レバリズムの飲むタイミングは?レバリズム-Lの効果的な飲み方で飲み会も安心!

しじみサプリで人気のレバリズムの飲むタイミングはいつが良いでしょうか?

レバリズム-Lの効果的な飲み方で飲み会も安心できるのか確認しました!

サプリに効果を感じられない場合、飲み方を見直してみることで感じやすくなることがあります。

食前に飲んでいたものを食後にする、朝ではなく夜に飲むなど、方法は様々です。

目安量はあくまで1日分なので、1回の量は減らして複数回に分けて飲むなんて方法もおすすめ。

特にお酒の悩みや食べ過ぎ、偏りすぎを気にしている方に良いと人気のサプリ、レバリズム-Lも同じです。

薬ではないため、必ずしもコレというタイミングはなく、私たち利用者の自由に決めても良いのですが、せっかくならしっかり実感したいですよね。

今回はレバリズム-Lの飲むタイミングや飲み方を探ってみました。
先にお得になるレバリズム公式サイトを確認したい方はこちらをどうぞ。
詳しくはお得な公式サイト→レバリズム

ケアに役立っている成分などと併せて、初めて見た方はもちろん、既にレバリズム-Lを利用している方も今の飲み方を振り返ってみましょう。

レバリズム-Lの飲むタイミングは、いつ飲むべき?

疑問

レバリズム-Lはサプリであるため、基本的には飲むタイミングも利用者の自由です。

毎日続けてこそ効果を感じられるものなので、自分が絶対に忘れないタイミングを探すことがコツと言えるかもしれません。

対策例としては、ベッドサイドにおいておけば起床直後もしくは就寝前に飲める、食卓において食事の前後に飲むなど、パッケージを目に付きやすいところに置いておくケースが目立ちます。

しかし、できればよりしっかり成分を得たい、そう考えるならば、就寝直前か食後が特におすすめです。

食事の後や眠っている間は、成長ホルモンが分泌されやすい時期。

成長というのは子供が大人になるということだけではなく、細胞の生成や分裂、再生と言った行為も含まれます。

つまり肝臓や全身の元気を自ら取り戻そうというタイミング。

そこにレバリズム-Lを追加すれば、より変化も期待しやすいというわけですね。

特にタイミングにこだわらないようなら、食後か就寝直前のどちらか、あるいは両方で飲みましょう。

本当は運動した後も該当するのですが、レバリズム-Lによるケアには、だるい・やる気が出ないといったものも含まれるので、始めのうちは実行に移しにくいと思います。

運動後のレバリズムの飲用は、体が活発に動かしたくなった後で考えましょう。

ちなみに飲み物は水がベスト

お茶やジュースに頼る人は少ないとは思いますが、レバリズム-Lの成分をしっかり吸収するためにも、ほかに成分が含まれない水にしましょう。

特にアルコール対策で飲んでいるならば、水分をたっぷり得ること自体も肝臓ケアに繋がります。

レバリズム-Lは1度に全部飲む?分けて飲む?

レバリズム-Lは1日の目安量が3粒です。

つまり1度に3粒飲むか、1粒ずつ、あるいは1粒と2粒とで分けて飲むかが選べます。

配分もまた利用者の自由なのですが、目的に応じて選ぶのがおすすめです。

例えばお酒を飲む前や、ついつい食べ過ぎてしまった時は、3粒まとめて飲みましょう。

特に気になるタイミングで3粒分の成分をピンポイントに与え、対策するパターンです。

一方数回に分けてレバリズムを飲む場合のメリットは、効果の持続性にあります。

成分の量は1粒ないし2粒分ですが、1日に複数回の飲用タイミングがあるため、効果が途切れにくいと言えるんです。

お酒や飲食による負担はさほど大きくないけれど、1日中元気が出ない、悩まされてしまう人にはおすすめです。

ただ両方のメリットを得ようと、1日に4粒以上飲むのは良くありません。

例えば朝昼晩に2粒ずつの6粒飲めば効果も強く長続きするように見えますが、過剰摂取によって効果が高まるものではないんです。

反対に、飲み始めで徐々に慣らしたい、成分が体に合うかを確認したい場合は、レバリズムを1日1粒や2粒までと量を抑えてもOK。

問題ないと思えたらレバリズム3粒に戻して続けましょう。

レバリズム-Lを飲むとNGなタイミングはある?

説明

レバリズムはサプリなのでいつでも良いのは、間違いではありません。

しかし食前のみ、注意すべきタイミングと言えます。

食前は胃腸が空っぽであり、レバリズム-Lの成分を吸収しやすい反面、成分の強力さが負担となることも。

もともと胃腸が弱い方は影響を受ける可能性も高いので、できるだけ避けましょう。

また同じ理由で食事を抜いた日は、レバリズム-Lを飲むのは控えたほうが良いです。

食後に相当する時間帯になったとしても、胃腸が空っぽのままであることに変わりはありません。

どうしても飲みたい場合は、何か軽くつまんでお腹を満たしてからがおすすめ。

例えば卵スープなど液体メインで食べやすく、かつ固形もしっかり入っている食事が便利です。

アルコール対策としてレバリズム-Lを飲んでいる方は、お酒の直前をタイミングと設定している方も多いと思いますが、その場合も空腹状態は避けましょう。

コップ1杯くらいの多めの水で軽く何か食べた後に飲むとより安心ですね。

レバリズムを飲むことで、体も元気に健康維持できそうですね。
詳しくはお得な公式サイト→レバリズム

魚介類のアレルギーを持っている人は利用厳禁?

レバリズム-Lは天然素材で構成されており、過剰摂取など間違った飲み方にさえ気をつければ副作用もありません。

ただ天然素材だからこそ、アレルギーには注意が必要です。

特にレバリズムのメイン素材である、牡蠣、しじみ、スクワレン(アイザメ)に対してアレルギーを持っている方は、レバリズム-Lでの対策は避けたほうが良いでしょう。

アレルギー体質の人でどうしてもレバリズムを飲みたい場合は、かかりつけ医に相談し、問題ないことを確認してもらってください。

専門家からのOKがでないのに続けてしまえば、だるさや二日酔いが解消されても、アレルギー反応で悩むことになりかねません。

当てはまるかわからない場合も、かかりつけ医にチェックしてもらいましょう。

アレルギーに当てはまらない方は、レバリズムの利用OKです。

お子さんや妊娠中・授乳中の方も対象。

しかし妊娠中の場合は悪阻に影響しないか、また授乳中も含めて赤ちゃんへの影響がないとは言い切れませんので、不安なようならやはりかかりつけ医に相談してください。

また個別に処方箋をもらっている方も、薬の成分とレバリズム-Lとで相互作用を起こす可能性があります。

こちらも医師に確認を取るか、薬が不要になってから改めてレバリズム-Lを始めることをおすすめします。

レバリズム-Lの効果を感じやすい継続期間

レバリズム-Lを飲んでも悩みが解消されないという方は、とりあえず3ヶ月ほど様子を見てみましょう。

ほかのサプリや健康食品にも共通するのですが、トラブルケアになると銘打っていても、即効で対処してくれるとは限りません。

サプリとの相性には個人差があるため、二日酔い対策でお酒の直前に飲んだとしても、翌日の二日酔いに対して効果を発揮しないなんてことも。

人によってどの程度で変化が出るかは違うんです。

3ヶ月というのもあくまで多くの人の効果が出やすい時期というだけで、100%とは限りません。

もし3ヶ月で効果を感じられなかった場合も、もう少し続ければ感じられるようになる、なんてケースすらあります。

レバリズムの継続期間が短すぎるのに辞めるのはもったいないです。

健康診断の結果が気になる方におすすめのレバリズム-L

レバリズム-L

ご存知だとは思いますがレバリズム-Lは、主に肝臓のケアに役立つサプリです。

肝臓はアルコールを含めた飲食物の分解や、必要な栄養の合成、毒素など不要物を追い出すのが主な役目。

ゆえに肝臓の元気がないと、全身の疲れやすさに繋がったり、二日酔いがひどくなりやすいです。

レバリズム-Lは肝臓の働きを元に近づけることで、それらの悩みに対応してくれます。

肝臓だけでなく、全身を含めて健康診断の結果が気になる方や、付き合いなどでどうしてもお酒を飲む機会が増え、その分二日酔いに悩まされやすい方にぴったりなのがレバリズムです。

レバリズム-Lが効果を発揮する理由となっている原材料

レバリズム-Lには、先ほども書きましたがメインとして牡蠣としじみ、そしてスクワレンが入っています。

まず牡蠣は、亜鉛を多く含む食材です。

特に男性の活力をサポートしてくれると言われますが、女性にもおすすめ。

というのも肝臓はもちろん、骨や肌などにも存在する物質で、不足すればそれらの部位が脆くなるなど、様々な症状のきっけかにもなるからです。

また白血球などにあるタウリンを多く含んでいるのも牡蠣の特徴。

白血球にあることからもわかるように、毒素の分解や消毒などにタウリンは役立っています。

コレステロールの対処にもタウリンは使われており、中性脂肪など、肥満を気にしている方にもぴったりの素材です。

次のレバリズムのメイン成分のしじみは活力の素ともされ、特にオルニチンの含有量が多いです。

アミノ酸の一種ですが、タンパク質に変化することはなくエネルギーに利用しやすいのが魅力。

またアンモニアを尿素に変える働きから、アルコールの分解をサポートする力も持っています。

二日酔いにはしじみの味噌汁が良いなんて言われますが、それもオルニチンのおかげなんですね。

しじみにはオルニチンだけでなく、必須アミノ酸が9種類、またビタミンやミネラルなども数多く入っています。

3つ目のスクワレンは、深海に住むアイザメの肝油から取り出された素材。

スクワレン自体は人の体にもあるのですが、年齢を経るとともに減りがちなのがデメリットです。

そんなスクワレンは不飽和脂肪酸であり、酸素の生成と、全身に運んでくれる力があります。

水分から水素を取ることで酸素とし、体の末端までしっかり届けてくれるため、スクワレンが充実していることは毎日の活動には不可欠です。

肝臓においてもそれは同じで、スクワレンによってたっぷり酸素を届けることで、活動しやすい状況を取り戻すことができるんです。

またスクワレンは、スキンケアなどにも含まれることがあり、新陳代謝、ターンオーバーのケアにも役立ちます。

美容液として外から塗っても、サプリとして飲んでも効果が期待できるため、肌ケアを考えている女性にもおすすめです。

上記のメイン成分たちに加えてレバリズムは、シスチン、ビタミンB2、ビタミンE、またサフラワー油とミツロウ、グリセリン脂肪酸エステルを含みます。

サフラワー以降は、成分というよりカプセル状に固めるための素材ですね。

シスチンは美肌成分としても知られ、透明感ある肌など皮膚のケアに役立ちます。

ビタミンB2は皮膚はもとより、骨や髪の毛、爪など体の構成に欠かせません。

そしてビタミンEは抗酸化が可能で、体の各部位の劣化・老化を防いでくれるのが特徴。

肝臓の働きを鈍らせず、しっかり活動するのを助けてくれます。

ちなみにレバリズム-Lは、1日分3粒あたり8.2kcalほど

体重に影響するほどではないので安心ですが、ダイエットでカロリー計算をしている方は、レバリズム-Lの分も一応含めておきましょう。

レバリズム-Lの販売店!安くコスパもよく購入できるのはどこ?

公式サイト

レバリズム-Lは通販限定での販売ゆえ、ドラッグストアなどの店頭にはありません。

レバリズムの通販は楽天市場など、インターネット上にある複数のショッピングサイトなどが対象となっていますが、1番おすすめなのは公式サイトです。

レバリズムの公式サイトでは定期購入を選ぶことができ、無くなるたびに注文する手間が省けます。

さらに価格も都度購入より割引されており、初回のみ85%近い金額がオフ。

2回目以降も約33%オフで続けることが可能です。

楽天などのショップでも割引されているケースはありますが、公式サイトほどではない場合が多く、コスパを重視する方にはちょっと損。

おまけに公式サイトからの注文は、定期であっても解約が自由に行えます。

極端な話、都度購入のように1回だけ注文して、2回目から断ることすら可能です。

条件は、次回発送日の10日前までに、メーカーへ電話で連絡をいれることだけ。

解約連絡が手間という人以外には、デメリットもありません。

ですからレバリズム-Lの購入は公式サイトの定期が安くてコスパもよくお得です!
詳しくはお得な公式サイト→レバリズム

レバリズムの飲むタイミングは?まとめ

まとめ

レバリズム-Lは、主に食後や就寝前に飲むのがおすすめです。

ただ該当時間であっても、空腹だと胃腸への負担が大きいため、軽くても何かつまんでおきましょう。

可能なら運動も取り入れ、運動直後に飲むのも良いです。

もしこれらのタイミングで飲んでも効果を感じられない場合は、まだ効果が現れていないだけの可能性もあります。

すぐに辞めてしまうとあと数日で効果が出た、なんて可能性もあるため3ヶ月ほど継続して見極めてください。

レバリズム-Lを効果的に飲んで、断れない付き合いの飲み会や、毎日のやる気のなさにしっかり対処、イキイキした生活を送ってください。

詳しくはお得な公式サイト→レバリズム
レバリズム-L

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2019 美肌の森, All rights reserved