クリアネオとクリアンテの違い比較!どちらを選ぶと良い?

クリアネオとクリアンテの違い比較!どちらを選ぶと良い?

体臭を防ぐために、デオドラント系のアイテムを活用している方は多いと思います。

ブランドはもちろん、スプレーやシート型、クリームやロールオンなど、その形状も様々ですね。

しかしその多くは、デオドラントも可能な制汗剤であるため、汗を抑えることはできてもニオイが消えないケースもあるそうです。

また、ニオイの原因は汗だけに限らないことも、解消できない理由と言われます。

外部から皮膚に付着する汚れや雑菌はもちろんのこと、肌にもとから存在する菌や、皮脂の分泌などにも配慮しないといけないんです。

こうした問題にも対処してくれるアイテムとして、巷では「クリアネオ(CLEANEO)」と「クリアンテ(Cleante)」の2種類が注目を浴びています。

なかなか消えないニオイに悩んでいるのであれば、どちらかを使ってみるのも良いかもしれません。

しかし、どちらの方が効果が高いのでしょう?

人によって効き目が違うのかなども含め、2アイテムを比較してみました。

クリアネオはワキガだけでなく足のニオイやスソワキガにも対応

どちらもワキガケアと銘打っていますが、クリアネオの場合は足のニオイやスソワキガ(デリケートゾーンのニオイ)にも対処してくれます。

脇に比べると気づかれにくい部位ではありますが、屋外から室内へ入って靴を脱ぐ時、恋人とのナイトライフなど、ここぞという時に不安になってしまう箇所とも言えますよね。

これらの部位のニオイも気にしているという方は、クリアネオで一緒に消臭ケアするのも良いでしょう。

利用者層も20代、30代が中心になっていますが、10代の方と40代の方というように、親子で使用している方も見られました。

外部機関での品質検査や、無添加の配慮、自然由来の素材で構成されているなど、色んな肌の方に使いやすい設計も魅力です。

電話やメールで、体臭に関する相談も受け付けているとのことなので、クリアネオの使い方に限らず、困ったことがあれば頼ってみてはいかがでしょう。

イソプロピルメチルフェノールによって菌を除去

クリアネオがニオイをケアできる主な理由の1つは、イソプロピルメチルフェノールという殺菌成分が含まれているからです。

同じく菌によって発生するニキビや、水虫に用いられていることもあります。

ただ効果が強いため、使いすぎによっては副作用を起こすこともあるそうです。

副作用としては皮膚炎が多いので、本来肌に必要な菌までやっつけてしまう、強力ゆえに刺激になってしまうのかもしれません。

しかし厚生労働省で規定量が定められており、医薬品や美容製品にはそれ以上の配合を禁止しています。

よってクリアネオも、1回の使用量を守れば副作用に怯える必要はないでしょう。

収れん作用は汗にも効果的?

肌を引き締めて開きがちな毛穴を閉じてくれるなど、収れんと言えば美肌ケアを思い浮かべるのではないでしょうか?

実は、汗にも効果が見られるんだそうです。

毛穴を閉じると記しましたが、汗のうちアポクリン腺から分泌されるものは、まさに毛穴から出ています。

クリアネオでは収れん効果をもたらしてくれる成分として、パラフェノールスルホン酸亜鉛を配合しています。

ニオイだけでなく、汗の量も調節してくれるため、肌の湿った状態が不快に感じる方も使いやすいアイテムですね。

ワキガ、足の臭い・体臭ケアだけでなく脇汗、足汗も気になる人にぴったりなのがクリアネオです。
子供、男性、敏感肌でも安心な素材の消臭クリームがクリアネオです。
クリアネオのレビュー!脇の臭いと脇汗解消評価

クリアンテはワキガを重点的に長くケア

一方のクリアンテは、ワキガに特化した製品という印象を受けます。

もちろんほかの部位に使っても良いのですが、クリアネオほどアピールはしていないようですね。

利用者の幅は似ていて、クリアンテも年齢を問わず、使われています。

男性も使っていたり、親子、家族全員で愛用しているという方も多いです。

特徴は持続力でしょう。

1日6プッシュは最低するべきというクリアネオに対して、クリアンテは朝に1プッシュすれば夜まで効果を発揮してくれるとしています。

もちろん気になる部位は2回以上塗布しても構いませんが、仕事や家事で忙しい時間に塗る手間を省けるのは良いですよね。

イソプロピルメチルフェノールや柿渋エキスなど共通項も多い

天然素材に拘っていることや、ニオイの悩みを解決するという目的が同じなためか、クリアンテはクリアネオと共通する成分も多いです。

例えばクリアネオのところで触れたイソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)やパラフェノールスルホン酸亜鉛も含まれています。

植物の素材ではまず柿渋エキスです。

クリアンテでは柿タンニンという名称ですが、どちらも同じものを指しています。

タンニンはポリフェノールの1つであり、抗酸化能力が高い物質です。

空気中に浮かんでいる雑菌や汚れから肌をガードしてくれます。

シャクヤク、緑茶も共通した素材です。

前者は収れん作用や皮脂のバランス調整を行ってくれる効果があるため、こちらもニオイケアに欠かせません。

後者は柿よりもタンニンが含まれているイメージの強い植物ですね。

脇の臭い、ワキガが特に気になる方は、クリアンテがぴったりと言えます。
クリアンテの口コミ効果!他の消臭制汗剤との違いは?

類似点や違い

クリアネオとクリアンテは共通点も多いですね。

とはいえ、違いもいくつかあります。

なので、ここでは比較して類似点や違いを書き出してみます。

どちらも制汗効果は高くない?

ニオイに対処するという製品のためか、どちらも制汗効果に対して良くない口コミが見受けられます。

デオドラントはそのままニオイケアの意味ですが、該当するアイテムでみると制汗剤のイメージも強いので、両方を期待する方も少なくないのでしょう。

クリアネオであれば、制汗効果のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛を含んでいるので、抑えてくれる印象がありますよね。

普通の人の汗には、十分に制汗を期待できます。

しかしものすごく大量に汗をかいた時や、もともと多汗症の方には効果が若干薄いとされます。

クリアネオで臭いケアはできたけど、さらに汗をもっと減らしたい時は、制汗サポートになる制汗サプリメントなどを併用するのもいいかと思います。

クリアネオもクリアンテも、消臭サポートがメインのデオドラント剤です。

成分の違いは植物の素材?

主な成分は共通しているものが多いので、それ以外の成分で気になるものがあるならそちらを選択すると良いでしょう。

クリアネオの全成分は以下です。
〔有効成分〕
パラフェノールスルホン酸亜鉛、イソプロピルメチルフェノール
〔その他の成分〕
架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、メチルポリシロキサン、架橋型メチルポリシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、イソノナン酸イソトリデシル、精製水、塩化ナトリウム、クエン酸ナトリウム、エタノール、フェノキシエタノール、1,3-ブチレングリコール、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、ウーロン茶エキス、チョウジエキス、クララエキス(1)、オウバクエキス、ラベンダーエキス(1)、カキタンニン、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、チャエキス(1)、クマザサエキス、シャクヤクエキス、ハマメリスエキス、紅茶エキス、ドクダミエキス、セージエキス、ブドウ葉エキス、ビワ葉エキス、オトギリソウエキス、カモミラエキス(1)、シナノキエキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキスアルピニアカツマダイ種子エキス、プルーン酵素分解物、ヒメフウロエキス、ユキノシタエキス、ダイズエキス、アマチャエキス、海藻エキス(5)、加水分解シルク液、水溶性コラーゲン液(4)、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、コメヌカスフィンゴ糖脂質、水素添加卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコリン、無水ケイ酸、l-メントール、クロルヒドロキシアルミニウム、無水エタノール
====
以上です。

上記を見るとわかるように、クリアネオであればハマメリスやヒメフウロ、プルーン酵素などがクリアンテと違って含まれています。
他にもクリアンテにはない有効な植物成分がたっぷりです。

クリアンテの全成分
フェノールスルホン酸亜鉛、シメン-5-オール(イソプロピルメチルフェノール)、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、架橋型ジメチコン、シクロペンタシロキサン、PEG-9、ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、塩化Na、クエン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、BG、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、柿タンニン、炭酸水素Na、炭酸Na、ワレモコウエキス、ヨクイニンエキス、茶エキス-1、シャクヤクエキス、メントール、精製水
===
以上です。

クリアンテの成分で、クリアネオにないのは、ヨクイニンやワレモコウですね。

成分の豊富さでは、クリアネオの方に軍配が上がりますね。

ただ、アレルギー体質の人は、苦手な成分が含まれていたら、違う方にするという決め方も良いでしょう。

使い方では、クリアンテに分があるでしょうか?

1回が最低条件で、あとは必要に応じて塗布するため、6回が最低条件となるクリアネオより手間がかかりません。

ただしどちらも、早くケアしたいからといって過剰に使ってしまうのは厳禁です。

購入方法や返金保障の違い

購入方法や返金保障の違いも似ていますが、それぞれの違いをみてみましょう。

クリアネオの定期購入なら永久の返金保証あり

製品を申し込むなら、どちらもメーカーの公式サイトで定期コースを選ぶとお得です。

クリアネオの場合は、1本ずつの定期便だと通常価格より1000円ほど安く、かつ送料無料で申し込むことができます。

また2本ずつ頼める定期便もあり、こちらはより安くなっています。

通常価格、つまり都度購入の値段からもわかりますが、2本同時購入は1本だけの場合よりも単価が安いんです。

最初は自分に合っているかをチェックするため、1本から始める方がほとんどだと思いますが、継続が決定したら、使用量に応じて2本購入に切り替えるのもありですよ。

そして定期便の方は、返金保証が永久に継続という特典も。

都度購入の場合でも30日までは適用されますが、もうちょっと長く試したいという方に便利です。

金額は初回購入分のみですが、手順の踏めばいつでも返金くれますよ。

まずは電話連絡が必要ですが、営業時間が平日の10時から19時に限られてるので気をつけましょう。

洋服のケアも安心なスプレープレゼント

クリアネオは定期購入を選ぶと、衣類用の消臭スプレーもセットでついてきます。

脇のケアをしても、洋服に染み付いてしまったニオイは残ってしまいますから、スプレーできちんと対処しましょう。

足のニオイが気になる方は、靴に吹きかけるのもおすすめです。

更に毎月異なるプレゼントも同梱されています。

いずれもニオイケアのためのアイテムだそうなので、クリアネオと合わせて消臭の相乗効果を期待したいですね。

クリアネオは1回で解約しても良い?

定期購入において、ほとんどのメーカーでは継続の最低ラインを設けています。

これは製品の効果をきちんと確認して欲しいというメーカーの想いが込められていると言いますが、合わないと早い段階で気づいてしまった場合は損失になることもあるでしょう。

そんな利用者の声に応えたのか、なんとクリアネオは定期コースを選択しても1回で解約して良いというルールを新たに加えました。

2017年1月からの改訂なので、もしこれまでクリアネオを断念していた方は、今一度チェックしてみるのもおすすめですよ。

もちろん、返金保証も対象です。

もともと対象となるのは初回1回分の金額ですから、万が一合わない場合でも、1回でストップすることで損失を限りなく0に近づけることができます。

振込手数料などがお客様負担のため、その分だけ返金額から差し引かれることは理解してください。

ちなみに容器や明細書の返却は、こちらであらかじめ支払う元払いを選ぶことが条件となっています。

お客様負担だから向こうで差し引いてくれるだろうと着払いで送ってしまうと、送り返されてきてしまうそうなので注意しましょう。

クリアンテの定期購入は初回タダ?

クリアンテの定期購入はラクラクコースという名前で提供されています。

内容は初回が送料のみで良く、2回目以降も通常価格の64%の値段で買える上に送料が無料です。

継続は初回以外に3回行うことが申し込みの条件ですから、合計で4ヶ月は続けることになります。

解約できるのは、最も早くて5回目発送日の1週間前ですね。

次回発送日の7日前というのは、いつの解約でも同じなので、覚えておきましょう。

クリアネオ同様、連絡を入れる場合は電話なので、平日の10時から17時という営業時間に注意です。

条件を守ればクリアンテも永久に返金してもらえる

クリアンテにも返金制度はついており、期間はクリアネオと同じく永久です。

こちらは定期購入の継続条件を守った上で、初回分と2回目分の金額を返還してもらえます。

容器などの返却やその際の送料負担、返金時の振込手数料は差し引きされる点も共通していますね。

また返金制度まで適用してクリアンテを使用中止した場合、再度の購入ができなくなることも理解の上で、申請してください。

購入するのに便利なのはどっち?

通常価格ではクリアネオの方が安いですが、割引額ではクリアンテの方が大きいですね。

金額そのもので見るか、本来からサービスされている分で見るかで、お得感は変わってくるかもしれません。

クリアンテは初回の購入に限って送料だけで良いため、そこに魅力に感じる方も多いでしょう。

効果のほどが不安なら、クリアネオの初回解約が安心できます。

ただ返金額は、クリアネオの場合初回分だけです。

ある程度継続して確かめたい場合、2回目の分も返金対象になっているクリアンテの方が、メリットがあるように見えます。

実際はクリアンテの初回分は送料だけなので、大差はないともいえます。

また解約をはじめとした問い合わせ窓口の営業時間も違います。

平日のみで、10時からという点は同じですが、クリアネオは19時まで、クリアンテは17時までです。

17時以降の都合をつけにくい方は、クリアネオの方が連絡しやすいと言えます。

継続が確定し、たくさん使うことになった場合は、クリアンテが便利です。

まとめて注文の本数を見てみると、クリアネオは2本までに対して、クリアンテは3本や5本のコースも用意されています。

個人で使うなら1本でも十分でしょう。

しかし塗布する部位が脇と足など複数だったり、家族分もまとめて買いたいという場合、クリアンテならば1回の買い物で済むかもしれません。

インターネットで手軽に注文できるとは言え、何度もボタンを押したり確認するのは手間ですものね。

まとめ

比較してみると、クリアネオの場合は個人で使う、ワキガだけでなく足の臭いや陰部の臭い、加齢臭など悩みがある方に向いているのではないでしょうか。

クリアンテは反対に家族単位で使う、ワキガを重点的にケアしたい方でに向いているように感じます。

クリアネオは毎月の製品プレゼントなど特典もあるので、様々なニオイのトラブルへ対応してくれるイメージですね。

クリアンテは製品のみですが、その分コストを安く抑えていますし、1回の塗布で長続きする効果などに魅力があります。

どちらも甲乙つけがたいので、実は私は両方試してみました。

どちらもかぶれずに使えて良かったのですが・・
私の場合は、足の臭いや汗もケアしたかったのでクリアネオの方がより気に入って満足しました。

そこで、私が思う簡単な選び方を書いてみました。
ワキガだけでなく足の臭い、VIOラインの臭い、加齢臭など色々な場所のニオイや汗にも対処したいという方はクリアネオをどうぞ。
クリアネオ公式サイト↓
クリアネオ

ワキガケアを長続きさせたいならクリアンテから、始めてみましょう。
クリアンテ公式サイト↓
98

ria+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved