自律神経失調の症状と効果のサプリは何?

自律神経失調の症状と効果のサプリは何?

現代人に多い自律神経失調症。

自分は大丈夫と思っていても、自律神経は気がつかない間に乱れているものです。

実は、私自身も長い期間自律神経の乱れに苦しみ続けた1人です。

子供を出産してから、ホルモンバランスの乱れもあり、

いつのまにか自律神経が失調してしまい今まで感じたこともないような体の異変が起こりました。

そもそも、自律神経失調症と言うのは交感神経と副交感神経のバランスの乱れから生じます。

交感神経とは、興奮したり体が積極的に活動している状態に多く分泌されています。

一方で、副交感神経とは体が休息している状態に多く分泌されています。

イライラしやすい方や疲れやすい方は交感神経が常に優位に立っている可能性があります。

交感神経が優位に立ち、身体の緊張状態が続くと、今まで感じたことのないような異変が始まります。

身体的な症状としては、
片頭痛、体がいつもだるい、疲労感の持続、めまい、動悸、ほてり、眠れない、便秘気味、下痢しやすい、微熱が続く、耳鳴り、立ちくらみ、顔だけ汗、手汗など、手足しびれ感、口、喉の不快感、頻尿や残尿感、肩こり

心の方の症状では
あせり感、イライラ、憂鬱感、疎外感、不安、気分の変化が激しい・・などなど

様々な不快な状態を、大まかに自律神経失調症と呼んでいます。

ここまでみて、なんだか更年期障害の症状に似ていると思いませんでしたか?

なぜなら、更年期障害で、自律神経の乱れを引き起こしやすいので 自律神経失調症は更年期障害の代表的な症状として現れるからです。

普通の自律神経失調症は、人間関係や勤め先でのストレスや働きすぎや睡眠不足などで生活習慣の乱れなどから発病することが多いです。

しかし更年期障害が原因の自律神経失調症の場合は、女性ホルモンのバランスを崩した影響から出たものといえます。

更年期障害由来の場合は、女性ホルモンのバランスを整える薬が産婦人科で出たりします。

普通の自律神経失調症は、心療内科など受診すると、副交感神経を促すような薬が処方されたりします。

この薬は、精神安定剤なんて言うように呼ばれていますが、常用して長期間飲み続けると依存性も起こるので安易な服用はおすすめできません。

そこで、更年期障害由来でもそうでない普通の自律神経失調症でも、改善効果におすすめしたいのが、「白井田七。かめ」というサプリメントです。
白井田七。かめの口コミ!更年期障害改善効果の理由

めぐり成分であるサポニンが高麗人参の約7倍以上多く含まれているこのサプリメントは、体の元気の源でもあるアミノ酸を多く含んでいます。

アミノ酸には、ホルモンと密接な関係がある成分や休息成分が豊富に含まれていますので、副交感神経を活性化させることにも大いに役立ちます。

思い当たる症状があれば、ぜひこの機会に「白井田七。かめ」をお試しください。

公式サイト↓


m+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved