50代でくすみが酷いシワも目立つ!メイクで隠すコツや良いエイジングケア対策は?


50代でくすみが酷いシワも目立つと悩んでいる友人から

メイクで隠すコツや良いエイジングケア対策を教えてほしいと言われました。

そこで話した内容を元に記事にしてみましたよ。

20代の頃は、ニキビに悩まされたけれど、最近はくすみやシワが気になる、というように、お肌の悩みも、年齢とともに変わって来ますよね。

今回は50代の女性に最も多いくすみやシワの原因と対策についてご紹介します。

50代で顔がくすんだりシワが増える理由は何?

40代頃から50代になると、顔がくすんだり、シワが増えて来たりするのはどうしてなのでしょうか。

皮膚科が専門の医師のサイトによると、くすみとシワのお悩みが同時にある場合、考えられるのは、「古い角質層が残っている」ということなのだそうです。

人間は加齢とともにお肌のターンオーバーが低下してきます。つまり、新陳代謝が悪くなり、細胞の生まれ変わりがなかなかできず、お肌に古い細胞(角質層)が残ってしまっている状態になるわけです。

この残ったままの古い角質層がだんだん溜まってくると、厚みが増してきます。

これを角質肥厚といい、お肌がゴワゴワしてきたり、古い角質なのでグレーっぽくなってきてしまい、顔色がくすんできてしまうのです。

これがくすみの原因です。

また、新しいお肌細胞なら、肌の水分保持機能やバリア機能が働き、乾燥を防いでくれますが、古い角質層は、その機能が低下しているため、皮膚の水分が少なく乾燥して、ゴワつき、薄く固くなり、シワができるのです。

これがシワの原因です。

つまり、50代前後の方のお肌のくすみとシワを改善したいならば、肌のターンオーバーを促進し、古い角質層をなんとか取り除く方向でケアすると良いのです。

くすんだ老け顔をキレイに見せるメイクのコツは?

くすみを改善するには、肌のターンオーバーを促進する、スキンケアをしっかりするなどの方法がありますが、やはり即効性はありません。

数ヶ月スパンで改善していかねば、根本から改善したとは言えないからです。

確かに、しっかりケアすべきなのはわかっていても、くすみ顔は老けて見えてしまいますし、何より今悩んでいるのですから、できるだけ見た目を少しでも改善したいという気持ちもありますよね。

そこで、くすみを隠して綺麗に見せるメイクのコツをまとめます。

顔のくすみを綺麗にカバーするにはベースメイクに手間をかけることがポイントです。

くすみがよく出るのは、目元、鼻の横、口角などが代表的な場所ですが、こういったくすみの気になる箇所をコンシーラーやメイク下地、カラーコントロール、ハイライトなどのメイクアイテムを使って微調整します。

お顔全体の色を色むらのないように、いろいろなメイクアイテム、カラーで調整するのです。

ベースメイクは下地とファンデーションだけ!という方には、少々面倒かもしれません。

でも、自分の顔は一つでも、その中で赤みのあるところ、クマのように青くなっているところなど、ポイントによって対応するカラーが違いますので、イエロー系、オレンジ系、シミ隠しにもつけるベージュ系など各色を揃えておくと便利です。

そして、色むらを調整してからファンデーションを塗ると、統一感と透明感のある肌色に見せることができますよ。

参考元:http://josei-bigaku.jp/kusumi1122/#i

くすみとシワを消して透明肌になるスキンケアは?

前の項目では、メイクでくすみを隠すテクニックの紹介をしましたが、これはあくまで応急処置ですよね。

根本から改善できていません。

そこで、この項目では、くすみとシワのお悩みそのものを改善するためのスキンケアのコツをご紹介しましょう。

くすみやシワが目立たない、あるいは改善するような透明感のあるお肌を目指すためには、どんなケアが良いのでしょうか。

はじめにご紹介した通り、50代前後のくすみやシワの原因は、ターンオーバーの遅れによって古い角質層が残ることにあります。

つまり、ターンオーバーの乱れを正し、できるだけ新陳代謝をアップし、肌細胞の生まれ変わりを促進する方向にケアして行くのがお肌悩み改善の近道です。

ところで、お肌の代謝をよくする前に、古い角質をとりあえず取り除けばいいんじゃないの?と思われる方もおられるでしょう。

古い角質が悪者のように思えてしまうのも無理はありません。

確かに、しっかり洗顔する、しっかり化粧水などで毛穴を整えるという程度であれば効果的ですが、もしも、ピーリングなどで古い角質を除去しすぎてしまうと、毛穴が開き、そこからたるみの原因になりかねません。

だから、やはりターンオーバーを改善し、綺麗な角質が育つようなケアを優先させる方が良いのでしょう。

それをするには、保湿効果と肌のハリ、弾力の改善に期待できる年齢肌専用の美容液を探すのがおすすめです。

αリポ酸でくすみケアになるの?

ところで、くすみやシワの改善に期待できる年齢肌対応の美容液と言ってもどう選べば良いのかわからないですよね。

そこで、今、年齢肌対策ができると話題のドクターソワから出ているモイストリフトプリュスセラムをご紹介します。

普通ならターンオーバーや角質ケアを地道に続けるべきところ、モイストリフトプリュスセラムなら、αリポ酸、DMAEなど話題の成分が配合してあるので、特にお悩みにしっかりアプローチできるんですよ。

ここでは、まずαリポ酸から詳しくご紹介します。

αリポ酸は、本来食べたものをエネルギーに変化させる働きを持っていますが、実は強い抗酸化作用があり、シミやシワの元ととなる活性酸素を除去したり新陳代謝を促進したり、肌の糖化を改善し、くすみにくい肌にしたりというような働きに期待できるのです。

そんなαリポ酸配合のモイストリフトプリュスセラムだから、年齢肌のお悩みをお持ちの方に特におすすめなのですね。

DMAEでシワケアになるって本当?

モイストリフトプリュスセラムは、αリポ酸だけではなく話題の成分DMAEも配合されています。

DMAEというのはジエチルアミノエタノールの略称で、ヨーロッパでDeanolとも呼ばれているそうです。

表記だけ見ると、合成の原材料のように見えますが、微量ではありますが、ヒトの体内にも存在している成分で、神経伝達物質アセチルコリンの働きを助ける役割のある成分だそうですよ。

健康維持目的のサプリとしても販売されていて、記憶力のサポートや睡眠に関するお悩み解消に良いそうです。

また、DMAEは、筋肉を引き締める働きがあることから、美肌に関してはハリ、弾力のケアにおすすめとされています。

だから、シワなどにも期待できるというわけですね。

目元のシワケアにも、モイストリフトプリュスセラムは良いわけですね。
モイストリフトプリュスセラムで目元のシワもケアできるって本当?

モイストリフトプリュスセラムは50代のエイジンクケアに効果?

ここまでαリポ酸とDMAEの働きや役割についてご紹介しました。

αリポ酸はシミやシワの根本に働きかける、DMAEは筋肉に働きかけることで、年齢肌改善のサポートをしていってくれるということが改めてお分りいただけたかと思います。

そこでモイストリフトプリュスセラムです。

モイストリフトプリュスセラムなら、この2成分を含んでいますから、くすみやシワにお悩みの方におすすめです。

特に、これまで色々な年齢肌専用のスキンケアを試してみたけれど、なかなか期待通りにいかないと不安に思われている方は、ぜひ一度試してみられてはいかがでしょうか。

モイストリフトプリュスセラムの全成分チェックと副作用はない?

モイストリフトプリュスセラムは、αリポ酸とDMAEという成分をメインとしたスキンケアアイテムですが、それ以外にも美容に良い成分が配合されています。

化粧品を使うにあたって、アレルギーがある方や、副作用の心配をされる方もおられると思いますので、ここでモイストリフトプリュスセラムの全成分をご紹介し、副作用の有無についてまとめてご紹介しましょう。

モイストリフトプリュスセラムの全成分

水、グリセリン、スクワラン、BG、酒石酸ジメチルエタノールアミン、カルノシン、ポリアクリルアミド、水添ポリイソブテン、アセチルヒアルロン酸Na、サクシノイルアテロコラーゲン、チオクト酸、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、ナイアシンアミド、シア脂、オレンジ油、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ジメチコン、ラウレス-7、PEG-60水添ヒマシ油、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール

以上が、モイストリフトプリュスセラムの全成分です。

成分を見ていくと、水、グリセリン、スクワランなど最も配合の多い成分は、化粧水や美容液に使われるおなじみの成分なので、大きな副作用といったものは考えられません。

また、モイストリフトプリュスセラムは皮膚科医との共同開発商品で、敏感肌の方にも使用していただけるようになっているので、その点でも安全性は高いと考えられます。

ただ、アレルギー体質の方や、化粧品でかぶれたことのある方は、やはり絶対に安全とは言えませんので、腕の内側や太ももなど目立たない部分でパッチテストをおこなってから、顔に使用するようにすると安心ですね。

参考元:モイストリフトプリュスセラム公式サイト

モイストリフトプリュスセラムの使い方のコツは?

モイストリフトプリュスセラムは、どのように使うと効果的なのでしょうか。

どうせ使うなら、一番効果が期待できる方法が良いですものね。

モイストリフトプリュスセラムの公式サイトでは、洗顔後に2~3プッシュを手に取り、顔全体、首、デコルテになじませると書いてありましたので、開発メーカーの勧めるタイミングで使用するのが一番良い方法です。

ところで、なぜ洗顔後なのかというと、セラムをしっかり浸透させるためです。

人間の皮膚には、毛穴があり、皮脂やホコリがたまります。

だからそのままモイストリフトプリュスセラムを使っても、美容液がしっかり浸透しないからです。

皮脂よごれやホコリを取り除いた状態、つまり洗顔後に使用しましょう。

洗顔後にいつもの化粧水をつけたあとにモイストリフトプリュスセラムを使います。その後乳液などでお肌を整えると良いです。

また、使用量も少なすぎるよりは気持ち多めに取り、ひたい、両方の頬、あご、の四箇所に点々とのせ、ムラなく内側から外側へ向けて塗っていきます。

中指、薬指の腹を使い、マッサージするように、そして軽くシワを伸ばすように外側に向けて指を滑らせましょう。

このような方法で塗っていくと有効成分をしっかりと肌に浸透させることができますよ。

ぜひモイストリフトプリュスセラムを使われる際のご参考になさってくださいね。

参考元:https://nenreihada.com/moisutorifuto-tukaikata.html

モイストリフトプリュスセラムは楽天やアマゾンやドラッグストアでも販売?最安値はどこ?

モイストリフトプリュスセラムは、公式サイトでは税込で定価10800円となっています。

確かに、モイストリフトプリュスセラムは、良い成分がふんだんに使われているので、この価格は50代前後の女性が普段使う化粧品の価格水準にマッチしているものかもしれません。

でも実際、毎月使用を継続するとなると、年12万円以上かかりますから負担が大きいですよね。

使い続けたいけれど、できるだけ安く買いたいというのは消費者の真理です。

そこで、公式サイトの定価よりも安いところはないか探して見ました。

まず、大手ショッピングサイトのアマゾンと楽天を見てみますと、いずれのサイトも、残念ながらモイストリフトプリュスセラムは、定価販売でした。

ドラッグストア(薬局)なら多少割引しているかなと、最寄りの大手ドラッグストアを2軒ほどチェックに行きましたが、どちらもモイストリフトプリュスセラムの取り扱いがありませんでした。

ついでにバラエティショップや、コスメ専門店も見にいきましたが、モイストリフトプリュスセラムの取り扱いがありません。

どうやら、実店舗ではモイストリフトプリュスセラムの取り扱いがなさそうです。

やはり、定価でモイストリフトプリュスセラムを購入するしか方法はないのでしょうか。

そこでモイストリフトプリュスセラムの公式サイトをと言っても会社概要などホームページに近いサイトではなく、以下にご紹介するモイストリフトプリュスセラム専用公式サイトから購入すれば、かなりお得に購入することができるのがわかりましたよ。

こちらモイストリフトプリュスセラム公式サイトなら、「初回購入限定、定期購入の方のみ」という限定ではありますが、送料無料、しかも初回のみ30%オフでモイストリフトプリュスセラムが購入可能です。
詳しくは→モイストリフトプリュスセラム公式サイト

ちなみに2回目以降は15%オフでずっと購入できますから続けやすいですね。

また、定期購入といっても、「何回以上購入しないと解約できない」などという通販によくある「回数しばり」が全くないのもメリットです。

次回お届け日の10日前までに公式サイトに案内のある、メールアドレスか電話番号に連絡すれば解約もできます。

これなら安心してお試し感覚でモイストリフトプリュスセラムを気軽に使ってみることができます。

もしも肌に合わないとか、思った効果が得られず辞めたいと思った時も安心ですね。

もちろん、モイストリフトプリュスセラムを続けたいときにも、お得に購入し続けることができますよ。

まとめ

いかがでしたか。

今回は50代からのお肌悩みの原因の上位にくる「くすみ」、「たるみ」について、原因やおすすめのスキンケア方法についてご紹介しました。

メイクでシワやくすみを隠す方法もありますが、やはり根本から改善しないと、また加齢とともにどんどん悪化していくリスクもあります。

モイストリフトプリュスセラムで、基礎のスキンケアを見直し、くすみやシワを効率よく改善していけたら良いですね。

若々しいハリと明るい肌の実現がモイストリフトプリュスセラムで期待できますね。
詳しくは→モイストリフトプリュスセラム公式サイト

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved


2018年3月6日 50代でくすみが酷いシワも目立つ!メイクで隠すコツや良いエイジングケア対策は? はコメントを受け付けていません。 シワの改善