ファティスタとプルエルの比較!どちらがキレイに太れて美ボディ?

ファティスタ(旧ファティーボ)とプルエルは、どちらがふっくらと太れて美ボディでキレイになるんでしょうか?

比べてみてわかった違い比較から選び方について体験や考えを交えて書きます。

世の中には、太りたくても太れないと切実に悩んでいる人がいます。

ダイエットがブームになっている今の時代、このような人は少数派なのではないかと思われがちです。

しかし実は表に出ていないだけで、このような悩みを抱えている人はたくさんいるのです。

そして、人により太れない原因は様々です。

太れない原因

まずは、太れない原因について簡単にお話しします。

太れない原因1 少食

体重が増えるメカニズムを考えていただくとわかりやすいのですが、

摂取カロリー+消費カロリー= ±

シンプルに説明するとこのようになります。

私たちは日頃の食生活から摂取カロリーを得ており、これを生きていくためのエネルギー源にします。

そして、消費カロリーとは、特に運動などを行わなくても消費するカロリーも含まれるため、日常的に体を動かす習慣がある人は特に消費カロリーが多くなります。

つまり、摂取カロリーが消費カロリーを上回れば、体重は自然と増える仕組みです。

逆に、摂取カロリーが消費カロリーを下回ることにより、体重は減少していきます。

日ごろから摂取カロリーを十分に得ることができない少食の場合は、消費カロリーが上回ってしまいがちです。

そのため、特に激しい運動などを行っていなかったとしても、自然と体重が減っていってしまいます。

そこで問題となるのが少食の原因なのですが、胃腸の働きが悪いことが挙げられています。

胃腸の働きが悪くなってしまうと、食事から得た食べ物をスムーズに消化吸収できなくなってしまうため、自然とお腹も空かず、食べても入っていかなくなってしまいます。

太れない原因2 新陳代謝が活発である

新陳代謝が活発な人は、それだけで消費カロリーが大きくなります。

すると、いくら食べていても消費カロリーの方が上回ってしまうため、結果的に太ることができません。

このようなケースの場合には、食べる回数を増やすなどして、摂取カロリーを多くとっていく必要があります。

太れない原因3 体質

最近では様々な研究が進んでおり、太りやすい人と太れない人の腸内環境を調べてみると、腸内細菌に明らかな違いがあることが判明しています。

太れない人に多く存在する腸内細菌の中には、食べ物で得た栄養素をブロックしてしまうものもあるため、どれだけ食べても栄養が効率よく吸収されなくなっているのです。

これは太れない原因を大まかに3種類に分けたものですが、他にも細かい要因はいくつも存在するようです。

では、このように食べても太れないと悩んでいる方たちは、一体どうやって悩みを解消していけばよいのでしょうか。

その大きな鍵を握っているのが、近年大きな注目を集めている太れない方向けのサプリメントの存在です。

サプリメントは様々なメーカーから販売されていますが、今日はそんなサプリメントの中から、特に人気の高い2つの商品のファティスタ(旧ファティーボ)とプルエルにスポットを当てていきます。

ファティスタ(旧ファティーボ)の特徴

効果が期待できる太るサプリメントナンバーワンに選ばれているのが、満足度91.7%の「ファティスタ(旧ファティーボ)」になります。

ファティスタ(旧ファティーボ)は、わずか3カ月間で5キロ以上も体重が増えた方が存在し、実際にためされた方の口コミ評価を見ても、良い変化を得られている方がたくさんいました。

ファティスタ(旧ファティーボ)が着目しているのは、太れない原因の1つとして先ほどご紹介した腸内細菌です。

太りやすさは腸内細菌によって変わる可能性があるため、サプリメントに4つの秘訣を施すことにより、この悩みを克服していきます。

秘訣1 麹から作った酵素

太るために1番大切なのは、やはり食事ですよね。

ファティスタ(旧ファティーボ)は、栄養の効率的な消化吸収を目指し、5種類の酵素と3種類の麹菌から作る生酵素を厳選しました。

3種類の麹菌は、白麹、黒麹、黄麹ですよ。

5種類の酵素は、推進値の100%の量を配合しています。

さらに麹菌で発酵させた生酵素は、麹100%の純粋な発酵食品素材になっています。

秘訣2 ビタミン・ミネラルといった豊富なスーパーフード

酵素が強く働くには、補酵素であるビタミンとミネラルが不可欠となってきます。

そして、その補酵素には化学的に合成したものではない自然のビタミンとミネラルがベストになります。

そこで、ファティスタ(旧ファティーボ)はビタミンとミネラルが豊富な自然健康食であるスピルリナを配合しました。

スピルリナとは、湖などに生息する藻の1種で、完全に近い栄養バランスを持つことから、スーパーフードの王様とも呼ばれています。

秘訣3 ポカポカ成分である乾燥生姜配合

痩せている方は、脂肪や筋肉が少なめで、体温が低下しがちなことが判明しています。

もしもあなたが日常的に、体調が悪くなりやすいと考えているのなら、それは痩せていることにより脂肪や筋肉が少ないからなのかもしれません。

体温が1度下がると、酵素の働きは半分以下にまで落ちると言われているため、乾燥生姜の成分を配合しました。

生の生姜の成分は体を冷やしてしまいますが、乾燥生姜は体を冷やすことなく、酵素の活動を高めてくれるのに最適です。

秘訣4 乳酸菌、ビフィズス菌、オリゴ糖配合

腸が汚れたり詰まったりしていては、そこで働く酵素の活動は鈍ってしまいます。

そこで、植物性乳酸菌とビフィズス菌を配合し、さらに善玉菌の大好物とも言われているフラクトオリゴ糖も配合しました。

酵素たちが元気に働くきれいな環境作りを目指し、考え抜いて厳選された組み合わせです。

さらに、この4つの秘訣だけではなく、いつまでも元気で若々しくいるための成分として、マカ、花粉荷、亜鉛、シトルリンなどといった成分も含まれています。

このように補酵素と温感成分がたっぷりです。

冷えやすい人にもぴったりなのがファティスタ(旧ファティーボ)です。

さらに良好な環境作りにより、酵素の働きを徹底的にサポートしてくれるのが、ファティスタ(旧ファティーボ)独自の特徴になります。

詳しくは→ファティスタ(旧ファティーボ)公式サイト

プルエルの特徴

続いて、もう一つのサプリメントが「プルエル」になります。

プルエルにも、理想的な体づくりに欠かせないアミノ酸に加え、体内酵素をバックアップする成分が豊富に含まれていました。

プルエルは、健康的な体作りをしたい人のために開発されたサプリメントです。

メディアにも掲載されたことにより注文が殺到し、一時期在庫不足に陥るほどの大ヒット商品となりました。

さらに、2017年の健康製品部門ではモンドセレクション銅賞を受賞しています。

それでは、プルエルの特徴もご紹介していきましょう。

特徴1 7つの酵素

健康的な体を目指すには食事がやはり大切です。

7つの酵素で乱れた食事をサポートし、健康的な身体環境を作ることが理想的な体を目指す第一歩になると考えています。

特徴2 7つの和漢

古くから伝わる和漢の中でも、食事をサポートして身体環境から内側をサポートする成分を厳選して配合しました。

配合されている和漢成分は、

ウイキョウ、チョウジ、アカメガシワ、経皮、生姜、カンゾウ、金時生姜

このようになっています。

特徴3 体に必要な必須アミノ酸であるBCAA

BCAAとはバリン、ロイシン、イソロイシン3つのアミノ酸の名称です。

プロテインと比較して体内への吸収速度が速いのがアミノ酸の特徴になります。

特徴4 酵母亜鉛

亜鉛は300種類の酵素をサポートする上で重要な働きを行っています。

また身体環境整えるためにも、重要な働きを担っていると言われています。

特徴5 大麦乳発酵液GABA

ギャバとはアミノ酸の1種で、体のバランスに大事な役割を果たしています。

リフレッシュ成分としても知られており、私たちの身体に良い影響を与えてくれる成分です。

このように5つの特徴を見ていただくと分かるように、身体バランスを整える上で必要な栄養素が豊富に含まれていることがわかります。

太るためにはプロテインが1番良いと思われがちですが、プロテインとはタンパク質を粉末化し、吸収しやすくしている加工食品のことです。

実はプロテインは低カロリーで、1回分のカロリーは100から150キロカロリーになります。

これはおにぎり1個分の160キロカロリーにも満たない数値であることがわかります。

これでは吸収率が良いプロテインであっても、普通に飲み続けていては体作りに向きません。

プロテインを飲む際には運動が必要になるため、プロテインはあくまでも運動サポートするための栄養素として考えた方が良いと思います。

プロテインと比較するとわかりやすいですが、プルエルは食事からの効率的な栄養の補給を大切にしています。

新鮮な酵素を使用することにより、栄養素をより効率よく吸収することに力を入れているのです。

成分から見た違いは?

2つのサプリメントはどちらも酵素に着目していますが、配合されている成分は大きく異なっています。

ファティスタ(旧ファティーボ)が重視しているのは麹菌やスーパーフードであるスピルリナといったビタミンミネラル豊富な補酵素です。

<ファティスタ(旧ファティーボ)の全成分は袋の裏に明記されていました>

見にくいので以下に書き出します。
粉末還元麦芽糖水飴、還元パラチノース、穀物麹、穀物発酵エキス、小麦、マルトデキストリン、亜鉛含有酵母、スピルリナ、ジンジャーエキスパウダー、黒胡椒抽出物、マカ原末、L-シトルリン、フラクトオリゴ糖、植物性乳酸菌末、乳酸菌、ビフィズス菌末(乳成分含む)、花粉荷
*無添加。
〜〜〜このように安心材料がたっぷりです。

一方、プルエルは、7種類の酵素と、7つの和漢を主成分としています。

<プルエルの全成分がこちら>
ビール酵母、麹菌含有素材(大豆培地麹菌、ドロマイト(炭酸Ca・Mg含有物)、酵母(亜鉛・マンガン含有)、ケルプ)、ハーブエキスパウダー(デキストリン、シナモン、リコライス、アカメガシワ、フェンネル、クローブ、ジンジャー、金時ショウガ)、大麦乳酸発酵液ギャバ、酵母(亜鉛含有)、HPMC、サンゴCa、L-ロイシン、L-バリン、L-イソロイシン、ステアリン酸Ca
※無添加は「香料・着色料・保存料・香料発色剤・漂白剤・防かび剤・膨張剤・苦味料・光沢剤」
〜〜〜こちらも安心材料ですね。

どちらもアレルギー体質の人は、成分チェックをしてみてください。

アレルギー体質の私の場合は、チェックしたらどちらも大丈夫でした。

個人的には、太りやすい酵素だけでなくスピルリナが含まれているのでファティスタ(旧ファティーボ)はいいなと思いました。

価格や保証から見た違いは?

では次に、価格や保証について見比べてみましょう。

ファティスタ(旧ファティーボ)は、通常価格が1袋7,000円+送料500円となっていますが、独自に提案している3つのプランを活用することにより、最大50%オフが実現しています。

これらのコースにはすべて30日間の全額返金保証が付いてきます。

プルエルは、通常価格が5,980円+送料500円となっていますが、送料無料の2本セットや、1,000円お得になる3本セットが存在します。

そして保証についてですが、全額返金保証制度は行っていないため、商品に不良があった場合のみ7日以内に返品することが可能です。

コスパの良さから見ても、ファティスタ(旧ファティーボ)かなと個人的には思いました。

あとはカウンセリングなど販売後のケアが充実しているのもファティスタ(旧ファティーボ)ですね。

世代や男女別にみた適正の違いはある?

ファティスタ(旧ファティーボ)は、どちらかと言うと女性らしい美ボディに導くサプリメントとして知られています。

20代から30代の女性を中心に人気です。

もちろん40代、50代の女性や男性でもキレイに健康的に太りたい人にも、ファティスタ(旧ファティーボ)は向いています。

実は私は50代なのですが、キレイに太って美ボディになりたいのでファティスタ(旧ファティーボ)を選びました。

おかげで胸は1カップアップしつつもお腹は出ていません。

メリハリがでてくる感じがします。

特に胸のハリと1カップアップは、予想外で嬉しい変化でした。

口コミでも人気ですね。
ファティスタ(旧ファティーボ)の口コミ評価!太って美ボディになれるって本当?

一方、プルエルは、女性60%男性40%位の割合で購入されているイメージがあります。

20代から50代と幅広く活用されている印象です。
和漢のパワーを実感したい人にいいと思います。
太るサプリのプルエルは太りすぎたりする?

まとめ

太れないことが悩みだと人に打ち明けると、女性の場合は特に嫌味だと思われてしまいがちです。

しかし、太れないことを真剣に悩んでいる人にとって、その状況はとても辛いものとなってしまいます。

この世の中に、何をしても100%太れない人は存在しません。

体内環境を整えて、栄養を吸収しやすい身体作りを行うことにより、あなたもきっと悩みを解決することができるはずです。

ファティスタ(旧ファティーボ)かプルエル、いいなと思う方を選んでサポートに活用して、ぜひあなたも健康的で楽しい毎日を過ごしてくださいね!

そうは言っても、どちらが良いか悩みという人は・・・

返金保証もついていてキレイに太って美ボディになるファティスタ(旧ファティーボ)から試すといいです。
酵素やスピルリナのパワーを実感したい人もどうぞ。
小さな粒なので飲みやすいのも個人的にはいいなと感じました。
詳しくは→ファティスタ(旧ファティーボ)公式サイト

カプセルでも大丈夫な人は、プルエルもいいです。
和漢のパワーを実感したい人もどうぞ。
詳しくは↓
プルエル

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved