美甘麗茶と青の花茶の違い比較!選び方のコツは?

美甘麗茶と青の花茶の違い比較!選び方のコツは?

ダイエットを成功させることができない大きな理由は、我慢とストレスです。

甘いものを食べたくても我慢しなくてはいけない。

こんな我慢とストレスから結果的にダイエットが続かなくなり途中で挫折してしまったり、ダイエットに成功してもリバウンドしてしまうケースがとても多いのです。

そこで、この我慢とストレスを緩和するために有効だと言われているのが、ダイエット茶です。

ダイエット茶はまずくて飲みづらいと思っている方もいますが、最近では甘くて美味しいダイエット茶が数多く存在します。

そんなダイエット茶の中でも特に注目を集めているのが、

美甘麗茶(びかんれいちゃ)
青の花茶(あおのはなちゃ)

この2つの商品です。

ではこれから購入を考えている方のためにも、2つの商品の違いを比較しながら選び方のコツについてお話ししていきます。

まず、2つのダイエット茶の特徴を簡単に説明すると、

青の花茶

・ノンカロリー、ノンシュガー、ノンカフェイン
・話題のバタフライピー配合
・すっきりとした甘さ
・実際にためされた方の満足度が92%
飲みやすくて続けやすい
見た目もキレイ
リラックス作用

美甘麗茶

・ノンカロリー、ノンシュガー、ノンカフェイン
お砂糖3杯分の驚きの甘さ
・デトックス効果を実感することができる
・実際にためされた方の実感度が98%
毎朝すっきり

このようになっています。

◆青の花茶は、メディアでも注目を集めているバタフライピーが配合されたハーブブレンドのダイエット茶になっています。

見た目は鮮やかなオリエンタルブルーとなっており、甘くて飲みやすいのが特徴的です。

青の花茶の全成分は以下です。
「甜茶、蝶豆、アマチャヅル、ラフマ、メグスリノキ」
アレルギー体質にも良い成分の甜茶も含みます。
しかし原材料にアレルギーがある場合は、別なので大丈夫なのか、チェックしてみてください。

なお、薬を服用中の人や妊娠中や授乳中の人は、医師に相談後に飲むようにしてくださいとのこと。

冬はホットで生姜を入れたり、夏はアイスでオレンジジュースを加えたりと・・
様々な飲み方を楽しめるようになっています。

レモンやライムなどに含まれるクエン酸に反応するとオリエンタルブルーから鮮やかなパープルに一瞬で色が変化するのも大きな魅力です。
バタフライピー(アンチャン)配合「青の花茶」でダイエットは、どんな仕組みなの?

◆美甘麗茶は、実際に購入された方の口コミを見てもわかるようにとても甘いです。

こんなに甘くてカロリーゼロなんて信じられないと思っている方がほとんどです。

甘いものが大好きだけどなかなか止められない方に人気のダイエット茶となっています。

美甘麗茶の全成分は以下です。
「キャンドルブッシュ、黒豆、コーン、甘茶、クマザサ、ルイボス、カワラケツメイ」
アレルギーがある人は、チェックしてみてください。

美甘麗茶にはキャンドルブッシュが入っているので、妊娠中や授乳中は飲めないので注意です。

薬を服用中の人は、相互作用の可能性がある成分も含まれるので、飲めるかどうか医師に相談してみてください。

濃すぎると、おなかを壊す可能性もありますから、最初は薄めからが良いです。
美甘麗茶(びかんれいちゃ)のメリットとデメリット対策

◯どちらも甘くて美味しいジュース感覚で飲むことができるお茶です。

どちらも、ダイエット中のデザート感覚で飲むことが出来るのも、人気です。

なのでダイエット中に甘いものがなかなか止められない方にはお勧めの商品です。

◆続いて選び方のコツについてですが・・

2つの商品で迷った場合には、まずは公式サイトをチェックしてみて下さい。

公式サイトではお得に購入することができるキャンペーン情報なども記載されています。

そちらのキャンペーンを比較しながらコストパフォーマンスで選ぶのも良いですね。

◆私は、個人的に見た目が鮮やかで話題性の高いバタフライピーが配合された青の花茶が好きです。
少しでもお得な価格の方が良い方も、青の花茶をどうぞ。
青の花茶公式サイト↓
4465

できるだけ甘い方が嬉しい人は美甘麗茶をどうぞ。
美甘麗茶公式サイト↓
691

夏に向けてダイエットを頑張ろうと考えている方に、美甘麗茶と青の花茶はどちらもオススメですよ。

m+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved