでも妊娠中でも授乳中でも安心して使えます。

*2017/2/6追記:
60秒で、しかもたった1回の使用で肌が白く変わる!と評判の美白クリームパックの
【薬用】MAYME WHITE 60(メイミーホワイト60)が今、人気です。
美白もこれで楽々です!
詳しくは↓
メイミーホワイト

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved