紫外線の危険性!日焼けを予防するコツ

紫外線の危険性!日焼けを予防するコツ

あなたは紫外線がどのようなものかご存知ですか・・・?

紫外線は皮膚がんなど人体に悪影響を与えると知られていますが、一方で人間にとって良い役割を果たすこともあります。

紫外線がどの程度危険なのかを知ったうえで、悪い影響を予防する方法を身に着けておきましょう。

紫外線についてと、紫外線による悪影響を予防する方法をご紹介します。

ー紫外線とはー

多くの人が口にする紫外線という言葉ですが、太陽の光ということくらいで詳しくはご存知ないのではないでしょうか。
taiyou

実は、紫外線は身近なものからも多く発せられています。

蛍光灯や家庭用電気からも発せられています。

余談ですが、多くの虫は紫外線に引き付けれらるので家庭用の電気をLEDに交換すると紫外線の発生量が減り虫が来ない効果が期待されるそうです。

そんな紫外線ですが、私たちが普段目にする光と同じものです。

人間が目にできる可視光というのは波です。

その波を網膜の中の視神経が読み取り、光として認識するのです。

光の波の幅が大き過ぎて、可視光でなくなったとき紫外線になります。

一方波の幅が小刻みすぎて可視光でなくなったとき赤外線になります。

この紫外線は皮膚の細胞に入り込み、細胞の核が破壊されその結果遺伝子に異常をきたし癌細胞などが発生するとされています。

ー紫外線の良い効果ー

人間にとって太陽の光は必要不可欠です。

紫外線ももちろん人間にとって必要なものなのです。

人体に適度な刺激を与えることで細胞の活性化を促したり、精神的効果をもたらすともいわれています。

ー紫外線の悪い影響ー

なんでも摂りすぎはよくないといいますが、紫外線も浴びすぎはよくないのです。

先ほどご紹介した通り、細胞の核を破壊し癌細胞の発生要因になったりします。

日焼けするほど浴びるのはよくないでしょう。

ー紫外線の対策ー

1.日焼け止めクリーム

市販の日焼け止めクリームを塗ることで、紫外線をカットできます。

こまめに塗りなおすことも大切です。

日焼けを防止するのはもちろん、細胞へのダメージを減らすことができます。

なお肌が弱い方は、敏感肌に優しく美容効果もあるHanaオーガニックUVミルクを使うと効果的です。
BBクリームみたいに使えてUVカットになります。
詳しくは→もうファンデーションはいらない。HANAオーガニックのウェアルーUV

2.こまめに日陰に

とにかく、長時間日光に当たらないようにしましょう。

電球などからも発せられると書きましたが、太陽はそんなものと比べられないほど強い紫外線が含まれています。

そもそも太陽の光は、すべての光が混ざって白に見えているのです。

それだけ多くの光が合わさって、はるか遠くから地球に降り注いでいるのですから影響は想像できます。

3.水分と栄養の補給

水分と栄養分を日常的にバランスよくしっかり摂っている人は、細胞がそれだけしっかりしています。

しっかりしているというのも、細胞内で癌細胞などが発生してもそれを除去する力が働いたり、新しい細胞を作り出す能力が向上したりします。

ーまとめー

紫外線に全く当たらないのは逆に体にとってマイナスになります。

しかし、多くの場合紫外線を浴びすぎている傾向にあるので意識することが重要です。

皮膚がんはもちろん様々な症状の原因につながりますので、日常的な紫外線対策をしっかりとっておきましょう。

◆日焼け止めクリームをしっかり塗っても、汗をかくと落ちやすかったりして思ったような紫外線対策になっていないことも多いのが現状です。

そんな時は、飲む日焼け止めとして人気の雪肌ドロップを併用すると効果的です。

紫外線対策になるだけでなく、抗酸化作用で光老化も防いでくれるのでシミやシワ予防になるからです。

私も飲んでいますが、なかなか良い感じですよ。
IMG_0573

真剣に紫外線対策を考えている方は、雪肌ドロップを飲んでみてください。

雪肌ドロップ公式サイト↓
5105

ka+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved