ビキニライン(Vライン)の脱毛方法

ビキニライン(Vライン)の脱毛方法についてです。

水着を着る季節が近づくと
Vラインのお手入れ脱毛もしておきたいですね。
水着からムダ毛がはみだしていると恥ずかしいからです。

体のムダ毛を脱毛する方法はいろいろあります。
まず、自宅でできる方法からです。
カミソリや電気シェーバーで剃る方法
毛抜きやワックスで抜く方法
除毛クリームで処理する方法
豆乳ローションや抑毛ジェル等で処理する方法
家庭用脱毛器で処理する方法などです。

他には脱毛クリニックで永久脱毛する方法
脱毛サロン(脱毛エステ)で半永久脱毛する方法があります。
ただ10代の場合は、脱毛クリニックや脱毛サロンでは
脱毛しないほうがいいです。
体が成長しているところなので処置してもらっても
再び生えてきてムダになるからです。

上記の中でデリケートゾーンである
Vラインのムダ毛処理でも使える方法
カミソリや電動シェーバーで剃る方法
豆乳ローションや抑毛ジェル等で気長に処理する方法
家庭用脱毛器で脱毛する方法

20才以上なら
脱毛サロンでVライン脱毛してもらう方法
脱毛クリニックでVライン脱毛してもらう方法です。

毛抜きやワックス(特に油性ワックス)で抜く方法や
除毛クリームで処理する方法は
刺激が強すぎるので、炎症を起こしやすく
デリケートゾーンはかぶれやすいですから
使わないほうがいいです。
子供や敏感肌のムダ毛処理にも同じ理由で向いていないです。

*例外で肌が丈夫な方でかぶれにくい場合は
水性ワックスで自然素材を使った
ANGELICAのブラジリアンワックスは
比較的お肌に優しいので人気です。
定期的に処理する必要はあります。
公式サイト→ANGELICAのブラジリアンワックス

向いている方法のそれぞれのメリットと
デメリットを見ていきます。
1:顔用のカミソリや電動シェーバーで剃る方法
メリットは、手軽に自宅で可能なことです。
デメリットは、剃り方が荒いと見た目も汚くなりますし
肌に傷がついてかぶれやすいです。
対処方法は、毛の向きに逆らわずに上から下へ
カミソリの場合は無添加クリーム等を多めに塗って優しく剃ることです。
処理後は保湿剤を塗っておくことでかぶれにくいです。
カミソリより顔用の電気シェーバーのほうが
お肌に優しく剃ることができます。
どちらも処理しても、すぐに生えてきて
ちくちくしやすいのもデメリットです。

2:豆乳ローションや抑毛ジェルで処理する方法です。

メリットは毎日塗るだけで自然にウブ毛になるので
簡単お手入れです。なお、敏感肌で
かぶれやすい場合は豆乳ローションより
抑毛ジェルのコントロールジェルMeの方が
保湿効果も高いのでかぶれることなく
自然にウブ毛になるので良いです。
私は、コントロールジェルMeを使うのが
一番肌に優しいのでお気に入りです。

デメリットは、時間がかかるので
すぐに水着になるときに間に合わないです。

解決策として1の電動シェーバーで
処理した後に保湿剤の代わりにコントロールジェルMe
塗る習慣にすると気づかないうちに
剃る回数が減っていき、やがてウブ毛になってくれます。

敏感肌や10代のVラインのお手入れに向いています。
美白効果や保湿効果も高いので
次第にツルツルピカピカ肌になります。
公式サイト→お肌をつるピカに導く話題のムダ毛対策ジェル

レビュー記事→コントロールジェルMeの口コミ
豆乳ローションで効果がなかった方も
使う方が多いみたいです。

3:家庭用脱毛器で脱毛する方法です。
脱毛サロン並みのお手入れ
自宅で可能なことがメリットです。

全身の脱毛を手軽に実現できると人気です。
デメリットは、脱毛サロンに比べて
自己流になるのでムラが出やすいことです。
練習するうちに上手にできるようになります。

いろんな機種がありますが、最も
人気で評価が高いのは、ケノンです。
出た!エステ級フォト美顔★モデル並の透明つるスベ肌

友人が使っていてすごく助かっていると喜んでいました。
脱毛サロンに行く時間がない場合も便利です。
VラインだけでなくIOラインの脱毛も可能です。
レビュー記事→家庭用脱毛器のケノンでVIOライン脱毛も安心

4:脱毛クリニックで脱毛する方法です。
医療レーザーで永久脱毛が可能なので
処理後はずっとツルツルでキレイなのがメリットです。

デメリットは、処置する時に痛みがあることや高額なことや家の近くに上手な脱毛クリニックが少ないことです。

ただ痛みが少ないと人気の脱毛クリニックもあります。
アリシアクリニックです。
医療脱毛アリシアクリニックの口コミ

アリシアクリニックの脱毛は短期間で無痛でキレイになる!と人気なのです。
アリシアクリニック

5:脱毛サロンで脱毛する方法です。
メリットはプロが半永久脱毛してくれるので
仕上がりがキレイなことです。

そして脱毛クリニックに比べて
痛くないことや低価格なこともメリットです。

全国展開している場合が多いので
自宅近くでも見つかる場合が多いです。

丁寧なケアをしてくれる脱毛サロンも多いです。
デメリットは、産毛までは効果がないことです。

しかし肌を保護するためにも
産毛は残ったほうがいいとも言えます。
近くに良い脱毛サロンがない
可能性があるのもデメリットと言えます。

一番評価が高くて人気の脱毛サロンはこちらです。
公式サイト→美容脱毛サロン ミュゼプラチナム

金銭的にも優しいプランで全国に多数の店舗があります
自宅の近くにあれば試してみるといいです。
レビュー→脱毛サロンのミュゼの口コミ
*脱毛後に黒ずまないように美白と保湿をかねた
プラセンタエキス配合のジェルを
施術後に無料で塗ってくれるので安心です。

==
以上、Vラインのお手入れ方法について
それぞれのメリットとデメリットを書き出しました。
今の自分にぴったりな脱毛方法を見つけてくださいね。
mizugimae

なお、水着になるとVラインも露出しやすくなります。
どの場合も、脱毛のデメリットとして
脱毛処理後は、お肌が過敏になっているので
紫外線対策や保湿を十分に行うことを注意してください。

上記の中でコントロールジェルMeの場合は、
保湿できて日焼けもある程度防止できます。

それでも夏の日差しが強い時はお肌に優しい日焼け止め
クリームで紫外線対策をするのを忘れないようにしましょう。

*関連記事*
わき毛の処理方法は?

*関連の質問と回答*

(質問)有効な脱毛方法は、やっぱり
エステに通うしかないのですか?
自分で綺麗に毛を処理したいです

(回答)一番綺麗な脱毛法は、
脱毛サロンなどプロの手で施術ですが、
自分で綺麗に処理したい時は
家庭用脱毛器や抑毛ジェル等もいいです。
この記事はVラインの例ですが
いろんな↑脱毛法を書いているので参考にどうぞ。

関連記事:

★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2017 美肌の森, All rights reserved