ピューレパールと薬用アットベリーの違い

ピューレパールと薬用アットベリーの違いを比較して選び方を書きます。

ワキなどの黒ずみで悩む方にとても人気の美白ジェルがピューレパールと薬用アットベリーです。

この2つの商品は、非常に似ており、一見どちらが良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。

実際に、この2つの違いを比較してみると、有効成分はほぼ変わらないことが判明しました。

ピューレパールも薬用アットベリーも保湿しながら美白して脇の黒ずみやビキニラインや乳首、二の腕、肘、膝など体の気になる黒ずみを改善するジェルです。

オールインワンタイプですしお肌に優しいのも同じです。

しかも、どちらも60日間の返金保証制度があるので、大きな違いといえば内容量と、メイン以外のその他の成分だと思います。

それぞれの全成分を比べてみます。
ピューレパールの全成分
グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス、
3-O-エチルアスコルビン酸 ビサボロール米糠抽出物加水分解液A、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス 、ヒアルロン酸Na-2、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、トレハロース、ステアロイルフィトスフィンゴシン、濃グリセリン、トリメチルグリシン、エチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、キサンタンガム、ジメチコン天然ビタミンE BG 1,2-ペンタンジオール、フェノキシエタノール
====

薬用アットベリーの全成分
グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス,
トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE、天草フラボノイド、ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液-4、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸、人参エキス、トウキエキス-1、エイジツエキス、ワレモコウエキス、桑エキス、シャクヤクエキス、アロエエキス-1、クララエキス-1、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、BG、フェノキシエタノール、1,2-ペンタンジオール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、エチルヘキサン酸セチル、精製水、香料
===

上記を比べてみると、例えば、ピューレパールには米ぬかエキスが配合されていますので、美白効果がより期待できます。

どちらもセラミド(ステアロイルフィトスフィンゴシン)も含まれていますから保湿効果も期待できます。

薬用アットベリーに含まれる桑エキスは、雑菌の繁殖を防いで臭いも改善です。
ピューレパールにも、同じように雑菌の繁殖を防ぐ成分としてハーブのカモミールエキスのビサボロールが含有で臭いを改善します。

香料を含むのが薬用アットベリーです。
無香料を希望する時は、ピューレパールを選ぶといいです。

成分表記を見ていると、このような微妙な成分の違いはあるので、好みで判断していただくのが良いかもしれません。

内容量に関しては、ピューレパールの2倍の量なのが薬用アットベリーですが、どちらも表記は1ヶ月となっているので大きな違いにはならないでしょう。

ピューレパールの方が1回量が少しでいいということですね。
少量で伸びがいいのが特徴です。

一番の決め手は、自分で使用した使用感と、商品に含まれている微妙な成分の違いが、あなたの肌にどのように影響するかだと思います。

実際に使用している方の口コミを見ても、どちらもとても好評ですし、一概にこっちがおすすめですと言いづらいのが、この2つの商品の特徴です。

どちらも有効成分は、グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキスと同じなので、黒ずみ改善効果は同じくらいだと判断できます。

お値段的には、ピューレパールの方が若干お得です。

少しでも安い方がいい方や無香料がいい方も、ピューレパールを試すといいです。
米ぬかエキス入りで美白効果をさらに期待したい方もどうぞ。
リピート率約90%の実績も安心できます。
エステ級わきの黒ずみ対策ジェル【ピューレパール】

米ぬかエキスは苦手と思う方や、たっぷりつけたいという方は、薬用アットベリーを試すといいです。
ワキの黒ずみに!【薬用アットベリー】

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved