若榴da檸檬(ざくろだれもん)を夫婦で飲むと子宝に恵まれる!という噂はなぜ?

若榴da檸檬(ざくろだれもん)を夫婦で飲むと子宝に恵まれる!という噂はなぜ?

ここ数年、妊活を続けている34歳主婦です。

夫との結婚は20代の頃に行ったのですが、互いにまだ若く、趣味や友人との付き合いも優先したかったことから、子供を望むことはありませんでした。

しかし共に30代となり、また双方の両親から孫の顔が見たいという話も出るようになって、妊活を始めることにしたんです。

でも、いざ始めて見るとまったくできません。

その月の生理が訪れるたびに、「また授からなかったのか」と落胆を繰り返す日々。

夫はその度に「まだ大丈夫」と言ってくれますが、それすらなんだか重く感じてしまいます。

気が付けばもう34歳。

ただでさえリスクが高まっていますし、来年はもう高齢出産なんて言われる35歳。

今まではさほど意識していなかったのですが、こうまで産めないことで、かえって子供が欲しいと強く感じるようになってしまいました。

20代で自分の好きなことを優先した点に悔いはないですが、40歳までに1人でも良いので、できてほしいです。

「ここまで来てしまったら、もう不妊治療しかないのか。」

「でも治療代がかかる、いや子供には代えられない。」

そんな悩みの連鎖に陥っていた私を助けてくれたのは友人でした。

旦那さんは本当に協力的?

友人も私と同じく妊活をしていて、昨年、ようやく第一子を授かったんです。

正直、私は先を越された気がしてあまり喜べず、最近は疎遠になりつつありました。

でも彼女は、同じ悩みを知っているからこそと、妊活に関するアドバイスをくれたんです。

その1つが、夫の妊活

思えば、夫は排卵日周辺になるとまっすぐ帰宅こそしてくれますが、それ以外にこれといった対策を練ってくれていません。

というより、私がそれを当然として受け入れていたことも理由でしょう。

結局は産む側に左右されるという意識がどこかにあったのかもしれません。

しかし友人曰く、男性だって妊娠や出産についてきちんと知識を持っていて然るべきだし、まだなら検査なども受けておくべきだと。

夫の場合、検査で精子の状態が良くないということはありませんでしたが、不妊になるカップルの半数は、男性側にも原因があるそうです。

にも関わらず検査は女性だけしか行わないため、女性に問題がなかった場合は原因不明の不妊で悩む方も多いとか。

また男性の中には、排卵日が月に1回しかないことすら知らない方もいます。

精子と卵子の生まれ方の違いを認識しておらず、いつでもOKのような考えを持っているんだそう。

こうした知識共有なんかも、妊活には必要なんですね。

女性側はちゃんと伝えているか

友人は更に、男性側の勉強不足と同時に、女性側の伝達不足についても教えてくれました。

彼女も旦那さんから言われたそうですが、「解っていないと思うならきちんと教えて欲しい」とのこと。

女性たちの視点で言えば妊娠に関する知識は常識です。

しかしだから男性が知らないのはおかしいと考えるのは間違い。

男性にとって妊娠に関する知識は未知の領域

学生時代に保健の授業で習う程度でしかありません。

それなのに知っていないことを良くないと決めつけ、勝手にネガティブになってしまう女性もいるそうです。

一概には言えませんが、女性は男性に比べると説明が下手で、会話の主旨がつかめないことも多々あります。

妊活中の不安定な心持ちでは余計になってしまうでしょう。

もちろん1から10まで自分だけで説明しろというわけではありません。

妊娠に関する書籍やインターネットのサイトなどを見ながらでも良いので、男性の知識不足を補うとともに、互いの情報格差を無くすことが成功の秘訣なんですって。

思えば、私たちの場合も、毎日のように妊活の話をするわけではありません。

排卵日に関しては私の方からいつも伝えていますが、夫は機会自体が少ないことを知らない可能性だってあるんですよね。

その日のうちに夫に伝えてみたところ、案の定、排卵日をはじめとして妊娠に関しての理解が浅かったようす。

私が持っていた本などを貸して、改めて2人で子供を産むことを認識したんです。

旦那さんも栄養素はしっかり

とは言っても、知識を深めるだけで妊娠できるなら苦労はありません。

具体的な対策も必要ですよね。

男性も妊活という点でもう1つ知ったのが、男性の健康も妊娠の成功に関わってくるということ。

最初にもお話したように、排卵日とわかれば仕事終わりに寄り道をしない夫ですが、お酒は大好きなので普段から毎日飲んでいます。

しかしアルコールはそれ自体が健康に良くないなんて言われるように、赤ちゃん、というより精子の状態を悪くさせてしまうそう

男性の場合は数日で新しい精子が生まれるとは言え、普段から控えておいたほうが良いです。

夫に頼んだところ、悲しそうな顔をされてしまいましたが、子供が出来るまでの我慢と理解してくれました。

反対に、取り入れて欲しい栄養素がまず亜鉛とアルギニン

どちらも精子の生成に欠かせない成分で、亜鉛なら牡蠣、アルギニンならナッツ類などに多く含まれています。

亜鉛は精子の活発化に加え、男性ホルモンのテストロテンを作り出すことで、性欲アップの効果も期待できます。

一方アミノ酸の一種でもあるアルギニンは、精子の数を増やす効果を持っています。

男性が原因の不妊で良くあるのが、1回の射精で精子の数が少ないこと。

数打てば当たるというわけではないですが、卵子のもとへ到達する精子の数は多い方が受精もしやすくなります。

ちなみに納豆ならどちらも備わっていますし、入手もしやすいのでおすすめですよ。

また精子の健康さという意味では、男性にも葉酸の摂取が推奨されています。

葉酸には染色体異常を防ぐ効果があるんですって。

ホウレンソウやレバーなどに多いですが、熱などの弱点も多いので、サプリでの摂取が良いとも言われます。

そして、これまた納豆に含まれているのですが、ムチンも優先して摂ってもらいたいです。

ムチン自体は妊活への作用はないのですが、ほかの成分の吸収をアップするという効果を持っています。

妊活に限らず、普段から摂取して、ビタミンやミネラルの吸収も高めたいですね。

粘性が特徴の物質であり、納豆以外にもオクラ、もずくなどに含まれています。

できれば夫はダイエットも

妊婦さんが必要以上に太ってしまうと出産に影響が出るなんて言いますが、男性が太っていると赤ちゃんに影響が出るらしいです。

肥満の男性の精子には、遺伝子として肥満を伝える能力が備わっているとか。

そういえば、親子で体型が似ているパターンも私の周囲でちらほら見かけます。

実を言うと、私も太り気味の体型ですが、両親を見ると母は痩せ型で父が肥満。

メタボ診断されたこともあると言っていました。

もちろん、太ることが全て親の所為と断言はできませんが、可能性があるなら子供のためにも避けてあげたいですよね。

もしご主人が太っておられるようなら、妊活の一環としてダイエットを促してみてください。

本人の健康のためにも良いことですし。

旦那さんに飲んでもらうなら「若榴da檸檬」がおすすめ

食生活では限界もあるので、サプリで良い物があればと夫と共に探していたところ、「若榴da檸檬(ざくろだれもん)」を見つけました。

愛用者は女性の方が多いですが、メーカーでは男性の飲用も推奨しているのだとか。

口コミでも人気みたいです。
若榴da檸檬(ざくろだれもん)の口コミ!妊活効果は本当?

成分についても詳しくチェックしてみました。

ザクロで精子の健康化

上記で亜鉛などについて紹介しましたが、若榴da檸檬のメイン素材でもあるザクロもまた、精子のためには良いそうです。

ザクロにはエストロンという、女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれています。

女性が摂取することで、女性ホルモンの働きを活性化させ、妊娠に繋げやすくしているんですね。

しかしその一方で、ビタミンやアミノ酸、ポリフェノールなども豊富に含んでおり、こちらが男性にもお役立ちなのだとか。

栄養素を補給できるだけでなく、活性酸素を取り除く抗酸化作用に注目。

活性酸素は過剰に存在するとそれだけでも不健康とされますが、染色体異常やDNA破壊など精子にとって良くない効果も及ぼします。

健康な精子が多ければ、その分受精する確率も高まりますね。

またザクロはカリウムも有しており、その効果でむくみケアも行ってくれます。

脂肪だけでなく水分も溜まりがちな方には嬉しい要素ですね。

青レモンのクエン酸も摂取したい

もう1つのメイン素材である青レモンにも、男性に摂って欲しい成分がありました。

それはクエン酸

実は精子が含まれる精液は弱アルカリ性で、クエン酸が主な成分なのだとか。

精子の活動にも欠かせないと言われます。

クエン酸は酸味が特徴で、柑橘系の果物や梅干など、酸っぱい食べ物に多く含まれています。

若榴da檸檬だけでなく、普段の食事でも摂取しておきたいですね。

またムチンのように、ほかの栄養素の吸収を助ける効果も持っています。

特に亜鉛などミネラルの吸収がアップしやすいので、若榴da檸檬の前後の食事で取り入れてみてはいかがでしょう?

受精にも酵素が必須!

さらに、若榴da檸檬は酵素ドリンクという形を採っていますが、この酵素も妊活には必要不可欠なんです。

精子の頭の部分が酵素の一種でできているのですが、状態が悪いと卵子の核まで到達できずに受精も失敗。

それを防ぐため、男性も酵素を摂取しておくと良いのだそう。

もちろん酵素と言っても素材がいろいろあるので、若榴da檸檬の酵素がそのまま精子の強さに関わるかと言うと断言はできません。

ただ酵素自体も体の健康やダイエットに向いている成分ですから、それだけでも男性が飲む価値はあります。

若榴da檸檬は、もちろん女性にも欠かせない成分ばかり

男性向けのポイントばかり触れてきましたが、若榴da檸檬もそもそもは女性向けのドリンク。

ザクロの女性ホルモンに近い働きはもちろんのこと、青レモンにはヘスペジリンという巡りをよくする成分も含まれています。

巡りを良くすることは、酸素や栄養分を体中に届けることと同じです。

また血液の循環によって体温も上昇。

温めて、基礎体温のアップも期待できるように。

基礎体温チェックを行っている方におすすめです。

冷え自体がホルモンバランスを乱している原因ということもあるので、ザクロだけでなくレモンでも調整効果が見込めますよ。

加えて2つの果物と酵素のほかにも、山ぶどうが配合されています。

ザクロにも含まれているポリフェノールやビタミンCに加え、鉄分も豊富な素材です。

鉄分といえば、血のもととなる成分。

血流が良くなった時に、しっかり巡らせられるだけの血液を作りましょう。

さらにファイトケミカルと呼ばれる、栄養価の高い山野草が入っているのも特徴。

これらにはビフィズス菌をはじめとする善玉菌が豊富で、お腹の調子を整える効果があります。

山野草自身も病気に強い特性があり、滋養強壮にもおすすめ。

この点でも男性にぴったりかもしれませんね。

2人分で若榴da檸檬を注文することに

試しに1本購入してみて味も良かったので、以降は私と夫それぞれが1本ずつ、2本の購入というペースで始めることにしました。

定期購入が可能かつ、ペース配分も自由に選べるのが嬉しいですね。

またメーカーではポイント制度を導入しているらしく、ただでさえ割引のある定期購入が、ポイントによってさらに安くなるのも助かっています。

ちなみに購入の縛りはありません。

味が気に入らないなど不満があれば1回でのストップもOKなので、1度きりの定価購入よりもおすすめですよ。

酵素ドリンクは温かすぎると効果がなくなると聞いたので、そのままアイスで飲んでいるのですが、飲んだ瞬間からポカポカする感じ。

妊活を問わず、冷えケアのために飲み続けたいぐらいです。

夫も好きな味のようで、ほっとしました。

お酒は減ったけど若榴da檸檬を飲むことになり、言うなれば置き換えで禁酒がしやすくなったようす。

夫は晩酌替わりに、私は朝に水で割るか、炭酸やヨーグルトなどでスイーツ感覚で楽しんでいます。

そして、飲み続けて3ヶ月目。

妊娠成功です!

生理が来ないなと思って病院へいったところ、「おめでた」と言われました。

子供は男の子。

対面が楽しみです。

妊娠中こそ体を冷やすのはよくありませんから、若榴da檸檬は引き続き利用しています。

まとめ

出産こそ女性が行いますが、妊娠は女性だけのものではなく、男性にとっても自分に起こる出来事と言って良いのかもしれません。

体調管理は男性も行ってこそ、成功確率を高めることができます。

普段の健康に必要な成分はもちろん、妊娠のためにも欠かせない成分は多いです。

その助けとして、夫婦で若榴da檸檬を利用してみてください。

成果と言うにはもったいないほど大事なお子さんと、巡り会える日も近づきますよ。

公式サイト↓
若榴da檸檬

rs

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved