夏の美白ケアのコツと注意点

夏の美白ケアのコツと注意点についてです。

夏になると美白ケア用品がたくさん出回りますよね。

どこの化粧品メーカーも美白に力を入れだし、CMを見ていても美白を前面に出した商品が次々と新発売されています。

そんな美白ケアですが、あなたは美白ケアのコツや注意点をご存知でしょうか。

美白ケアはきちんと正しく行わないと、後に後悔するような事態を引き起こしたり、効果を発揮しないような事も多いのです。

まず、美白とは二通りの意味があります。

1つは、これからできるシミやそばかすを予防するために行う美白です。
ほとんどの美白商品は、この考えが基本となっています。
保湿して肌の新陳代謝(ターンオーバー)をアップして美白を促します。

紫外線対策もシミやそばかす予防になります。

夏は、特に紫外線が強いです。
肌に優しい日焼け止めなどを使ってUVケアをしっかりしましょう。
帽子や日傘やUVカットの腕カバーなども使うといいです。
bousitosyoujyo

2つめは、今あるシミを薄くするような美白です。
今あるシミやソバカスを薄くするための美白は、上記の成分の美白とは異なります。
肌を漂白してくれる「ハイドロキノン」などが一般的に有名です。

美白を行う上のコツや注意点としては、

・自分は上記2つのどちらを優先したいのか考えて成分を選ぶこと

・くすみ等がとれることで今あるシミが濃くなったように見えることがあるが、勝手に美白を中断すると十分な効果を発揮しない場合がある。

・ハイドロキノンは、使い方を間違えると「白斑」などのリスクもあるので、%が強いものを購入する際は注意が必要。

・シミを薄くするための美白成分は、使用した後直射日光に当てないのが鉄則。

以上をきちんと守ることです。

美白ケアはきちんと正しく使用して、初めて高い効果を実感できます。

正しい美白を心がけて白く輝く肌を手に入れたいですね。

美白スキンケアに良い商品はいろいろありますが、優良なものを書き出します。

★美白洗顔で一番おすすめなのは、2種類のくすみをとって美白する二十年ほいっぷです。
体験レビュー→二十年ほいっぷの口コミと美白体験

夏だけでなく1年中、全身に入浴時に使っています。
二十年ほいっぷは保湿しながらくすみを消して美白しますよ。
泡立ちが良いので、泡で優しく顔も体も洗っています。
ホエイのパワーで潤いながら美白です。
翌朝には、違いを実感できたので、ずっとお気に入りです。
肌を輝かせる『二十年ほいっぷ』

★洗顔後に使う美白と保湿化粧水に良いのがリプロスキンです。

美白と保湿成分が豊富なのでシミやニキビ痕や黒ずみなどをキレイにしてくれるのがリプロスキンです。
夏は、洗顔後にリプロスキンのみで大丈夫です。

さっぱりしつつも、保湿効果も高いからです。
肌を柔らかくして水溶性プラセンタなど美容成分を角質の奥まで届けてくれます。
使い続けるのがコツです。
体験レビュー→リプロスキンでシミもくすみも改善で美白

他の季節は、リプロスキン後に美白効果があるジオリーブオイルFを塗って潤いを足しています。

★なお強い色素沈着(シミ)がある場所には、イルコルポの美白ジェルのミネラルボディシャインジェルを使うといいです。

顔も体も兼用で使える無添加で安心素材のボディジェルです。

イルコルポの美白ジェルは、新安定型ハイドロキノン(副作用の心配なし)やビタミンCやプラセンタ、αアルブチン、フラーレン、ビサボロールなど、漂白型や予防型の美白成分も保湿成分も豊富に配合しています。

アトピーでもニキビ肌でも乾燥肌でも安心の顔も体も全身の美白に使える、肌に優しく美白効果が高い美白ジェルとして人気ですよ。
レビュー→イルコルポの美白ジェルで色素沈着改善の口コミ

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved