葛の花と大豆イソフラボンの違いは?どちらが痩せる?

葛の花と大豆イソフラボンの違いは?どちらが痩せる?

そろそろダイエットが本格的に気になる季節になってきました。

年齢を重ねるとどうしても太りやすくなってしまいます。

ちょっと食べ過ぎてしまって翌日には体重が増えてお腹ぽっこりになっていたり・・・・

体重計に乗らない日々が続いてしまうと、気がついた頃には体重がかなり増加していたなんて事少なくないですよね。

加齢でお腹ぽっこり!?

若い頃は新陳代謝が活発で基礎代謝が良いため、体重が増えてもすぐに痩せることができます。

しかし加齢により新陳代謝が低下して痩せにくい体質になってしまっていると、一度増えてしまった体重を元に戻すことが非常に困難です。

さらに、お腹周りにばかり、やたら脂肪がついてきたとあなたは感じていませんか?

体重は変わっていないのにお腹のサイズが極端に増えているようであれば、それは内臓脂肪が増加している証かもしれません。

そんな太りやすく痩せにくくなってしまった方に注目を集めている成分があります。

その成分とは、葛の花イソフラボンです。

イソフラボンといえば、大豆イソフラボンが有名ですね。

大豆イソフラボンと葛の花イスオフラボンの違いとは?

では、一般的な大豆イソフラボンと葛の花イソフラボンは、一体どのように違うのでしょうか?

ダイエット効果をメインで見ていきたいと思います。

大豆イソフラボンは、大豆に含まれているポリフェノールの1つです。

女性ホルモンと非常によく似た働きをすることから、天然の女性ホルモンとして更年期の女性などから注目を集めている成分です。

大豆製品に多く含まれるのが、大豆イソフラボンです。

わたしも、日頃から豆乳を飲んだり豆腐や納豆を食べたりしています。

そして葛の花イソフラボンは、アジア南部にしか自生しない入手困難な葛の花から抽出したエキスです。

7種類のイソフラボンと3種類のサポニンが含まれています。

ダイエットについて見てみると、圧倒的に葛の花イソフラボンが効果が高いことがわかります。

葛の花イソフラボンは、肥満気味な方の体重やお腹の脂肪、ウエストのサイズを減らすのを助ける機能があることが消費者庁長官に届け出されています。

つまり科学的根拠に基づいた機能性を表示することができる食品です。

一般的なダイエットサプリメントには配合されていませんが、機能性表示食品サプリメントである「スリムフォー」には、この葛の花イソフラボンが配合されています。

スリムフォーでは、お腹の内臓脂肪および皮下脂肪への効果が確認されている実証実験データがグラフとなって記載されています。

この実験ではBMIが25~30の被験者97名を対象に、葛の花イソフラボン配合食品を摂取するグループと葛の花イソフラボンを配合していない食品を摂取させたグループに分け、その結果について検証したものです。

葛の花イソフラボンを配合した食品を摂取したグループの方が、お腹の内臓脂肪および皮下脂肪が優位に減少したことを示しています。

出典元:スリムフォー公式サイト

ダイエットに向くのは?

もちろん大豆イソフラボンは、美容にも健康にも良いとされています。

しかしダイエットのことを考えて摂取するのであれば、葛の花イソフラボンがより大きな変化が期待できると言えます。

なおスリムフォーは、スリムになるだけでなく、女性らしい美ボディにも期待できると人気ですよ。

イソフラボンの働きである女性ホルモン様の作用もあるからです。

お腹の脂肪および体重が気になっている全ての方に葛の花イソフラボンをメインで含むスリムフォーをオススメします!

スリムフォーで綺麗でメリハリがあるスマートな身体を目指したいですね。

⇩⇩お得なキャンペーン中の公式サイトはこちら

m+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved