バタフライピー(アンチャン)配合「青の花茶」でダイエットは、どんな仕組みなの?

バタフライピー(アンチャン)配合「青の花茶」でダイエットは、どんな仕組みなの?

今、日本に上陸したことでとても大きな話題を集めているバタフライピー

バタフライピーはタイ語で「アンチャン」と呼ばれており、現地では非常にポピュラーなハーブです。

特に美容に関心の高い女性たちから注目を集めている成分で、女性を虜にする驚きの効果があると言われています。

そして、このバタフライピーを配合して作られた「青の花茶」はダイエットにも効果が高いと注目を集めています。

しかし、なぜダイエットに効果的なのでしょうか?

まず、主役成分として配合されているバタフライピーについて調べてみました、

バタフライピーはオリエンタルブルーの花を咲かせる植物となっており、青の花茶も青いお茶として知られています。
目指せ!ストレスフリーなダイエットへ♪♪【青の花茶】

このオリエンタルブルーの天然色素にはポリフェノールの1種であるアントシアニンがブルーベリーの約4.2倍も含まれていることから、抗酸化作用が非常に優れていることがわかりました。

私たちの美容の大敵とも言われている活性酸素。

活性酸素は私たちが生きていく上で必要なものですが、実は悪い働きをすることもわかっています。

その悪い働きとは、健康な細胞まで攻撃してしまい、老化現象を引き起こすからです。

老化現象=見た目が老ける

このように考える方も多いと思いますが、これだけではなく健康な細胞が攻撃されて老化現象が加速すると、私たちの体の中の働きも悪くなってしまうため基礎代謝が低下します。

代謝が低下すると本来燃焼されるはずの脂肪が蓄積されやすい状態になってしまうため、太りやすく痩せにくい体質に変化していくのです。

そして抗酸化作用にはこの活性酸素を抑え込む力があります。

つまり、バタフライピーはエイジングケアだけではなくダイエットにも良いと言うことです。

さらに女性なら誰もが1度はダイエットに挑戦したことがあると思いますが、ダイエット中は強いストレスが発生すると思いませんか?

好きなものを好きなだけ食べて痩せることができる方法は存在しないため、私たちがダイエットを始めると何らかの我慢が必要となってきます。

この我慢が蓄積されていくことで強いストレスがかかり、結果的にダイエットを途中で断念してしまったり、せっかく痩せてもリバウンドして元に戻ってしまったりするのです。

青の花茶には、バタフライピーだけではなく、厳選したハーブをオリジナルでブレンドしています。

甘いものを我慢しないといけないダイエット中に非常に良いと言われている甜茶(てんちゃ)。

甜茶にはお砂糖の75倍から100倍もの甘さがあり、さらにその甘味成分が体には蓄えられない特性があります。

なのでダイエット中でも甘いものと言える「青の花茶」を安心して楽しむことができます。

さらにダイエット中の強いストレスに対して有効だと言われているハーブのラフマや、体の巡りをサポートして燃焼しやすい体質へと導くハーブのアマチャヅルも配合されています。

青の花茶は、甘いものがなかなか我慢できない方や、ストレスによりダイエットが長続きしない方にとてもおすすめです!

冬は、ホットで青の花茶を飲むといいですよ。

生姜を入れてジンジャーティーにしても温まって美味しいです。

夏は、青の花茶のアイスも美味しいですよ。

お好みでオレンジジュースなど、クエン酸を含むジュースや果物を入れると色が青から紫に変化します。

見た目も綺麗でおしゃれですし、さらに飲みやすいです。

自分の好む形で飲めるのも、毎日のことなので大事です。

続けることで体の中から、ダイエットにもよく綺麗になっていきます。

青の花茶を美味しく飲んで、楽にダイエットをしたいですね。

青の花茶公式サイト↓
4465

m+

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved