五十代の透明感肌やハリがある肌は、どうすればできる?

五十代の透明感肌やハリがある肌は、どうすればできる?

50代で美肌を実現するのは難しいのでしょうか?

40代以前も、肌荒れなどのトラブルや、年齢による回復の遅さなどで悩んでいた方は多いでしょう。

しかし50代に入り、40代までに行ってきたケアを諦めず続けよう!というより、諦めてしまう人も増えている印象です。

老いがある程度認められてしまう時期だからでしょうか?

モテるなど、周囲の反応を気にしなくなる年齢だからとも言えるかもしれません。

一方で、以前にもましてケアが効果を発揮しないという理由もあるでしょう。

でも、50代には50代なりの対処方法が存在します。

諦めてしまう前に実践し、透明感やハリのある肌を取り戻してみませんか?

50代は様々な要因の蓄積結果が出やすい

肌トラブルには様々な原因がありますが、一時的なものだけでなく、肌の奥に潜んで時間をかけてダメージを溜めていくパターンも存在します。

例えば紫外線です。

1度日焼けしても、肌が白くなれば完全に対処出来たと思ってしまいますよね。

しかし、目視できない深層部分では、紫外線によるダメージが残っていることも。

それが徐々に積もり積もって、目に見える変化になります。

紫外線対策は早いうちからしっかりと、なんて言われるのは、後々になって悪影響が出るからです。

ケアを怠っている場合は、50代どころか、30代や40代のうちから現れることもありますよ。

紫外線のほかには、活性酸素にも注意しましょう。

活性酸素に対しては抗酸化という能力がありますが、後述のように年齢を経ることで低下してしまうものの1つです。

肌自身の機能もより低下する

50代になると、コラーゲンやセラミドなど、肌が保持している成分も少なくなってきます。

これらの成分は20代の頃から徐々に減少傾向にありましたが、年齢が増えれと減る量も増えてしまうようですね。

その結果、肌の保湿やバリア機能などが下がってシミやくすみが出来やすくなったり、弾力が下がることになってしまいます。

外からの補給は可能ですが、これまで以上に多くの量を与えなくてはいけません。

よってこれまで使っていたスキンケアでは、対処が追いつかない可能性が高いです。

機能の低下では血の巡り、減ってしまう成分では女性ホルモンにも目を向けたいところ。

睡眠での回復も期待薄?

肌のケアならば、睡眠によってターンオーバーを促すのが最も効果的と言われます。

しかし50代はホルモンバランスが変化しますし、細胞などが回復しようという動きも鈍くなってくる時期です。

ターンオーバーにかかる日数はおよそ28日と言われますが、年齢が増えればその分だけ日も延びるという話をご存知でしょうか?

50代になると、その倍はかかるとも言われていますから、ただ寝るだけでは20代の頃よりも回復が遅いのは当たり前です。

これらの問題を踏まえ、どのようなケアをすべきか見ていきましょう。

必要な成分を肌の奥まで届けられるものを

まず肌の回復を図るのであれば、含有成分だけでなく、その浸透力を重視しましょう。

角質や表皮層だけでなく、より深いところにある真皮層まで到達できる製品が望ましいです。

真皮層はコラーゲンやヒアルロン酸などを蓄え、また活動させている場所。

例えばコラーゲンの減少は真皮層で発生している問題です。

仮に効果の高い成分をふんだんに取り入れている製品であっても、その浸透率が表面に留まる程度しかなければ、真皮層の問題に対処できません。

目安としては、ナノ化という表記の製品を優先しましょう。

成分の分子をより細かくし、肌の中を通り抜けやすく作られていますよ。

また肌の表面で栄養素が効果を使ってしまわないように、こちらもナノサイズのカプセルに閉じ込めた、リポソーム化と呼ばれるタイプもおすすめです。

ただし真皮層だけに効果を与えても、表面が乾燥したりダメージを受けてしまうのでは意味がありません。

角質層にはセラミドというように、肌全体のケアを踏まえたアイテムにすることは忘れずに。

洗顔もスキンケアも量はたっぷりで優しく

また洗顔を含めたケアの行程に共通しているのが、量はたっぷり、かつ丁寧な塗布です。

50代に限らず言われていることですが、泡立てネットなどを使ってしっかり泡を作り、汚れを落としましょう。

泡はそれだけできめ細かいため、肌の奥に溜まった汚れも落としやすくしてくれますよ。

例えば、私が洗顔で今も使っていて気に入っているのは、「クリーミュー」です。
毛穴の汚れを落として潤いながら透明感もアップします。
クリーミュー(creamieux)の口コミ評価レビュー!他の洗顔料と何が違うの?

なお、なんでもそうですが高級品だからといってケチってしまうと、いつまでも問題は解決しません。

効果が無かったなどのクチコミは、使用量がもったいないとして減らしてしまう利用者の発言であることも。

ちなみにメイクでカバーを考える方もいるでしょうが、可能ならメイクは薄くする方が良いです。

落とすときの容易さもありますが、厚く重ねることが肌に負担となり悪化、さらにそれを隠そうとして重ねるという悪循環を生み出しかねません。

1ステップを薄めにして、チークなどで色の調整を行う方が明るい顔になりますよ。

ビタミンCやハイドロキノンで透明感を

肌を透き通るような白さにしたいならば、まずビタミンCを取り入れましょう。

美白効果だけでなく、抗酸化作用などもあり、肌には欠かせない成分です。

ただしビタミンCの状態で取り入れると、熱を始め様々な弱点があることから、肌に届く前に効果を失ってしまいます。

それを防ぐため、スキンケアならばビタミンC誘導体を選んでください。

もっと良いのは、ピュアなビタミンCが直接届くビタブリッドCフェイスです。

1日2回塗れば24時間持続するので個人的に気に入っています。

手持ちの化粧水にビタブリッドCフェイスを入れて使うだけです。
ビタブリッドCフェイスを使った体験とどんな効果?

またビタミンCは、真皮層でコラーゲンを生み出す効果も備えています。

コラーゲンも直接塗布するのではなく、体内で生成してもらうほうが作用しやすいんですよ。

肌全体の透明度をアップさせるだけでなく、シミ対策も要チェックです。

注目したいのはハイドロキノンという名の物質。

抗酸化…というより酸化からの還元効果ですね。

既に酸化してしまった細胞を、もとの状態に戻してくれますから、シミやくすみで悩んでいる方にもおすすめです。

ですが効果は高いものの、デメリットとして日に焼けやすくなる、白い斑点ができてしまうと言った現象が見られます。

基本はたっぷり使う方が良いのですが、ハイドロキノンのように制限がある場合は、製品の容量を守ることを優先しましょう。

私がハイドロキノン入りで実際に使ってみてシミが薄くなったと実感できたのは、ビーグレンの美白セットです。
ビーグレンのハイドロキノンは安全?美白できるの?

もし安全や量にこだわるのならば、ハイドロキノンに糖を加えたアルブチンで美白を行うのもありです。

弾力を上げるならたるませないのがコツ?

真皮層で皮膚は終わり、その奥は皮下脂肪や筋肉のある場所です。

50代になると、体力の衰えなども感じる方は多いでしょう。

それは筋肉の量が減る、あるいは弱くなり、今まで出来ていた運動が難しくなるという仕組みですが、顔にも同じことが言えます。

太っている状態をイメージするとわかりやすいかもしれません。

鍛えていない人のお腹は、張っているというよりもぶよぶよと垂れ下がっていることが多いはず。

ハリのある肌を取り戻すならば、顔の筋肉もある程度は維持しておきたいものです。

ただし、筋肉の維持と言っても、筋トレのような運動をするわけではありません。

顔を大きく動かすような動作はマッサージであってもおすすめできないんです。

なぜかというと、顔の皮膚は伸びやすく、引っ張るような動作で簡単に広がってしまうから。

例えるなら伸びきってしまったパンツのゴムですね。

使い始めの頃のように、もとのサイズに収縮することはありません。

筋肉を鍛えるというより皮膚が伸びるだけで終わってしまう動作も多く、顔全体が下に長くなったり、シワやたるみの原因になってしまいます。

伸びてしまった皮膚を戻すのはなかなか大変なことですから、今からでも顔の動きには気をつけましょう。

ケアするのであれば、ハリを取り戻す成分を備えたスキンケアの塗布が良いです。

リフトアップと銘打っているアイテムを探しましょう。

マッサージも美顔器などで全体をガッツリ行うのではなく、スキンケアをなじませるためなど、部分ごとに行う程度に留めてください。

もし美顔器を使いたいのであれば、超音波で行うタイプなど、皮膚を直接揉まない製品がおすすめです。

リンパマッサージならば効果があるとされますが、これも正しい方法を知っていないと、皮膚だけを延ばすだけなので注意しましょう。

肌の回復を助ける成長因子も取り入れよう

自己回復にも限界が出てきたら、補える成分を確保しましょう。

例えば成長因子と呼ばれるEGFやFGFなどがおすすめです。

どちらかだけでも良いですが、両方入っているものを選ぶと効果もより期待できます。

FGFはターンオーバーはもちろん、真皮層のコラーゲン生成にも力を貸してくれる成分です。

いずれもエイジングケア製品に多く含まれていますが、成分表示にはEGF、FGFの名前でなくヒトオリゴペプチド-1、あるいは数字が5や13で表記されているので参考にしてください。

レチノールやグロースファクターでも似た効果を得ることができます。

必要以上に老けないために抗酸化能力もチェック!

ビタミンCやハイドロキノンでも抗酸化についてお話しましたが、効果を持っている成分はほかにもあります。

代表的なところでは、アスタキサンチンです。

赤さが特徴の成分で、カニやエビの殻が赤いのはアスタキサンチンによるものだそう。

紅鮭やその卵であるイクラの赤でもありますから、食品から摂取することもできますね。

ポリフェノールの一種であることからも、抗酸化力の高さが伺えます。

また水素も捨てがたい成分です。

酸素と結合すると水になるという仕組みは、子供の頃理科の授業で習ったかと思います。

素人にもわかりやすい抗酸化の仕組みであり、水である以上排出するまでの間も安心できるのが良いですね。

飲料として水素水が販売されているほか、サプリメントや入浴剤など、様々な形で入手することができます。

水素水を化粧水代わりに使う方もいるようですね。

追加するなら「ライースリペア」も試してみては?

そうは言っても、製品はいろいろあるからかえって迷う。

もしそう思っているなら、「ライースリペア(RAIZ repair)」を検討してみてはいかがでしょう?

ライースリペアの主成分はライスパワー、つまりお米から作られています。

特にライスパワーNo.11と呼ばれる成分は、皮膚の保湿能力をより良くするとして世界で唯一認められています。

ちなみにライスパワーの発見、開発を行っている勇心酒造株式会社が、そのままライースリペアの製造も行っています。

ライスパワーはほかのメーカーにも譲渡していますが、開発元が直接携わっている製品であれば、信頼性も違ってくるはず。

ライースリペアはまた、常により良い状態の肌を目指すため、使い続けることのメリットも高いです。

例えば最初にシミを消す、次に肌の色そのものをワンステップ明るくする、次は弾力…というように、使えば使うほど、多くのケアが見込めます。

メーカーではトライアルセットとして、化粧水、美容液、クリームの3ステップを1つにし各10日分サイズで提供しています。

ライスパワーがどんなものかまだイメージできないという方は、トライアルセットで直に試してみることもできますよ。
ライースリペアトライアルセットの評価レビュー!口コミ効果で噂の「シワ・くすみ年齢肌ケア」は、本当?

まとめ

全ての成分を含んだアイテムとなると難しいかもしれません。

しかし保湿は化粧水で、美白は乳液でというように、ステップごとに異なる効果を求めることで、より多くの成分を補うことは可能です。

また今回触れた成分を含んでいれば、50代用化粧品と明記されていなくても使ってみる価値はあります。

年代が明記されているのは、あくまでメーカーから見ての判断ですから、個人差があるのは当然。

今まで使っていた製品が合わなくなってくるのも20代向け、30代向けに作られたからではなく、成分の違いだと理解しましょう。

アイテムの追加や買い替えを行うなら、今まで試したことのない成分を重視するのもおすすめします。

これまでに使った成分でその肌ということは、別の成分を与えることで対応できる可能性が高まるからです。

例えば美白でビタミンCに注目していたのなら、今度はハイドロキノンやアルブチンにすると良いでしょう。

その点でもライースリペアは望ましいかもしれません。

ビタミンなどと比べるとライスパワーを推奨するという声はまだ少なく、まだ試したことがない方も多いのではないでしょうか?

使っていないのならば、トライアルセットで始めてみましょう。

もしかすると、ライースリペアのライスパワーが年齢肌に効果的な成分となり得るかもしれませんよ。

ライースリペアトライアル公式サイト↓

ria+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved


2017年2月27日 五十代の透明感肌やハリがある肌は、どうすればできる? はコメントを受け付けていません。 美肌対策