乳酸菌やビフィズス菌がダイエットサポートになるのはなぜ?

乳酸菌やビフィズス菌がダイエットサポートになるのはなぜ?

乳酸菌やビフィズス菌は腸に良い事はご存知の方多いと思いますが、ダイエットにも良い事知っていますか?

毎日の健康の為にヨーグルトを食べている方も多いと思います。

乳酸菌は、牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品、キムチや味噌、漬物などの発酵食品に住み着いている菌の事です。

ビフィズス菌は主に人や動物の腸内に住み着いている菌の事です。

人の腸内では、1~10兆ものビフィズス菌が住んでいるのに対し、乳酸菌は10000分の1~100分の1くらいなので、ビフィズス菌の方が人の腸内に適した菌とも言われています。

では、この二つの菌は何故、ダイエットのサポートになるかを紹介していきます。

腸内フローラという言葉を聞いた事はありませんか?

最近テレビでも取り上げられ、話題になっています。

小腸から大腸にかけて多様な腸内細菌が腸内の壁に生息しているのですが、それがまるでお花畑の様な事からそう呼ばれています。

この腸内フローラがキーポイントです。

腸内細菌のバランスを崩すと太りやすくなってしまうのです。

太りやすい方は便秘になりやすく、太りにくい方は快便になりやすいのです。

ですから、まずは運動や食事制限をしつつ、腸内環境を整える事がダイエットのサポートになるのです。

腸内細菌には善玉菌と悪玉菌と日和見菌の三種類あります。

悪玉菌を減らしたり善玉菌を増やしたりするのが乳酸菌とビフィズス菌なのです。

痩せ体質の人は善玉菌が多く、腸の働きが良く、消化、吸収がスムーズに行われています。

代謝が上がって余分な脂肪が溜まりにくくなっています。

大食いで有名なギャル曽根さんの腸内フローラはビフィズス菌が50%以上も住み着いているとの事です。

ですから、食べても快便で太らないのです。

赤ちゃんと同じくらいの腸内フローラとの事です。

納得がいきますよね。

この素晴らしいビフィズス菌ですが、余分な栄養素を吸収しないのです。

偏食したり、お肉中心の食事、ストレスや運動不足で悪玉菌が増えると太りやすくなります。

ですから、油を使った料理はなるべく控え、食物繊維が豊富な野菜を食べるようにするといいです。

そして乳酸菌、ビフィズス菌を含む食べ物を摂ると自然と痩せ体質へと変わっていくと思います。

ビフィズス菌は継続的に補充しないと悪玉菌を減らしたり、善玉菌を増やしたりできません。

良いままの腸内環境を維持できませんので、習慣的に摂取する事をおすすめします

日本人は発酵食品を取り入れる食事が多いですよね。

味噌汁や漬物、納豆など毎日の定番食ですので欧米人よりも痩せ型が多いですよね。

規則正しい生活と和食中心にするといいです。

なおかつヨーグルトなどで手軽に乳酸菌、ビフィズス菌を上手く取り入れ、痩せやすく健康的な体を目指しましょう。

◆そうはいっても、乳酸菌やビフィズス菌を摂るのをすぐ忘れるという人やもっと積極的にダイエットしたい人は、「よくばりキレイの生酵素」を飲むといいです。

乳酸菌やビフィズス菌も含んでいて、なおかつ生酵素やスーパーフルーツも含むのでダイエットにも最適!と口コミでも評判だからです。
よくばりキレイの生酵素の評価レビュー!口コミ効果で噂のダイエットや年齢肌ケアは本当?

善玉菌が増えやすい腸内環境になってデトックスしやすい体に導きますよ。

代謝アップになるので美容健康ダイエットの助けになります。

「よくばりキレイの生酵素」を飲んでみてください。

よくばりキレイの生酵素公式サイト↓
368

naito+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved