夏の正しいニキビケア

夏の正しいニキビケアについてです。

夏になると汗をかくせいかニキビが悪化しやすくなり、そのせいで日焼け止めを塗りにくくなったりします。

皮脂の分泌量が増えることでニキビの原因となるアクネ菌などが繁殖しやすくなることと、強い紫外線によって肌がダメージを受けて肌力が弱ってきていることなどが重なって、夏はニキビが悪化してしまうのです。

大きなニキビが顔じゅうにできてしまったり、炎症して赤くなったニキビができてしまったりすると、化粧ノリも悪くなりますし、表情も暗くうつむきがちになってしまいます。

今年はニキビのない明るい笑顔でいられるために、夏に悪化しやすいニキビから肌を守るポイントをご紹介します。

まず、皮脂分泌が増えてしまう原因ですが、それは「乾燥」です。

汗をかくので肌が乾燥しているように感じませんが、紫外線やエアコンなどによって肌の内側は乾燥しています。

その乾燥から肌を守ろうと皮脂分泌が盛んになってしまい、結果として毛穴が詰まりやすくなったりアクネ菌が増殖してしまうので、とにかく保湿を心がけることが大切なのです。

肌を清潔に保つことはニキビケアにおいて大切なのですが、洗いすぎも肌乾燥を招くのでよくありません。

また神経質になりすぎてゴシゴシと洗顔してしまうのもNGです。

無添加のニキビ専用洗顔石鹸などを使っての洗顔は朝晩の2回に抑え、洗顔も泡でやさしく洗うようにしましょう。

汗をかいたときは、ウェットティッシュでやさしく拭くとよいです。

お風呂の最後にニキビのできやすい所を精製水で洗うのも効果的です。

洗顔後はローションやローションマスクなどでしっかりと保湿をしましょう。

注意しなければならないのは、ニキビが出来ているときにマッサージをすると、さらに炎症してしまうということです。

ニキビがあるときのマッサージは控えて下さい。

スキンケアで気をつけることは以上ですが、他にもビタミンが豊富な野菜を多く摂ったり、規則正しい生活習慣や適度な運動を心がけて肌のターンオーバーを促進してあげるのも有効です。

そしてUV対策はニキビでも安心な無添加のミネラルファンデーションなど、肌に負担のかからないものを選ぶとよいですよ。

それでも繰り返してニキビができやすい時は、「みんなの肌潤糖クリア」で洗顔後に、優しくマッサージして洗い流すと効果的です。

自然素材のみで出来ていて100%無添加、思春期ニキビでも大人ニキビでもどんなニキビにも効果があります。

強力に保湿しながら肌のバリア機能を修復します。
だから新たなニキビもできにくくなってニキビ痕にもなりにくいのです。
みんなの肌潤糖【クリア】で保湿しながらニキビケア

また、すでに出来てしまったニキビ跡には無添加のニキビ痕専用化粧水のリプロスキンを使うと改善に導いてくれます。

保湿と美白効果が高いのでローションパックに使うのもおすすめです。

夏は、洗顔後にリプロスキンのみでも大丈夫です。
しっかり保湿してくれてニキビ痕だけでなくシミやそばかすも改善します。

ニキビもできにくくなりますし、毛穴の広がりや黒ずみの改善して嬉しかったですよ。
リプロスキンは毛穴の開きや黒ずみにも効く?

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved