コントロールジェルmeで脇を抑毛するメリット

抑毛ジェルのNewコントロールジェルmeで脇を抑毛するメリットについてです。

脇のむだ毛をなんとかしたい!となると、考えられる方法は、脱毛(エステ、クリニック)、家庭用脱毛器、自己処理(カミソリ、除毛テープ)などではないでしょうか。

脱毛エステやクリニックでの脱毛は定期的に通わないといけないことと、費用が高いことがデメリットですよね。

家庭用脱毛器も、初期費用が結構かかりますし、自分でうまくできずに挫折する人がいるかもしれません。

カミソリや除毛テープでの自己処理は、とりあえずカミソリやテープさえ買えば処理できるので経済的です。

でも下手すると血が出てしまうくらい痛いですし、お手入れ頻度も多いです。

しかも敏感肌の人やアトピーの人にはなかなか難しい処理方法ですよね。

どのむだ毛処理方法を選んでも一長一短です。

しかも結構費用と時間をかけて行ったエステやクリニックの脱毛でもフラッシュ式やレーザー式なら、そのうちむだ毛が生えてきます。

永久脱毛といっても死ぬまでむだ毛が生えてこないというわけではないんですよね。

美容業界では、一定期間、むだ毛を抑えれたら永久脱毛と言って良いことになっているんです。

だから一番むだ毛に対して素早く効果を出したいなら、脱毛と抑毛ジェルの併用が一番です。

脱毛では、自宅脱毛なら脱毛器のケノンがエステ並みでおすすめです。

プロに頼みたい時は、脱毛サロンのミュゼプラチナムが総合評価が高くおすすめです。

そして、抑毛ジェルなら、おすすめはNewコントロールジェルmeです。

脱毛エステや脱毛器で処理した後に、保湿クリーム代わりにコントロールジェルmeを使うと効果的です。

カミソリや電気シェーバーで処理後も、保湿も兼ねてコントロールジェルmeを使うと、肌荒れ予防になって剃る回数がだんだん減ってくるので効果的です。

脱毛を急いでいない時は、コントロールジェルmeだけを気長に脇に塗り続けるだけでも、保湿しながら抑毛するのでだんだんムダ毛が細く薄くなるので目立たなくなりますし、黒ずみがあれば改善します。

コントロールジェルmeは、メインの抑毛成分であるヒオウギエキスと、浸透力を高める大豆エキス以外に、アマチャエキス、ウンカリアトメントサエキス、ペルベチアカナリクラタエキスという成分が入っています。

これらは、保湿、消炎、アンチエイジングに良いとされている成分で、天然由来の原料で作られています。

そんな肌に優しい抑毛ジェルなのがコントロールジェルmeのメリットです。

無添加なので年齢制限で脱毛エステに行けないような小学生くらいの子供から敏感肌の大人まで安心して使えるのがメリットです。

コントロールジェルmeは、脇に塗るだけなので、何より、他のむだ毛処理方法に比べて痛みが全くないのが良いですよ。

私もアトピーで大人ニキビもできやすい敏感肌なので、コントロールジェルmeで脇も抑毛しています。

最初のころは脇を剃った後に塗っていましたが、今は、剃らなくても大丈夫になっています。

保湿効果や美白効果もあるので潤いますし、黒ずみも消えて明るい肌になるので脇だけでなく顔にも化粧水代わりに愛用しています。
腕やVIOラインにも使っていますよ。
全身の抑毛、保湿、美白に向いています。
体験レビュー→NewコントロールジェルMeの口コミと体験

保湿しながら抑毛して自然に薄く細くなって生えにくくなるので便利です。
お肌に優しいムダ毛処理をしたい方や黒ずみ改善で美白や保湿したい方にぴったりです。
公式サイト→お肌をつるピカに導く話題のムダ毛対策ジェル

y

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved