秋の美白ケアのコツ

秋の美白ケアのコツについてです。

あっという間に長かった夏も終わろうとしていますね。

暑かった夏は少しずつお盆を過ぎた頃から気温も緩やかにではありますが下がってきており、スーパーではサンマや新さつまいもを見かけるようになりました。

ということは、一年で一番快適だと言われている短い秋がもうすぐ訪れようとしているのです。

秋といえば、味覚狩りや運動会などのイベントが多い時期ですよね。

過ごしやすく快適な時期ではありますが、肌にとっては再生するチャンスを秘めた大事な時期でもあるのです。

というのも、夏に受けたダメージをきちんと補修するチャンスとして、攻めの美白スキンケアを実行できる時期です。

夏は、紫外線が1年で一番強く降り注いでいるので、日焼け止めを使用して防いでいても、肌には負担がかかっています。

この夏のダメージをなかったことに近づけるのが、秋に行う美白ケアなんです。

では、具体的に秋にはどのような美白ケアをすれば良いのでしょうか。

まず、少しでも早く肌のターンオーバーを促進して、ダメージの受けた肌を脱ぎ去りましょう。

例えば、保湿しながらくすみを消して美白効果のある二十年ほいっぷでの洗顔は、敏感肌の方でも使用できるので、とても効果的です。
私もアトピーで大人ニキビもできやすい敏感肌ですが、顔だけでなく全身に使って満足しています。
体験レビュー→二十年ほいっぷの体験!くすみが消えて色白になった!

普通の洗顔では消えないくすみも消して全身明るい美白肌になりますよ。
公式サイト→肌を輝かせる『二十年ほいっぷ』

次に、肌内部に美白効果を浸透させるビタミンCなどを主体としたスペシャルケアをこの時期に取り入れるのはオススメです。

例えば、ビーグレンの美白セットの中の独自の美白成分「Q(VTC)(QuSome®化ビタミンC)」を含むQuSomeホワイトローションは、シミの原因をブロックしながら、今あるシミを薄くしてくれます。

さらに美白セットの中のQuSomeホワイトクリーム1.9には、安定型のお肌に優しいビーグレン独自の美白成分(QuSome®化ハイドロキノンで、シミのもとになるメラニンまで届くので、できてしまったシミにも効果が期待できます。

ゆっくりと長時間にわたり美白効果を発揮させる仕組みです。

その他アルブチンなど美白ケアにぴったりなのが揃っています。
私も3ヶ月くらい集中してビーグレンの美白ケアを使ったら、シミだけでなくホクロの色まで薄くなって、ちょっとびっくりでした。
ビーグレンホワイトケアセットの効果口コミやコスパを評価!他の美白ケアとの違いや噂は本当?

シミやそばかす改善の美白のスペシャルケアに、試してみてください。
公式サイト→ホワイトケア

そして、美白効果があるビタミン類を含む野菜や果物をたっぷり食べるといいです。
例えば秋の味覚の柿もビタミンCが多いです。
0-43

サツマイモもビタミンCが多いです。

食べ物だけでなくサプリメントかビタミン剤などを飲んで美白したい時は、美白医薬品のロスミンローヤルがシミにも小じわにも効果的と人気です。

シワ・しみに飲んで効く医薬品【ロスミンローヤル】

美白・保湿を秋にしっかりと取り入れることで、これからくる過酷な冬に向けての準備もできますので、是非あなたも実践してみてくださいね!

m+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved