更年期障害改善になる生活習慣と注意したいこと

更年期障害改善になる生活習慣と注意したいこと

更年期障害というのは女性にとってとても身近な症状ですが、あまり発症せずに過ごせる人と、辛くて寝込んでしまう人もいます。

できることなら、辛い症状を発症させずになんとかやり過ごしたいものですが、一体どのように生活していれば、更年期障害のリスクを減らすことができるのでしょうか。

更年期障害と生活習慣についての注意点をご紹介します。

まず、更年期の女性にとってとても大切なのが、

・食生活
・睡眠
・運動

この3点です。

食事は、体を作るのに欠かせない栄養を取り入れる手段でもあるため、なるべくバランスよくビタミン・タンパク質・炭水化物と偏り無く摂取するのが理想的です。

特に、大豆を使用した食品は更年期障害の改善に効果があると言われていますので、毎日食卓に並べるように心がけましょう。

例えば納豆や豆腐や豆乳などを摂るといいですよ。
私も、毎日摂っています。
nattou

次に睡眠ですが、睡眠は時間ではなく時間帯が大切です。

例えば、夜中の2時〜朝の9時まで寝ているという方と、夜の10時〜朝の5時までという方では、睡眠時間が同じでも内容が大きく異なります。

成長ホルモンが多く分泌されると言われるPM10時〜AM2時までの時間帯までには寝付けるように心がけると、ホルモンバランスも安定してくると言われています。

なお、その時間に眠れなくても、寝て3時間くらいすると成長ホルモンは出てきますので5時間以上の睡眠時間の確保を最低でも心がけたいですね。
suimin

最後に、適度な運動を毎日心がけて下さい。

運動は、代謝を高めて血の巡りを良好にします。

散歩でもいいので自分が実践しやすい軽い運動を毎日続けてみてください。

私は散歩や買い物時に、ウォーキングを意識して大股で腕をふって歩くようにしています。
すると全身運動になって、体調が良くなっていますよ。

ストレスの発散にもなりますし、是非今日できることから始めてみてくださいね!

◆いろいろ注意してもなかなか改善しない更年期障害には、白井田七(しらいでんしち)をどうぞ。

薬用人参の中でサポニンの量が高麗人参の7倍!と口コミでも人気なのが白井田七(しらいでんしち)です。

美肌にもいいですし血液をサラサラにしてくれます。
更年期障害改善にもなるだけでなく、冷え性改善・貧血・糖尿病予防・高血圧改善など、生活習慣病も改善と評価も高いです。

より効果が高い薬用人参を試したい方は、チェックしてみてください。
公式サイト↓
更年期

m

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved