絹蜜(きぬみつ)のメリットとデメリットの解決策

絹蜜(きぬみつ)のメリットとデメリットの解決策

世界遺産にも認定されて日本中の人が注目した富岡製糸場。

富岡製糸場は、日本人だけでなく海外から来た観光客の観光スポットにもなっておりとても賑わっています。

この富岡製糸場と共に歩んできたのが1873年に創業した片倉工業です。

片倉工業は絹糸を製造しており、製糸産業の発展に貢献してきました。

そして、自然がもたらす絹とハチミツが秘めた美と健康への可能性に着目して開発されたのが、「絹蜜」と言うスキンケアアイテムだったのです。

今日は、絹蜜のメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

まず大きなメリットは、オールインワンジェルでありながらアンチエイジングにとても優れていると言った点です。

肌の老化を感じる年齢には個人差がありますが、平均すると30代からじわじわと実感し始め、40代に突入すると加速する肌老化に驚く女性も多いと思います。

このような肌老化の主な原因は、角質層や角質細胞の中にある天然保湿因子が減少するからです。

これによりハリや弾力。
そして肌の水分を蓄えることができず、シワやたるみなどといった年齢肌サインが目立つようになります。

絹蜜は、シルクとハチミツと言った2つの自然由来成分が主成分に配合されており、肌の天然保湿因子に極めて似たアミノ酸セリシンと、アカシヤ蜂蜜の高い栄養素で肌力を高めてくれます。

また、12種類の美容成分を厳選して配合しているので、これ1つでしっかりと保湿効果、エイジングケア効果を実感させてくれます。
絹蜜(きぬみつ)トライアルセットの口コミ!小じわ改善効果はある?

次にデメリットですが、主成分にハチミツを配合しているため、肌が蜂蜜アレルギーの方にはあまりオススメできません。

m

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2019 美肌の森, All rights reserved