天使のベビーコラーゲンと旧スルスル天使の違い比較!どこがリニューアルしたの?

天使のベビーコラーゲンと旧スルスル天使の違い比較!どこがリニューアルしたの?

女性たちから絶大な支持を集めている天使のベビーコラーゲン。

天使のベビーコラーゲンは、「スルスル天使」がリニューアルされ、新しくなった商品になります。

スルスル天使から愛用している方も多いと思いますが、リニューアルされて一体どこが大きく変化したのかとても気になりますよね。

そこで今日は、天使のベビーコラーゲンとスルスル天使の違いについて徹底的に比較していきたいと思います。

まず表記されている成分の違いを見ていきましょう。

天使のベビーコラーゲンは、

卵殻膜粉末、コラーゲンペプチド、乳酸菌KT-11(殺菌)粉末、ゼラチン

このようになっています。

続いてスルスル天使を見てみると、

卵殻膜粉末、難消化性デキストリン、乳酸菌KT-11(殺菌)粉末、ゼラチン

以上の成分で作られていることがわかりました。

さて、見比べていただくとわかりますが大きな違いはコラーゲンペプチドにあります。

スルスル天使には、ベビーコラーゲンとベビー乳酸菌の2種類が配合されていました。

しかし天使のベビーコラーゲンには、これに加えてコラーゲントリペプチドが配合されているんです。

コラーゲントリペプチドって一体何?

今、このように思った方も多いのではないでしょうか。

コラーゲントリペプチドとは、これまでのコラーゲンとは違い、効率よくコラーゲンを補うことができます。

しかも驚くべきことに、皮膚や骨、軟骨、腱などコラーゲンに関連した組織を選んで取り込まれると言う画期的な性質があるのです。

また、体内で新しいコラーゲンやヒアルロン酸を作る能力も活性させたり、骨や腱を丈夫にするなどの様々な働きも続々と確認されています。

もともとコラーゲンの分子の構造を見てみると、3分のらせん構造からなるコラーゲン分子が、分解されるとペプチドになることがわかります。

コラーゲン分子と、分解されたペプチドは大きさが大きく異なります。

またペプチドはアミノ酸が10から200程度結合したもので、アミノ酸分子の大きさはコラーゲンの約3,000分の1と言われています。

つまり、小さければ小さいほど体内に効率よく取り込むことができるわけです。

スルスル天使には、このコラーゲントリペプチドが配合されていなかったので、以前から利用されていた方は天使のベビーコラーゲンにリニューアルされてから肌に対して良い変化を感じやすくなっていると思います。

口コミ効果も人気です。
天使のベビーコラーゲンの口コミ評価レビュー!スルスル天使から何がリニューアル?

スルスル天使も、以前から非常に人気の高い商品となっており、ベビー乳酸菌で腸内環境を整えながら、卵殻膜の効果で失われがちな3型コラーゲンを活性化してくれていました。

さらに、新しくなってコラーゲントリペプチドが配合されたことで、コラーゲンを効率よく補うことができるようになっています。

スルスル天使を利用されていた方はもちろん、天使のベビーコラーゲンから初めて利用する方も、ぜひ毎日継続して良い変化を感じてみてくださいね!

⇩⇩お得なキャンペーン中の公式サイトはこちら
天使のベビーコラーゲン
医師 日比野佐和子監修・美容サプリメント【天使のベビーコラーゲン】

rs

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved