いるじゅらさと20年ほいっぷの違いと選び方

いるじゅらさと20年ほいっぷの違いと選び方

顔がくすんでいるせいでどんよりと老けた印象を与えてしまう。

こんな悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか。

芸能人は肌に透明感を与えて明るく見せるように、女優ライトを使っています。

このライトを当てることにより、
気になるしわやくすみを光で飛ばして若々しい印象を与えながら美肌を印象づけているのです。

しかし一般人がいつも女優ライトを持ち歩くわけにはいかないため、できるだけスキンケアで肌の透明感を演出することが大きな鍵となってきます。

そんな透明感を引き出す女優ライトのようなアイテムとして注目を集めているのが、

いるじゅらさ
20年ほいっぷ

この2つの商品なのです。

では2つの商品の違いと選び方をご紹介します。

いるじゅらさの特徴

いるじゅらさ

いるじゅらさは、沖縄に存在する海底の泥を使用した洗顔になっています。

私たちの毛穴からは皮脂が分泌されていて、空気中のほこりや古い角質と混ざると肌の汚れの原因になります。

さらに皮脂は酸化することで悪臭の原因にもなるため、沖縄の泥である「くちゃ」を使用することにより余分な皮脂を吸着して洗い流してくれる役目を果たします。

さらに、くちゃを電子顕微鏡などで大きく拡大すると、格子のような構造になっており、この超微粉末が皮膚の汚れやニオイの元活性炭のように隅々まで吸着し、肌本来の美しい透明感に導いてくれるのです。

実は、私も今使ってみていますが、翌朝から透明感が増したので満足しています。

保湿成分も入っているからか洗い上がりもしっとりさっぱりで良い感じです。

体臭を消す効果もありますよ。

色白美人という意味の「いるじゅらさ」、まさに色白になりたい人のための美白洗顔石鹸!と思いました。
顔だけでなく全身の美白ケアに使っています。
img_0813

20年ほいっぷの特徴

20年ほいっぷ

20年ほいっぷは、冒頭でもお話しした通り、女優ライトを浴びたような肌を目指して開発された洗顔になっています。

肌が明るく透明感が出ることにより、気になるシワやくすみを飛ばして目立たなくしてくれることから、くすみの原因になる「皮脂膜のくすみ」「角質層のくすみ」この2つに着目しました。

しかし肌表面の皮脂膜のくすみを改善するためには洗浄力を高めないといけません。

そして、肌内部の角質層のくすみを改善するためには、洗浄力の強い洗顔を使うと肌に必要な潤いまで取り除いてしまうため、角質層のくすみが改善されなくなってしまいます。

この矛盾を改善するために編み出されたのが20年かけて開発した特殊技術「釜ねり製法」でした。

実際に試してみると、今まで見たことのないような肌の白さと透明感を取り戻すことができたため、本格的に改良を重ねながら商品化されたのが20年ほいっぷです。

私も使っていましたが、くすみが消えるのは本当です。
明るい顔になりますよ。
二十年ほいっぷの口コミ!くすみが消えて色白になった体験
nijyunenhoippuaetumei

共通点と違いや選び方

2つの洗顔に共通しているのは、余分な皮脂や角質などの不要な汚れを除去しながら、必要な潤いはしっかりと残すことができる点です。

ただし作られている製法も成分も異なることから、実際に得られる効果は人それぞれです。

そのため、肌に透明感が欲しいとアンチエイジングを考えている方は、ぜひ両方試してみて下さい。

私も実際に両方試しましたが、甲乙つけがたいです。

最近は、黒ずみ美白ケアにもなる「くちゃ」に興味があるので、「いるじゅらさ」を使って満足しています。

そして口コミサイトなどにも2つの商品は紹介されていますが、どちらもとても満足度が高く、かなり好評です。

価格帯を調べてみると、公式サイトから最安値で購入した場合、

いるじゅらさ 934円
20年ほいっぷ 1697円

このようになっています。

商品に対する細かい説明も公式サイトには記載されていますのでぜひチェックしてみて下さい。

◆どちらから試そうかなと悩む方は・・

◯沖縄の泥「くちゃ」でくすみだけでなく黒ずみ美白ケアも実感したい方
消臭効果も期待したい方
お得な方から試したい方は、いるじゅらさをどうぞ。
口コミをチェックしてみてください。
いるじゅらさ(色白美人)の口コミと洗顔石鹸で美白ケアは本当?

くすみがすごく気になる方は、二十年ほいっぷをどうぞ。
二十年ほいっぷ公式サイト↓
二十年ほいっぷ

m+