二十年ほいっぷで目元の茶クマの悩みも解決

目元の茶クマに悩んだら、二十年ほいっぷで洗顔すると解決!と口コミでも評判ですね。

顔のくすみを解消してくれると人気の「二十年ほいっぷ」は、目元の茶クマ解消にも一役かってくれます。

鏡を見た時、目元にクマがあるとけっこうショックですよね。

よく「寝不足になるとクマができる」と聞きますが、クマができてしまう原因はそれだけではありません。

クマにも種類があって、原因もそれぞれ違うのです。

疲れた印象や老けた印象を与えてしまうクマには、青クマ、黒クマ、茶クマの3種類があります。

青クマは血行の悪さが原因で、黒クマは皮膚のたるみによって影ができてしまうもの、そして茶クマは色素沈着が主な原因です。

そして、この3つのクマの中でもとくに茶クマには、「二十年ほいっぷ」がおすすめなのです。

茶クマは小さなシミの集合体であったり、こすることによる色素沈着や角質肥厚などでできてしまうもので、シミ対策と同様のケアが有効と考えられています。

他にもアイメイクの際の摩擦による色素沈着や、紫外線の影響でメラニンが蓄積されやすい環境になっているケースもあり、主にメラニン色素との関係が深いのです。

そんな色素沈着対策には、二十年ほいっぷです。

二十年ほいっぷは顔のくすみを解消することでよく知られていますが、成分も肌に優しいものばかりなので、デリケートな目元の肌の洗浄にもとても有効です。

二十年ほいっぷには美白効果もありますし、汚れをしっかり落としながらもきちんと潤いを保持してくれますので、色素沈着によって茶色くくすんでいた目元のクマに高い効果を発揮してくれるというわけです。

さらに、肌の角質層に水分を送り込んで保持する機能を持つホエイも含まれていて、皮膚の薄いデリケートな目元にしっかりと潤いを残すことができるので、たるみからくる黒クマ予防も可能なんですよ。

色素沈着による茶クマを改善したり予防するには、まずは紫外線対策をしっかりすることと肌の保湿を忘れないこと、そして肌に合った化粧品を使うことが大切です。

また、食生活においてもメラニンの生成を抑えるビタミンC(パプリカ、ブロッコリー、ゴーヤ、トマトなど)を積極的に摂るようにしましょう。

そのうえで、やさしくしっかりと汚れを落としながらも高い保湿力と美白効果のある二十年ほいっぷでケアしてあげれば万全です。

睡眠不足でもないのに目の周りがくすんでいる、クマになっているなと気になったら、二十年ほいっぷのくすみを落とす効果でクマの撃退も試してみて下さい。
二十年ほいっぷで目元のクマも解消の理由

目元のクマだけでなく顔全体のくすみも取れて明るい肌になれますし、顔だけでなく全身にも使えますので、全身美白にも利用してしまいましょう。

顔の肌色も目元もすっきり明るくなることで、周りに与える印象もグンと違ってきますよ。

私も毎日夜の入浴時は、顔だけでなく首、胸、脇、VIOラインや肘や膝、お尻など全身に二十年ほいっぷを使っています。

明るい透明感がある肌になってきていて満足しています。
公式サイト→肌を輝かせる『二十年ほいっぷ』
nijyunenhoippuaetumei

r

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved