スリムフォーとプロシア8の違い比較!どちらを選ぶと良い?

スリムフォーとプロシア8(旧キュッとCUTTO)の違い比較!どちらを選ぶと良い?

以前はちょっと動けば凹んでいたお腹周り、最近はむしろブヨブヨのお肉が増えているような?

そう感じている方は、基礎代謝が落ちてきているのかもしれません。

基礎代謝は年を経るごとに低下するため、健康的な生活をしていても、以前と同じダイエット法では痩せられないこともあるんです。

もちろん学生時代は授業や部活でスポーツをしていたから体型を保てていた、そう考えることもできます。

ですが大人になった今も、通勤や家事で体を動かす機会はありますし、人によっては学生時代より増えている場合もあるでしょう。

それなのに体重が一向に減らないのは、体内に蓄積された脂肪が、以前より燃えにくくなっているからです。

ではどうすれば良いのでしょうか?

簡単に言ってしまえば、内側から脂肪燃焼を助けてくれる、あるいはもっと根本的に、基礎代謝を上げれば解決します。

それを手っ取り早く行ってくれるのが、ダイエットサプリメントです。

サプリは栄養素を優先した食品と言ってよく、成分ごとに、あるいは利用者の目的に応じた製品が多数発売されていますよね。

その中にはダイエット、体の内側に働きかけてくれる種類も存在します。

特に「スリムフォー(slimfor)」と「プロシア8(旧キュッとCUTTO)」の2つが注目を集めています。

しかしどっちもお腹の悩みに対処してくれるからといって、ろくに確認しないのはよくありません。

それぞれは成分も異なりますから、人によっては合わない可能性だってでてきます。

2つを比較して、どちらが適しているのか見極めてみましょう。

一般の食品とは違うスリムフォー

まずはスリムフォーの特徴をチェックします。

1番の特徴は、機能性表示食品という保健用食品に分類されるサプリだということです。

トクホの愛称で知られる特定保健用食品と同じカテゴリで、名前からもわかるように、どのような効き目があるのかを記すことが許されています。

逆に言えば効き目が高く、失敗する可能性が低いからこそ明示が可能とされているんです。

責任はあくまでメーカーにありますが、安心もしやすくなりますね。

ジャンルとしてはまだ少ないのか、「どういう食品なんだろう?」と興味を持ったのがきっかけで申し込んだ方も多いようです。

既に利用しているのは、30代の方が目立ちます。

基礎代謝が低下し、なおかつ、ほかの手段ではケアしにくい層なのでしょう。

無論のこと環境は人それぞれですが、例えば主婦の方でも昼夜問わず育児に追われていたり、仕事をしている方ならばある程度責任ある立場にあるために残業も多いのではないでしょうか。

基礎代謝は睡眠を始めとする生活習慣を見直すことでケアできることもあるのですが、赤ちゃんが夜中に泣き出してしまうなど、自分ではどうしようもない場合だってありますし。

大豆じゃないイソフラボンに注目

成分はいくつか入っていますが、特に葛から採取されるイソフラボンに着目して作られています。

花の部分に多いテクトリゲニンと呼ばれる物質がそれです。

摂取することで内臓脂肪を減らすのを助ける効果があるようです。

また摂取したブドウ糖が、体の中で脂肪に変わってしまうのを防ぐ効果も備えています。

炭水化物などから摂れるブドウ糖は、脳や筋肉を動かすために欠かせないエネルギー源です。

ところが必要以上に摂取した場合、余ったブドウ糖は体外に排出されるのではなく、脂肪として貯められてしまいます。

もちろん脂肪もエネルギーとして使うことはできますが、それをブドウ糖に戻して脳に使ってあげるということはできないようです。

それこそ、毎日の生活で脳は使っているのですから、それでも痩せられないことが証明と言えるかもしれません。

ならばテクトリゲニンによってブドウ糖を脂肪にしない選択をして、これ以上の蓄積を妨ぐのも効果的だとわかります。

加えて葛の花からは、サポニンという物質も得られます。

高麗人参などに含まれる成分といえば、能力に期待が高まるのではないでしょうか?

こちらも体に脂肪を貯めない役割を果たしてくれますし、上がりすぎてしまったコレステロール値を下げる助けも期待できます。

代謝だけでなく免疫力や肝機能の上昇を促すサポートの働きもあるなど、健康維持にも向いている物質と言えます。。

健康診断の結果に悩んでいる方にもスリムフォーは、おすすめですね。

疲労もサポートするので、運動が苦手という方はもちろん、毎日激務だったり疲れやすい方も摂取して欲しい成分です。

自然の素材が中心でも摂り過ぎてしまうのは考えもの

ダイエットのためのサプリということもあって、余計なものは極力入れない配慮をしています。

しかし物質によっては、たくさん飲んでしまうと体に悪影響を及ぼすものもあります。

お腹を下してしまうかもしれない還元パラチノースや、赤ちゃんに悪影響となるショ糖エステルですね。

規定量を守れば良いとは言え、後者は妊娠中や授乳中は飲むこと自体も避けたほうが良いかもしれません。

赤ちゃんに関わるのであれば、妊娠中、授乳中いずれの場合でも同じです。

どちらかといえば、育児中のお母さんはむしろ太っていたほうが良い気もしますが、妊娠中や授乳中で体重が気になる場合は、担当医師にしっかり了解をもらってくださいね。

ちなみにスリムフォーは、1日4粒飲むことを目安としています。

1度に飲む粒の数や時間帯は飲む人の自由ですが、脂肪を得た食後にサプリも一緒にと考えると効率も良いかもしれません。

スリムフォーは、血液中のコレステロールを下げるサポートや脂肪燃焼したい人にぴったりです。
ぽっこりお腹がスッキリほっそりのウエストへと変身!と人気です。
スリムフォーのメリットとデメリットの解決策

プロシア8(旧キュッとCUTTO)は実感を得たい方におすすめ?

もう1つのプロシア8(旧キュッとCUTTO)も、利用者の層はスリムフォーと似ています。

成分は異なるとは言え目的は一緒ですから、それも当然なのかもしれませんね。

強いて挙げるなら50歳以上の、より上の世代の方も注目しているのが特徴です。

また痩せるより早く、お腹の調子が整ってきたというような、体に良い影響が見られたとする意見も目立ちます。

利用者にとって認識しやすい形で効果を感じられるのも、人気の理由なのでしょう。

さらにメーカーでは医師を対象にアンケートを実施しており、そのほとんどが効果を期待できるとしているのもポイントです。

スリムフォーは健康志向の食品であることを提示しましたが、プロシア8(旧キュッとCUTTO)は一般の方の感想だけでなく、専門家の意見が提示しています。

主成分はりんごとオリーブ

プロシア8(旧キュッとCUTTO)が目をつけたのはりんごです。

熟す前の若摘みで、成分がたっぷり入っているものを選んでいます。

食用でお馴染みの植物を用いる点も似ていますね。

ただし成分はイソフラボンではなくポリフェノールで、物質名はプロシアニジンB2と言います。

ポリフェノールといえばエイジングケアで有名ですが、プロシアニジンB2も同様に、活性酸素を取り除いて体に不要な成分を排出してくれます。

体内の不要物というところから、ピンと来た方もいるでしょう、プロシア8(旧キュッとCUTTO)は内臓脂肪のケアをりんごポリフェノールで行っています。

もう1つ、オレアビータと呼ばれるオリーブの葉を使った濃縮エキスも取り入れています。

オリーブも美容オイルなどで効果が知られていますが、プロシア8(旧キュッとCUTTO)ではミトコンドリアによる細胞活性化の効果を利用しました。

細胞が活発になることで、基礎代謝のアップをするのが目的です。

飲用は1日2粒だけど未成年は許可が必要

プロシア8(旧キュッとCUTTO)も飲み方にルールはありません。

1日分は2粒なので、好きなタイミングで飲みましょう。

スリムフォーと同じく、妊娠中や授乳中など一部の方は医師と相談でという点も共通しています。

1つ特徴的なのは、プロシア8(旧キュッとCUTTO)は注文の段階で、未成年に対して保護者の同意を求めていることです。

未成年の方はダイエットがダメというより、もともと細胞が活性化しているので、更に煽ると良くないのかもしれませんね。

申し込みフォームは規約にチェックを入れるだけなので、うっかり見逃してしまいがちです。

注文する旨、きちんと伝えておきましょう。

デトックスしながら脂肪を減らすサポートをするのがキュッとCUTTOです。

jyoseiyaseta

あなたに必要な栄養はどっち?

体を内側からケアしていくことは同じですが、成分ははっきり違いますね。

どちらが普段足りていないかで決めるのも良いかもしれません。

例えば毎日大豆製品はきちんと食べている人は、イソフラボンはある程度摂取できているのではないでしょうか?

もちろん完璧ではないでしょうが、それで痩せないということは、ほかの栄養によるアプローチの方が良いのではないか、と想像できます。

ポリフェノールはワイン、あるいはその原材料となるベリー系に多いイメージですね。

ほかの効果で比べても良いでしょう。

スリムフォーならば血液中のコレステロールを下げるサポートにもなります。

プロシア8(旧キュッとCUTTO)なら脂肪以外の老廃物なども除去(デトックス)してくれるでしょう。

一方飲み方はどちらも自由ですが、1日分で見たときにプロシア8(旧キュッとCUTTO)の方が粒数が少ないです。

いずれも比較的小粒としていますが、錠剤タイプが苦手な方はキュッとCUTTOにすれば続けやすいかもしれません。

購入方法の違い比較

購入方法でも比較してみましょう。

スリムフォーは初回9割引

まずスリムフォーは定期購入に限って、初回分を定価の9割引で申し込むことが可能です。

ただし初回の量は通常の半分になるので、1日分あるいは1粒で見たときの単価としては、2割ほどの価格でしょうか?

2回目以降は価格が38%引きになるため増えますが、量も通常に戻ります。

送料などは継続でも1回きりでも変わらず必要なようですね。

ちなみに値段を安くする代わりに一定の回数買い続けることを規約とするメーカーが多いですが、特に明言されていません。

初回を試しただけでやめても良いんです。

ただし辞めるという連絡は、次回発送日の5日前までに行わなくてはいけません。

2回目の発送は初回分の量を踏まえて早めに実施されますから、申請も早めなくてはいけないと覚えておきましょう。

電話だけでなくメールでも連絡が可能なので、メーカー営業時間である平日11時から18時に猶予がない方は活用しましょう。

ただしスタッフが確認するのは次の営業時間内である可能性が高いです。

相手が見たタイミングが期間内であるよう、余裕を持った対応が望ましいでしょう。

プロシア8(旧キュッとCUTTO)は初回分がタダ

プロシア8(旧キュッとCUTTO)は割引どころか、0円で定期コースの初回注文ができます。

初回は送料だけ支払えば良いんですね。

2回目以降は29%安くなっており、こちらもやや半端な割引ですが、送料がかかりません。

継続条件は最低で4回なので、それ以前にストップするかもしれないと不安な方は、1回限りの購入で申し込んだほうがリスクはありません。

なぜかというと、条件を満たす前の解約は本来の価格との差分や、契約違反に関する手数料などが発生するためです。

約4ヶ月続けられるか、申し込みの前によく考えてみましょう。

4ヶ月分経過すれば、以降は次回発送日の1週間前までにやめたいときは連絡を行うことで対応してくれます。

電話やメールと言った手段や、営業時間の指定は特に決まっていないようですが、予め確認しておくとスムーズかもしれませんね。

サプリ以外の特典も豪華

キュッとcuttoは、サプリだけでなく、ダイエットを成功させるために役立つ付録があるのも特徴です。

ダイエットカレンダーとダイエットサポートブックと呼ばれる2つがついてきます。

カレンダーは一般的なものとは違い、毎日の体重を折れ線グラフの形でチェックできる作りです。

毎日の変化をきちんと計測することで、ダイエットできていることが伝わるのは嬉しいですね。

サポートブックは、痩せるための知識が詰め込まれた冊子です。

これまでに行ってきたダイエットではなぜダメだったのか、もしかしたら、基礎代謝以外にも理由があるかもしれません。

自分にとって適した方法はどれなのか、今一度確認してみましょう。

これらのツールは自分で探し求めることも可能ですが、それにかける手間暇は意外と面倒なものです。

既に用意されている分、やる気も沸くのではないでしょうか。

ダイエットをやめられない状況にするのも吉?

スリムフォーはいつでも解約可能ですから、初回が2週間分しかないとはいえ、もし合わなかった時に安心と言えます。

ただよほどのことがない限り、短期間で辞めてしまうことは効果を実感できる確率も下げてしまいます。

それを考えると、続けなくてはいけない状況を作り出すことも必要なのかなと感じます。

以前サプリで失敗したことがある、初めに味や匂いを知りたいなど、短期間で判断したいことがあるならば話は違います。

しかしそうでなければ、プロシア8の制限はサボりがちな人にはむしろ有益かもしれません。

サポートが充実しているのも魅力です。

まとめ

効果はそれぞれに長所がありますが、実際に飲むとなった時はプロシア8(旧キュッとCUTTO)の方がお手軽にできるでしょうか。

一方注文に関してはスリムフォーが始めるのも辞めるのも簡単です。

しかしプロシア8(旧キュッとCUTTO)ならば続ける上で便利とも言えるからです。

あるいは解約の仕組みを踏まえてまずスリムフォーから試してみます。

その上で合わないと思った時点でプロシア8(旧キュッとCUTTO)に変えるのも良いとは思います。

◆簡単な選び方としては・・・
継続を決意してしっかり痩せたい人
りんごとオリーブ成分などでダイエットしたい人は、プロシア8(旧キュッとCUTTO)をどうぞ。
プロシア8(エイト)の評価レビュー!口コミ効果で噂の内臓脂肪減少は本当?

 

気楽にいつでも中止できる方がいい場合
葛のイソフラボンなどでダイエットしたい人は、スリムフォーをどうぞ。
スリムフォーのメリットとデメリットの解決策

ria+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved