日焼け止めとパウダーファンデは、どちらが肌に良い?

<質問>
現在、洗顔料で落とせる肌色の日焼け止めを使用しています。
無油分、無香料、紫外線吸収剤不使用と明記されているものです。紫外線が強くなる夏は使用し続けようと思っています。
しかし、日焼け止めよりもパウダーファンデのほうが紫外線をカットできるのでは、とも考えてしまいますが、このファンデは洗顔料では落とせないようなので、クレンジング剤を使用することになります。
どちらも無添加ではないので肌によくないことは承知の上ですが、どちらが肌への負担が軽いのか、また紫外線のカットが高いのか教えていただきたいです。
ちなみにこのファンデはSPF35・PA++ / 紫外線吸収剤不使用 / 無香料 / タール系色素不使用 / 無鉱物油 / アルコールフリー / 界面活性剤不使用 と記載されています。ファンデは化粧筆でかるく撫でる程度につけようと考えています。ご回答よろしくお願いいたします。

<回答>
石鹸など洗顔料で落とせる日焼け止めとクレンジングが必要なパウダーファンデを比較すると、お肌に優しいのは、石鹸で落とせる日焼け止めの方です。

パウダーファンデも、お肌に優しいクレンジングを使えば、紫外線吸収剤が不使用で有害なものも無添加でしたら、普通肌でしたら肌荒れしにくいかなと感じます。

落とした後に、しっかり保湿スキンケアをするといいです。

紫外線カットが高いかどうかは、表示の日焼け止め指数を比べる必要があります。
ここでは、洗顔料で落とせる日焼け止めの指数の方が書かれていないので比較できないです。

なお、指数値が高ければいいというものでもないです。
高くなればなるほど肌への負担がアップするからです。

日焼け止め指標について詳しくはこちらで確認をどうぞ。
紫外線の種類と日焼け止め指標
SPFのことなど詳しいです。

アウトドアなどの場合は、無添加の日焼け止めを下地代わりに塗ったあとにパウダーファンデをさらにつけると強力ですね。

ただ、もしニキビ肌やアトピーなどトラブル肌の場合は、100%無添加のもので石鹸で洗い流せるものに代えた方が、肌には良いです。

例えば、100%無添加のUVミルクで石鹸でも洗い流せてファンデーションも不要と人気なのが、HANAオーガニックのUVミルクです。SPF25です。

肌色がバラ色になってしっかりUVケアしながらお肌を保湿すると評価が高いです。
化粧下地としても使えます。
もうファンデーションはいらない。HANAオーガニックのウェアルーUV

あるいは、お肌に優しくて日焼け止め効果も期待できるエトヴォスのミネラルファンデーションを使うだけでも大丈夫です。

100%無添加でニキビ肌でもアトピーでも安心なのがエトヴォスのミネラルファンデーションです。

SPF30でPA++なので、日常生活のUVケアには十分です。
アウトドアの時は、2時間に1回くらい塗り直すと大丈夫です。

私もアトピーでニキビ肌なので、いつもエトヴォスのディアミネラルファンデーションを日焼け止めの代わりにも、ファンデとしても使っています。

ナチュラルに長時間お肌をカバーしてくれて肌に優しいのでお気に入りです。
石鹸など洗顔料で簡単に落ちます。

新たなニキビもできにくくなりましたよ。
お試しできますから、試して違いを感じてみてください。
ぴたっと密着、毛穴カバー!新感覚のミネラルファンデ

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved