コントロールジェルmeは妊娠中でも使える?

コントロールジェルmeは妊娠中のムダ毛処理にも使えるでしょうか?

浸透性が高く、天然植物成分由来で無添加の抑毛ローション(ジェル)で人気のコントロールジェルmeは、妊娠中でももちろん安心して使えます。

むしろ、妊娠中や授乳中は、脱毛エステやクリニックでの医療脱毛の方がお肌の状態がデリケートになっているため、かぶれや痒み、肌荒れしやすくなってしまうので、サロンなどでの施術をお断りされてしまいます。

肌がかぶれやすいということは、脱毛サロンに通えませんし、自宅でカミソリやシェーバーでの自己処理もよくないということになります。

このことからも、塗るだけで無駄毛を抑制してくれるコントロールジェルmeは、妊娠中でも安心して使える抑毛ローションといえるのです。

では、妊娠中でもどうして使えるのかというと、コントロールジェルmeは、大豆エキスや天然ハーブといった化粧品でも使われている安心の天然成分だからです。

この、化粧水などにもよく配合されているメインの有効成分「大豆エキス」はいわゆる「イソフラボン」です。

イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があるとしてご存知の方も多いでしょう。

イソフラボンは、女性の美肌に良いイメージですが、実は無駄毛の抑制効果にも期待できる成分なんですよ。

無駄毛は、男性ホルモンの影響で増えるので、それを抑制するには女性ホルモンの働きが大切だからです。

その女性ホルモンの働きをサポートする成分が天然由来だから、妊娠中でも安全に使えるというわけですね。

他にも、コントロールジェルmeには、ハーブの抑毛成分でホップエキスやヒオウギエキスも含みますから抑毛効果も高いです。

その他にも保湿成分、アンチエイジング成分など抑毛だけでなく美肌や美白に良い成分も豊富なのもメリットです。

私は、アトピーで大人ニキビができやすい敏感肌ですが、顔にはコントロールジェルmeを化粧水代わりに毎日使っています。

脇や腕や脚やVIOラインなど全身の抑毛にも、もちろん使っていますよ。
一番お気に入りのボディジェルでリピート中です。
体験レビュー→NewコントロールジェルMeの口コミと効果

ちなみに、コントロールジェルmeは、子供から大人まで使え、しかもアトピーや妊娠中や授乳中といった肌が敏感になっている人にも安心して使えますよ。
公式サイト→お肌をつるピカに導く話題のムダ毛対策ジェル


y

関連記事:


★記事で解決できない時は匿名で質問できます。
質問方法は、こちらの記事でどうぞ。
美肌とダイエットその他の質問受付中です

Copyright (C) 2012-2018 美肌の森, All rights reserved